実空間をXRで拡張、NFTで売買可能に「渋谷スクランブルレイヤー」明日オープン

by BITTIMES   

リアルメタバースプラットフォーム「STYLY」を提供する株式会社Psychic VR Labは、STYLYを活用して世界中の都市空間をXRで拡張する「リアルメタバースプロジェクト」の一環として、空間をNFTで売買可能にする世界初のプロジェクト「METADIMENSIONS」を発足し、9社のパートナー達と共に「渋谷スクランブル交差点」をXR化した「渋谷スクランブルレイヤー」を10月15日に正式オープンすることを発表しました。

こちらから読む:GMOコイン、ETHF配布の対応方針を発表「国内ニュース」

「渋谷スクランブルレイヤー」10月15日に正式オープン

株式会社Psychic VR Labは2022年10月13日に、リアルメタバースプラットフォーム「STYLY」を活用して世界中の都市空間をXRで拡張する「リアルメタバースプロジェクト」の一環として、空間をNFTで売買可能にする世界初のプロジェクト「METADIMENSIONS」を発足し、9社のパートナー達と共に「渋谷スクランブル交差点」をXR化した「渋谷スクランブルレイヤー」を10月15日に正式オープンすることを発表しました。

​渋谷スクランブルレイヤーは、渋谷のランドマークである「渋谷スクランブル交差点」の上に重なるリアルとバーチャルが融合したメタバースとなっており、スマートフォンとSTYLYアプリを介してアクセスする事ができるようになっています。

このメタバースは複数のレイヤーで構成されており、「NFTブランドやアーティストとコラボレーションしたレイヤー」や「IPとコラボレーションしたエンターテインメントレイヤー」など複数のレイヤーを存在させることが可能、ユーザーは渋谷スクランブル交差点を訪れた際に好きなレイヤーに切り替えて、いつもとは違った渋谷を楽しむことができると説明されています。

(画像:株式会社Psychic VR Lab)(画像:株式会社Psychic VR Lab)

第1弾:BŌSŌ TOKYOと「BŌSŌ SCRAMBLE」を展開

第1弾では、暴走族カルチャー×サイバーSFの世界観で描いたNFT・メタバースプロジェクト「BŌSŌ TOKYO」や「MADWORLD HONG KONG LIMITED」と協力して、渋谷スクランブル交差点を舞台にスマートフォンでAR体験ができ、NFTを購入可能なイベントも開催される『BŌSŌ SCRAMBLE』が展開される予定となっています。

『BŌSŌ SCRAMBLE』は2022年10月15日〜2022年11月13日まで(10月31日のみ不開催)の期間限定で展開されるとのことで、現地でSTYLYアプリを起動すると渋谷スクランブル交差点がスロット化し、スロットをプレイすると豪華景品が当たるキャンペーンも開催されると報告されています。

このキャンペーンでは「NFTアートプロジェクトとのコラボ景品」が提供される予定となっており、その他の隠し要素も含まれていると説明されています。

第2弾では「NEO TOKYO PUNKS」ともコラボ

第2弾では、サイバーパンクx東京がコンセプトの日本発NFTコレクション「NEO TOKYO PUNKS」とのコラボも予定されているとのことで、その他様々なNFTブランド・アーティストとのコラボレーションも既に決定、詳細は追って公開していくと報告されています。

​渋谷スクランブルレイヤーはスマートフォンとSTYLYアプリを通じてアクセス可能となっているものの、将来的には「ARグラス」によるアクセスも可能になるとのことで、今後は渋谷だけでなく国内外含めた様々な都市空間への展開を予定、『今までにない"都市型XRエンターテインメント"をユーザーに提供していく』と説明されています。

また、今回は3年目を迎えるバーチャルイベント「バーチャル渋谷 au 5G ハロウィーンフェス 2022」とも連携して、リアル・バーチャル双方で渋谷を盛り上げていくとのことです。

渋谷PARCOでは「XR NFTアート展」も開催

(画像:株式会社Psychic VR Lab)(画像:株式会社Psychic VR Lab)

今回の発表では、2022年10月15日〜17日の3日間にかけて、日本人アーティストによるXR NFTアート展『XR NFT ART EXHIBITION AT SHIBUYA PARCO』を渋谷PARCOで開催することも発表されています。

