近日開催予定のブロックチェーンや仮想通貨のイベント|2018年6月

by BITTIMES   

仮想通貨やブロックチェーンのイベントやカンファレンスは世界中で開催されています。それらの多くは年々参加者が増えており、その規模も拡大しています。近日中に予定されている仮想通貨およびブロックチェーン関係の大きなイベントやカンファレンスの概要や日程をまとめて紹介します。

The Next Web Conference|5月24〜25日

The Next Web Conference

『The Next Web Conference(TNW)』は、5月24〜25日にかけてオランダのアムステルダムで開催されています。

TNWはブロックチェーン人工知能(AI)などのテクノロジーが業界、職業、革新的な方法にどのように影響するかについてより深く話し合える場を作ることなどを目的としており、2日間で15,000人の参加者が予定されています。

このカンファンレンスでは、リップルネットワークの開発者であるDavid Schwartz(デビッド・シュワルツ)氏なども参加する予定となっており、デビッド氏がビットコイン(BTC)やブロックチェーンに出会ってからXRP元帳の開発者となり、リップルのリーダーになるまでに辿った経緯なども絡めた基調講演なども予定されています。

デビッド氏の他にも多くの講演が予定されており、公式サイトでは今回のスピーカーとして100人にものぼる業界の主要人物が紹介されています。

また基調講演だけでなくブロックチェーンや仮想通貨関連のスタートアップ企業コンテストなども開催され、デビッド氏を含む複数の専門家も最終ラウンドのジャッジに参加します。

24日の夜には、ヨーロッパ各地の250人以上の業界リーダーや政府関係者がデジタル資産の規制に関する重要な問題について話し合う予定となっています。

The Next Webカンファレンスの公式サイトはこちらからどうぞ
>thenextweb.com

Blockshow Europe 2018|5月28〜29日

Blockshow

『Blockshow Europe 2018』は、5月28〜29日にかけてドイツのベルリンで開催されます。

Blockshowは、大手暗号通貨ニュースメディアであるCointelegraph(コインテレグラフ)が主催しているイベントです。

BlockShow Europeでは、実績のあるプロジェクトや有望な企業によるプロジェクトの最新情報やアプリケーションの紹介などが行われるだけでなく、2018年の重要なキーワードとなる『IoT(モノのインターネット)や人工知能(AI)などのような主要産業に対してブロックチェーンがどのような変革をもたらし強化していくか』についての専門家からの解説などのコンテンツも予定されています。

また、欧州各国の中央銀行関係者も登壇する予定となっており『ブロックチェーン技術の現状と将来のビジョン』についてのスピーチなども予定されており、ブロックチェーン業界で世界的に活躍する80人の専門家による幅広い分野のトピックに関する専門知識や発表なども行なわれます。

Blockshow Europe 2018には、Wikipedia創設者であり「100人の最も影響力のある人々」に選ばれたJimmy Wales氏も参加する予定となっています。

『BlockShow Oscar』と呼ばれるイベントでは複数のスタートアップ企業によるプレゼンテーションが行われます。その後プロジェクトへの評価が行われ、最も有望なプロジェクトの座を手にした優勝者には5万ユーロ(約650万円)の賞金が与えられます。

過去の受賞者にはBancor、Status、Ehterisc、Solarchangeなどのプロジェクトもあり、これまでの賞金額の合計は日本円に換算すると約220億円にものぼります。

BlockShowのチームは『業界で最も革新的なソリューションを紹介し、ビジネスをブロックチェーンと共に実現すること』を目標に掲げています。

今回の開催地であるドイツのベルリンは、フィンテック(Fintech)やブロックチェーン開発の主要都市の一つであり、数多くのスタートアップ企業を生み出している業界の発信地でもあります。

Blockshow Europe 2018の公式サイトはこちらからどうぞ
>blockshoweurope.com

Money20/20 EUROPE|6月4〜6日

Money20/20 EUROPE

『Money20/20 EUROPE』は、6月4〜6日にかけてオランダのアムステルダムで開催されます。

市場をリードするこの3日間のイベントには、FinTechや金融サービスなどの様々な部門を代表する1500社以上の企業と80カ国以上から5000人以上の出席者が参加します。

Money20/20では、最新のトレンドやトピック、企業、革新的な製品の発売に関するニュースや洞察を得ることができることから、毎年多くのメディアが集まっています。

2017年にコペンハーゲンで開催されたイベントには、160以上のメディアからの200人以上のジャーナリストやアナリストに掲載されています。

このイベントでは、AI、ブロックチェーン技術、支払い、起業家精神と投資、規制、スタートアップなどの様々なテーマについての講演が行われます。

講演者の中にはAppleの共同設立者であるスティーブ・ウォズニアック(Steve Wozniak)氏だけでなく、VisaやMastercard、Amazon Payなどの主要メンバーも含まれており、世界中の各業界で最も影響力のあるイノベーターや思想家の400人以上がスピーチやディスカッションを行います。

