Synamon:メタバースブランディングプラットフォーム「SYNMN」のオープンベータ版提供開始

by BITTIMES

メタバース市場の普及・発展に取り組む「株式会社Synamon」は2022年10月4日に、同社の新たな基幹プロダクトとなるメタバースブランディングプラットフォーム「SYNMN(シナモン)」のオープンベータ版を提供開始したことを発表しました。

こちらから読む:メタバース都市"Oasis KYOTO"プレオープン「メタバース」関連ニュース

SYNMN(シナモン)のオープンベータ版提供開始

株式会社Synamonは2022年10月4日に、同社の新たな基幹プロダクトとなるメタバースブランディングプラットフォーム「SYNMN(シナモン)」のオープンベータ版を提供開始したことを発表しました。

同社は2016年の創業以来、VRデバイスを活用したよりリアルでリッチな体験の提供を企業向けに展開していましたが、近年メタバースが世界的なトレンドとなってきた事を受けて、これまで培った技術や経験をもとに「VRデバイス中心のサービス」から「マルチデバイスで利⽤可能なメタバースサービスの提供」へと事業進化することを決意し、SYNMNの開発・提供に至ったと説明されています。

SYNMN(シナモン)とは?

SYNMN(シナモン)は、マルチデバイスでIPやブランドの3D空間を楽しめるメタバースプラットフォームであり、企業やクリエイターのブランディングやファンマーケティングを新しいテクノロジーで支援するために、BtoBtoCモデルで最適な提供を前提に設計されています。

また、スマートフォン・PC・VRデバイスの全てからアクセスできるため、幅広いユーザーにメタバース体験を届けることが可能で、ターゲットであるエンドユーザーと導入企業の双方にストレスのないような仕様となっています。

SYNMNは既に「東映アニメーション株式会社」など複数企業への導入が決定しているとのことで、今後はSYNMNの特性を活かして導入企業やブランドをさらに拡大していくことを予定、2023年夏には正式版のリリースも予定されていると報告されています。

SYNMNの特徴、利用企業・クリエイター、パートナー・コラボレーション企業などについては以下のように説明されています。

SYNMNの特徴

  • 継続的な利用を前提としたUX設計でメタバースを「日常」にする。単発の施策で終わらない継続的な取り組みに向けて、常設運営をサポートする管理画面を充実させている。
  • NFT活用を実現する仕組みを実装。NFTを活用することでマネタイズやエンゲージメント向上を目指したオプションを用意。
  • 1サービスで完結する柔軟な設計を提供。スマートフォン・PC・VRデバイスと3つの空間を併用でき、1つのサービス内で多人数のワイガヤ空間と少人数のインタラクティブ空間を両立させている。
  • アプリ内に階層構造が存在し、テーマごとに最適な導線を設計することで質の高い顧客体験を創出

利用企業およびクリエイター

(画像:株式会社Synamon)(画像:株式会社Synamon)

パートナーおよびコラボレーション企業

(画像:株式会社Synamon)(画像:株式会社Synamon)

SYNMNイメージ画像

(画像:株式会社Synamon)(画像:株式会社Synamon)

(画像:株式会社Synamon)(画像:株式会社Synamon)

(画像:株式会社Synamon)(画像:株式会社Synamon)

>>「SYNMN」アプリダウンロードはこちら
>>「Synamon」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

国際配送でのブロックチェーン利用「義務化」すべき|航空貨物輸送大手FedEx

国際配送でのブロックチェーン利用「義務化」すべき|航空貨物輸送大手FedEx

音楽の「権利」に投資するブロックチェーンプラットフォーム公開へ:ANote Music

音楽の「権利」に投資するブロックチェーンプラットフォーム公開へ:ANote Music

日本暗号資産ビジネス協会「NFT関連事業者向けのガイドライン」を公開

日本暗号資産ビジネス協会「NFT関連事業者向けのガイドライン」を公開

DMMグループのNFTカードゲーム「Duelyst3.0」12月公開へ|α版参加者も募集

DMMグループのNFTカードゲーム「Duelyst3.0」12月公開へ|α版参加者も募集

暗号資産の「規制明確化・税制変更」を求める要望を提出:新経済連盟

暗号資産の「規制明確化・税制変更」を求める要望を提出:新経済連盟

シンガポール「暗号資産取引の広告」に制限|インフルエンサーを通じた宣伝なども禁止

シンガポール「暗号資産取引の広告」に制限|インフルエンサーを通じた宣伝なども禁止

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

ビットボットとCrypto.ComのCRO:2024年の成長に注目が集まる銘柄?

ビットボットとCrypto.ComのCRO:2024年の成長に注目が集まる銘柄?

2032年に500万ドル「S2Fモデルに基づくビットコイン価格予想」PlanB氏

2032年に500万ドル「S2Fモデルに基づくビットコイン価格予想」PlanB氏

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

Web3ベースレイヤー『Mystiko.Network』がシード資金調達ラウンド終了|1,800万ドルを調達

Web3ベースレイヤー『Mystiko.Network』がシード資金調達ラウンド終了|1,800万ドルを調達

Web3対応の携帯ゲーム機「SuiPlay0X1」登場|パソコン・スマホ両方のゲームに対応

Web3対応の携帯ゲーム機「SuiPlay0X1」登場|パソコン・スマホ両方のゲームに対応

総額888万円相当を山分け「暗号資産クイズ祭り」開催:OKCoinJapan

総額888万円相当を山分け「暗号資産クイズ祭り」開催:OKCoinJapan

DexHunter:カルダノ分散委任ツール「Atrium」と提携|独自のステーキングバスケット提供へ

DexHunter:カルダノ分散委任ツール「Atrium」と提携|独自のステーキングバスケット提供へ

金持ち父さん著者:キャシー・ウッド氏の「1BTC=230万ドル予想」を支持

金持ち父さん著者:キャシー・ウッド氏の「1BTC=230万ドル予想」を支持

ビットトレード:最大1.0%の日本円還元「積立プログラム」提供へ

ビットトレード:最大1.0%の日本円還元「積立プログラム」提供へ

分散型自律組織の自主規制団体「日本DAO協会」設立へ

分散型自律組織の自主規制団体「日本DAO協会」設立へ

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介NEW

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す