渋谷PARCO 1F「ナカシブ通り」にはブースも設置される予定となっており、展示作品の体験ツアーも用意されていると報告されています(詳細はこちら:10月15日オープン予定)。

都市空間をXR化するSTYLYの新機能も公開

(画像:株式会社Psychic VR Lab)(画像:株式会社Psychic VR Lab)

株式会社Psychic VR Labは、今回のプロジェクト公開にあわせて「誰もが都市空間をXRで彩る事ができる新機能」がSTYLYに追加されたことも発表しています。

これにより、Google社が提供するARCore Geospatial APIや、Niantic社が提供するLightship ARDK(セグメンテーション機能)、Immersal(Immersalの正式リリースは後日を予定)という3つのVPSに対応し、屋内・屋外の空間をXR化できるようになったとのことです。

最初は日本の6都市(東京・大阪・名古屋・札幌・福岡・京都)向けに「XRコンテンツ制作・配信が可能になる都市テンプレート」が公開されるとのことで、都市XR化機能の使い方は「こちらのページ」で2022年10月15日から確認することができると報告されています。

【プロジェクトパートナー】
株式会社パルコ、東急株式会社、KDDI株式会社、MADWORLD HONG KONG LIMITED、Animoca Brands KK株式会社、Nreal Ltd.(順不同)

プロジェクトパートナー(画像:株式会社Psychic VR Lab)プロジェクトパートナー(画像:株式会社Psychic VR Lab)

>>「BŌSŌ SCRAMBLE」の詳細はこちら
>>「STYLY」の公式サイトはこちら
>>「Psychic VR Lab」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

デジタル円の発行「数年かかる可能性が高い」元日本銀行局長

デジタル円の発行「数年かかる可能性が高い」元日本銀行局長

ブロックチェーンゲームの「マルチチェーン対応支援サービス」発表:double jump.tokyo

ブロックチェーンゲームの「マルチチェーン対応支援サービス」発表:double jump.tokyo

JCBなど10社「ジャパン・メタバース経済圏」の創出に向けて基本合意書を締結

JCBなど10社「ジャパン・メタバース経済圏」の創出に向けて基本合意書を締結

Coinbase Wallet「iOS版アプリのNFT送信機能」を停止|Apple社のルールが影響

Coinbase Wallet「iOS版アプリのNFT送信機能」を停止|Apple社のルールが影響

Oasys「ブロックチェーンゲームのハッカソン」開催へ|賞金総額65,000ドル相当

Oasys「ブロックチェーンゲームのハッカソン」開催へ|賞金総額65,000ドル相当

一般個人向けの日本円建て前払式支払手段「JPYC(JPYCoin)」発行へ:日本暗号資産市場

一般個人向けの日本円建て前払式支払手段「JPYC(JPYCoin)」発行へ:日本暗号資産市場

注目度の高い仮想通貨ニュース

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

スクエニ出資のDMTP「トークン上場計画」を発表|プレゼントキャンペーンも開催

スクエニ出資のDMTP「トークン上場計画」を発表|プレゼントキャンペーンも開催

稲垣組・もぐら組が誕生?コインチェック「新テレビCM」全国放映へ|記念キャンペーンも

稲垣組・もぐら組が誕生?コインチェック「新テレビCM」全国放映へ|記念キャンペーンも

ApeX Pro:バイナンス・フューチャー(Binance Future)Next リスティング投票開始、$APEXに対する期待値上昇

ApeX Pro:バイナンス・フューチャー(Binance Future)Next リスティング投票開始、$APEXに対する期待値上昇

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

ビットトレード:ソーラー(Solar/SXP)取扱いへ【国内初上場】

ビットトレード:ソーラー(Solar/SXP)取扱いへ【国内初上場】

Binance FZE:ドバイで仮想通貨サービスプロバイダー(VASP)のライセンス取得

Binance FZE:ドバイで仮想通貨サービスプロバイダー(VASP)のライセンス取得

仮想通貨ニュース週間まとめ「JMY・XYM・ADA・SHIB」などの注目記事をまとめて

仮想通貨ニュース週間まとめ「JMY・XYM・ADA・SHIB」などの注目記事をまとめて

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

BNB Chain「最大報酬100万ドルのミームコインイベント」開催へ

BNB Chain「最大報酬100万ドルのミームコインイベント」開催へ

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す