Money20/20 EUROPEの公式サイトはこちらからどうぞ
>europe.money2020.com

MoneyConf|6月11〜13日

MoneyConf

『MoneyConf』は、6月11〜13日にかけてアイルランドのダブリンで開催されます。

世界中から大手銀行やテクノロジー企業などが集まるこのサミットでは、Ethereum Consensysの共同設立者であるジョセフ・ルービン(Joseph Lubin)氏の講演も予定されており、60カ国以上からの5,000人の出席者が参加します。

MoneyConfには、日本の仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)の共同創設者兼CEOである加納裕三氏も出席します。

加納社長はその他の企業の共同設立者やCEOを含めた3人とともに、コイン、トークンスマートコントラクト、規制などをテーマにブロックチェーンや暗号化技術が急速に進歩し一般化するにつれて規制が市場にどのような影響をもたらすか、そしてこの絶え間なく進化する生態系がどこに向かうのかについて語ります。

MoneyConfの公式サイトはこちらからどうぞ
>moneyconf.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン価格、下落はまだ続く?複数のアナリスト「6,000ドル台」予想

ビットコイン価格、下落はまだ続く?複数のアナリスト「6,000ドル台」予想

「仮想通貨規制が歓迎される?」マレーシア中央銀行の取り組み

「仮想通貨規制が歓迎される?」マレーシア中央銀行の取り組み

ビットコインの追跡は簡単「仮想通貨は匿名ではない」ー FBI関係者

ビットコインの追跡は簡単「仮想通貨は匿名ではない」ー FBI関係者

ブロックチェーン・仮想通貨のオンライン学習で貰える「PoLトークン」提供開始:ポル

ブロックチェーン・仮想通貨のオンライン学習で貰える「PoLトークン」提供開始:ポル

金融大手Fidelity:仮想通貨カストディ「本格的に運用開始」他にはない利点を強調

金融大手Fidelity:仮想通貨カストディ「本格的に運用開始」他にはない利点を強調

仮想通貨サービス事業者の「国際規制団体」設立へ|V20サミットで覚書締結

仮想通貨サービス事業者の「国際規制団体」設立へ|V20サミットで覚書締結

注目度の高い仮想通貨ニュース

【注意】IOTA(MIOTA)ウォレットで「ユーザー資金盗難」の被害

【注意】IOTA(MIOTA)ウォレットで「ユーザー資金盗難」の被害

楽天ウォレット:仮想通貨売買で「楽天スーパーポイント」がもらえるキャンペーン開催

楽天ウォレット:仮想通貨売買で「楽天スーパーポイント」がもらえるキャンペーン開催

FCバルセロナ:仮想通貨企業「Chiliz/CHZ」と提携|公式ファントークン発行へ

FCバルセロナ:仮想通貨企業「Chiliz/CHZ」と提携|公式ファントークン発行へ

米人気アニメ「ザ・シンプソンズ」仮想通貨を「未来のお金」として紹介

米人気アニメ「ザ・シンプソンズ」仮想通貨を「未来のお金」として紹介

3D仮想空間プラットフォーム「ディセントラランド」待望の一般公開

3D仮想空間プラットフォーム「ディセントラランド」待望の一般公開

安全な「ブロックチェーン通信基盤」導入へ|米海軍、SIMBA Chainに10億円の資金提供

安全な「ブロックチェーン通信基盤」導入へ|米海軍、SIMBA Chainに10億円の資金提供

人気のイーサリアムウォレット「MetaMask」ユーザー数100万人を突破

人気のイーサリアムウォレット「MetaMask」ユーザー数100万人を突破

Tron(TRX)が仮想通貨対応プリペイドカード「Bitsa」で利用可能に

Tron(TRX)が仮想通貨対応プリペイドカード「Bitsa」で利用可能に

次世代NEM「Symbol/XYM」メインネット公開時期は延期に

次世代NEM「Symbol/XYM」メインネット公開時期は延期に

Xtheta:国内初の「仮想通貨取次サービス」提供へ|定額積立も可能

Xtheta:国内初の「仮想通貨取次サービス」提供へ|定額積立も可能

【注意】YouTubeで「1億XRPの無料配布」謳う詐欺師現る|日本人が標的に

【注意】YouTubeで「1億XRPの無料配布」謳う詐欺師現る|日本人が標的に

Coinbase Wallet:仮想通貨を「ユーザー名だけで送金できる」新機能追加

Coinbase Wallet:仮想通貨を「ユーザー名だけで送金できる」新機能追加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

人気のタグから探す