Synamon:メタバースブランディングプラットフォーム「SYNMN」のオープンベータ版提供開始

by BITTIMES

メタバース市場の普及・発展に取り組む「株式会社Synamon」は2022年10月4日に、同社の新たな基幹プロダクトとなるメタバースブランディングプラットフォーム「SYNMN(シナモン)」のオープンベータ版を提供開始したことを発表しました。

こちらから読む:メタバース都市"Oasis KYOTO"プレオープン「メタバース」関連ニュース

SYNMN(シナモン)のオープンベータ版提供開始

株式会社Synamonは2022年10月4日に、同社の新たな基幹プロダクトとなるメタバースブランディングプラットフォーム「SYNMN(シナモン)」のオープンベータ版を提供開始したことを発表しました。

同社は2016年の創業以来、VRデバイスを活用したよりリアルでリッチな体験の提供を企業向けに展開していましたが、近年メタバースが世界的なトレンドとなってきた事を受けて、これまで培った技術や経験をもとに「VRデバイス中心のサービス」から「マルチデバイスで利⽤可能なメタバースサービスの提供」へと事業進化することを決意し、SYNMNの開発・提供に至ったと説明されています。

SYNMN(シナモン)とは?

SYNMN(シナモン)は、マルチデバイスでIPやブランドの3D空間を楽しめるメタバースプラットフォームであり、企業やクリエイターのブランディングやファンマーケティングを新しいテクノロジーで支援するために、BtoBtoCモデルで最適な提供を前提に設計されています。

また、スマートフォン・PC・VRデバイスの全てからアクセスできるため、幅広いユーザーにメタバース体験を届けることが可能で、ターゲットであるエンドユーザーと導入企業の双方にストレスのないような仕様となっています。

SYNMNは既に「東映アニメーション株式会社」など複数企業への導入が決定しているとのことで、今後はSYNMNの特性を活かして導入企業やブランドをさらに拡大していくことを予定、2023年夏には正式版のリリースも予定されていると報告されています。

SYNMNの特徴、利用企業・クリエイター、パートナー・コラボレーション企業などについては以下のように説明されています。

SYNMNの特徴

  • 継続的な利用を前提としたUX設計でメタバースを「日常」にする。単発の施策で終わらない継続的な取り組みに向けて、常設運営をサポートする管理画面を充実させている。
  • NFT活用を実現する仕組みを実装。NFTを活用することでマネタイズやエンゲージメント向上を目指したオプションを用意。
  • 1サービスで完結する柔軟な設計を提供。スマートフォン・PC・VRデバイスと3つの空間を併用でき、1つのサービス内で多人数のワイガヤ空間と少人数のインタラクティブ空間を両立させている。
  • アプリ内に階層構造が存在し、テーマごとに最適な導線を設計することで質の高い顧客体験を創出

利用企業およびクリエイター

(画像:株式会社Synamon)(画像:株式会社Synamon)

パートナーおよびコラボレーション企業

(画像:株式会社Synamon)(画像:株式会社Synamon)

SYNMNイメージ画像

(画像:株式会社Synamon)(画像:株式会社Synamon)

(画像:株式会社Synamon)(画像:株式会社Synamon)

(画像:株式会社Synamon)(画像:株式会社Synamon)

>>「SYNMN」アプリダウンロードはこちら
>>「Synamon」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

SBIHD:セキュリティトークン事業で「野村」と提携へ|合弁会社BOOSTRYに資本参加

SBIHD:セキュリティトークン事業で「野村」と提携へ|合弁会社BOOSTRYに資本参加

CME:個人投資家向けの「マイクロビットコイン先物」提供へ

CME:個人投資家向けの「マイクロビットコイン先物」提供へ

ブロックチェーンゲーム「PolkaFantasy」β1版リリース|11月4日まで限定公開

ブロックチェーンゲーム「PolkaFantasy」β1版リリース|11月4日まで限定公開

スイス高級時計メーカー「タグ・ホイヤー」仮想通貨決済に対応|BTC・ETHなど12銘柄

スイス高級時計メーカー「タグ・ホイヤー」仮想通貨決済に対応|BTC・ETHなど12銘柄

ブロックチェーンは国家安全保障「最大の脅威」CIA元諜報員が非常に強力な技術と見解

ブロックチェーンは国家安全保障「最大の脅威」CIA元諜報員が非常に強力な技術と見解

Socios&Chiliz「英国」でも事業拡大へ|コマーシャルディレクターにKarim Virani氏

Socios&Chiliz「英国」でも事業拡大へ|コマーシャルディレクターにKarim Virani氏

注目度の高い仮想通貨ニュース

GMOコイン:貸暗号資産プレミアムで「年率40%」のETH貸出募集|11月9日まで

GMOコイン:貸暗号資産プレミアムで「年率40%」のETH貸出募集|11月9日まで

BINANCEの業界復興イニシアチブ「Polygon・Aptos・Animoca Brands」などが参加

BINANCEの業界復興イニシアチブ「Polygon・Aptos・Animoca Brands」などが参加

Bitget:新機能「ストラテジープラザ」でソーシャルトレーディングに革新をもたらす

Bitget:新機能「ストラテジープラザ」でソーシャルトレーディングに革新をもたらす

ビットバンク:アクシーインフィニティ(AXS)取扱いへ【国内初上場】

ビットバンク:アクシーインフィニティ(AXS)取扱いへ【国内初上場】

Bitgetワールドカップ・コピートレードPK大会|50,000USDT・ファントークン獲得のチャンス

Bitgetワールドカップ・コピートレードPK大会|50,000USDT・ファントークン獲得のチャンス

三菱UFJ信託銀行など42組織「パーミッションレス型ステーブルコイン・ワーキンググループ」を設置

三菱UFJ信託銀行など42組織「パーミッションレス型ステーブルコイン・ワーキンググループ」を設置

BINANCE「FTXの買収は行わない」と発表|支援できる範囲を超えていると説明

BINANCE「FTXの買収は行わない」と発表|支援できる範囲を超えていると説明

大規模な仮想通貨暴落は投資のチャンス?注目の暗号資産6選

大規模な仮想通貨暴落は投資のチャンス?注目の暗号資産6選

BinaryX:Play-to-Own型MMO『Cyberland』のコンセプトアートを公開

BinaryX:Play-to-Own型MMO『Cyberland』のコンセプトアートを公開

ロシア・プーチン大統領「ブロックチェーン用いた国際決済システムの構築」を呼びかけ

ロシア・プーチン大統領「ブロックチェーン用いた国際決済システムの構築」を呼びかけ

Tezos:ゲーム開発エンジン「Unity」と提携|Web3 SDK提供へ

Tezos:ゲーム開発エンジン「Unity」と提携|Web3 SDK提供へ

日本の3プロジェクト、XRPLでNFTリリースへ「xrp.cafe」で販売

日本の3プロジェクト、XRPLでNFTリリースへ「xrp.cafe」で販売

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す