ロシアの国営銀行は同国初となるICOの実証実験に取り組む

by BITTIMES

ロシアの投資銀行であるスベルバンクCIBとロシア証券保管振替機関(NRD)は、ロシア中央銀行のサンドボックス制度を活用して、同国初となるイニシャル・コイン・オファリング(ICO)の実証実験を行います。

実証実験はICOの基盤を整える

実証実験では、ズベルバンクCIBが問題の主催者として機能し、NRDは取引の管理者として行動しデジタル資産の保管、登録および会計を行います。

スベルバンクCIBとNSDはこのような取引の作業の詳細を評価し、それに伴うリスクを最小限に抑え、ロシア銀行からそれらの仕組みを改善するフィードバックを受け取ることができます。

この取り組みを行うことによって、企業は財務上の法律に違反するリスクを伴わずに限られた環境で製品やサービスのテストを行うことができます。

また実証実験の結果は、信頼できるプロジェクトを選択する上での基準の1つにもなります。

ICOや発行されるトークンについて

実証実験で発行されるトークンはルーブル(RUB)のみで販売されることになっており、「資格のある投資家にのみ販売する」とも発表されています。

調達された資金は、モスクワ最大の商業用の講堂を運営しているレベル・ワン社が新たに立ち上げる、トークンベースのオンラインサービスに使用されるとのことです。

このプロジェクトは今年の夏の終わりまでには開始される予定となっています。

ブロックチェーンや仮想通貨の法的側面の理解につながる

スベルバンクCIBのイゴール・ブランゼブ(Igor Bulantsev)氏は「ロシアのICO市場は非常に有望であると考えている」と述べており、「銀行の顧客の多くがこの新しい資金調達方法に興味を持っている」と語っています。

ロシア議会は先日、仮想通貨業界を規制するための新たな法案に関する全体討議を行っっています。 この法案では、仮想通貨とトークンは資産として定義されており、仮想通貨、スマートコントラクトマイニング(採掘)などのようなブロックチェーンに関連する技術との相互作用について規定されています。

また新しい法案では、ロシア中央銀行が資格がない投資家の仮想通貨取引量を制限する可能性があることも明かされています。

投資会社アド・キャピタルでパートナーを務めるアレクシス・プロコフィエフ(Alexei Prokofiev)氏は「ICOの実証実験は、将来デジタルトークンとブロックチェーンを実施する際の法的側面の理解につながるだろう」と語っています。

ワールドカップの開催を目前に控えているロシアの都市ではビットコイン決済が急速に普及しています。

仮想通貨を絡めることでより多くの観光客が訪れることも期待できるため、ロシアでは仮想通貨関連のサービスが増えてきています。

ロシアでワールドカップとともに活気付く仮想通貨

(引用:vedomosti.ru

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

JPモルガンのCEO「仮想通貨について私は何も言わない方がいいだろう」

JPモルガンのCEO「仮想通貨について私は何も言わない方がいいだろう」

リップルの採用が進むまでブロックチェーンは使わない|TransferWise CEO

リップルの採用が進むまでブロックチェーンは使わない|TransferWise CEO

Chiliz&Socios「インテル・ミラノ」と提携|$INTERファントークン発行へ

Chiliz&Socios「インテル・ミラノ」と提携|$INTERファントークン発行へ

自動運転車両の「情報共有」にブロックチェーン活用|General Motors(GM)が特許出願

自動運転車両の「情報共有」にブロックチェーン活用|General Motors(GM)が特許出願

Bakkt:ビットコイン先物公開に先立ち「カストディサービス」開始へ|9月6日から

Bakkt:ビットコイン先物公開に先立ち「カストディサービス」開始へ|9月6日から

仮想通貨取引所Huobi「Klaytnガバナンス評議会」に参加

仮想通貨取引所Huobi「Klaytnガバナンス評議会」に参加

注目度の高い仮想通貨ニュース

エドワード・スノーデン氏「ビットコイン急落」を一蹴|BTCはすでに底打ち状態?

エドワード・スノーデン氏「ビットコイン急落」を一蹴|BTCはすでに底打ち状態?

エルサルバドル「ビットコイン教育資料の最新版」を公開|公立学校などでBTC教育

エルサルバドル「ビットコイン教育資料の最新版」を公開|公立学校などでBTC教育

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

【重要】MEXC「dHealth Network(DHP)の上場廃止」を発表|期日までに必要な対応を

【重要】MEXC「dHealth Network(DHP)の上場廃止」を発表|期日までに必要な対応を

仮想通貨ニュース週間まとめ「ADA・SHIB・BTC」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「ADA・SHIB・BTC」などの注目記事

2023年の仮想通貨投資利益「国別ランキング」日本の順位は?=Chainalysisレポート

2023年の仮想通貨投資利益「国別ランキング」日本の順位は?=Chainalysisレポート

自動損益計算のクリプタクト「GESO Verse」と「DM2 Verse」に対応

自動損益計算のクリプタクト「GESO Verse」と「DM2 Verse」に対応

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

エルサルバドル「毎日1ビットコイン購入戦略」を継続|法定通貨で買えなくなるまで

エルサルバドル「毎日1ビットコイン購入戦略」を継続|法定通貨で買えなくなるまで

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す