Rakuten NFT:自治体・関係団体のNFTコンテンツ販売「ご当地NFT」提供開始

by BITTIMES

楽天グループが運営するNFTマーケットプレイス「Rakuten NFT」は2022年9月17日に、自治体や関係団体がNFTコンテンツを販売する新セクション「ご当地NFT」を開設しました。ご当地NFTの第一弾では「京都国際マンガ・アニメフェア実行委員会」が京都市の広報キャラクター『京乃つかさ』のNFTアートコンテンツが販売されています。

こちらから読む:暗号資産の取引情報、各国で共有へ「日本関連ニュース」

自治体のNFTコンテンツ販売「ご当地NFT」開設

楽天グループが運営するNFTマーケットプレイス「Rakuten NFT」は2022年9月17日に、自治体や関係団体がNFTコンテンツを販売する新セクション「ご当地NFT」を開設しました。

「Rakuten NFT」は、スポーツ・音楽・アニメをはじめとするエンターテインメントなど様々な分野におけるNFTを、ユーザーが購入したり、個人間で売買したりすることができるマーケットプレイスと、IPホルダーがワンストップでNFTの発行、および販売サイトの構築が可能な独自のプラットフォームを併せ持つサービスとなっています。

今回リリースされた「ご当地NFT」では、都道府県や市区町村などの自治体・関係団体が、地元出身アーティストの作品やご当地キャラクターの動画・画像など、地域にゆかりのあるNFTコンテンツを販売する予定となっています。

第一弾は京都市広報キャラクター『京乃つかさ』のNFT

ご当地NFTの第一弾では「京都国際マンガ・アニメフェア実行委員会」が9月17日・18日に開催される「京都国際マンガ・アニメフェア2022(京まふ2022)」に合わせて、京都市の広報キャラクター『京乃つかさ』のNFTアートコンテンツを販売しています。

このNFTアートのイラストは、京都精華大学を卒業したクリエイターの南岡明花音さんが「新しい京都・新しい京まふ」をイメージして制作したもので、販売価格・販売枚数は京まふが11回目の開催であることにちなんで「1枚11,111円(税込)、111枚限定販売」に設定されています。

楽天グループは『ご当地NFTへの出品自治体数・出品数については今後順次拡大予定』と説明しており、『将来的には、自治体が販売するNFTコンテンツを"楽天ふるさと納税"の返礼品として活用できる仕組みも導入予定』だと報告しています。

>>「楽天グループ」の公式発表はこちら
>>「京都市」の公式発表はこちら
>>「Rakuten NFT」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

日本円ステーブルコインJPYC「QUOカードPayとの交換機能」提供へ

日本円ステーブルコインJPYC「QUOカードPayとの交換機能」提供へ

仮想通貨は今後5年で主流に「現金を使用するのは犯罪者だけ」著名投資家Tim Draper

仮想通貨は今後5年で主流に「現金を使用するのは犯罪者だけ」著名投資家Tim Draper

Shiba Inu(SHIB)レイヤー2「Shibarium」2023年8月リリースの可能性

Shiba Inu(SHIB)レイヤー2「Shibarium」2023年8月リリースの可能性

Chiliz関連のファントークン5銘柄、暗号資産取引所「HBTC」でも取引可能に

Chiliz関連のファントークン5銘柄、暗号資産取引所「HBTC」でも取引可能に

「イーサリアム価格は2018年に3倍の15万円を超えるだろう」ノボグラッツ氏インタビューにて発言

「イーサリアム価格は2018年に3倍の15万円を超えるだろう」ノボグラッツ氏インタビューにて発言

ビットメイン:モンゴル施設内の「マイニングマシン1万台」が行方不明に

ビットメイン:モンゴル施設内の「マイニングマシン1万台」が行方不明に

注目度の高い仮想通貨ニュース

ユニボット保有者の撤退相次ぐ、日本の投資家がビットボットプレセールに注目?

ユニボット保有者の撤退相次ぐ、日本の投資家がビットボットプレセールに注目?

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

ビットボットが売り切れ間近|日本の仮想通貨トレーダーが可能性に期待?

ビットボットが売り切れ間近|日本の仮想通貨トレーダーが可能性に期待?

4月に注目したいソラナ系・イーサリアム系の新しいミームコインとは?

4月に注目したいソラナ系・イーサリアム系の新しいミームコインとは?

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

Bitget Wallet「BWBトークンのエアドロップキャンペーン」開始|第2四半期にはIEOも予定

Bitget Wallet「BWBトークンのエアドロップキャンペーン」開始|第2四半期にはIEOも予定

日本の年金基金:運用資産の多様化に向け「ビットコイン・暗号資産」などの情報提供依頼

日本の年金基金:運用資産の多様化に向け「ビットコイン・暗号資産」などの情報提供依頼

Cardanoコミュニティ主導組織の日本支部「Intersect Japan Hub」設立

Cardanoコミュニティ主導組織の日本支部「Intersect Japan Hub」設立

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す