KILL TO EARN採用のTPSゲーム「Sector Seven」ベトナムでβ版ローンチ・トーナメント開催

by BITTIMES

フィールドにいる敵ユーザーを倒すごとに報酬が得られる「KILL TO EARN」の仕組みを採用したブロックチェーンゲーム『Sector Seven(セクターセブン)』を展開する株式会社TOKYO CREATIONは2022年11月25日に、シリーズAの追加資金調達を開始したことを発表しました。今回の発表では、今月10日にベトナム・ハノイでベータ版がローンチされ、大型トーナメントが実施されたことも報告されています。

こちらから読む:M2Eアプリ"Walken"登録者200万人を突破「「ゲーム」関連ニュース

Sector Seven(セクターセブン)とは?

(画像:TOKYO CREATION)(画像:TOKYO CREATION)

Sector Seven(セクターセブン)は、近い将来「LEVIA」の支配下によってディストピア化した世界を舞台とするTPSゲームであり、ゲーム参加時に参加料を仮想通貨で支払い、フィールドにいる敵ユーザーを倒すごとに報酬が得られる「KILL TO EARN」の仕組みを採用したブロックチェーンゲームとなっています。

このゲームはメタバースやブロックチェーン領域での開発経験が豊富な東京を拠点とする平均年齢20代前半のZ世代を中心としたチームによって開発されており、ユーザーは「Unreal Engine 5」を用いた高度なグラフィックやSF感のある独自のテクノ音楽と融合した世界観を楽しむことができると説明されています。

ゲームルールは非常に簡単で、プレイヤーは1USDT分の参加費を支払ってゲームに参加し、3分以内に倒した敵プレイヤーの参加費を報酬として獲得することが可能、この際に自分が倒した敵プレイヤーが既に獲得した報酬も吸収できる仕組みとなっています。

なお、このゲームは美しいグラフィックを特徴の一つとしていますが、フレームレートを自動的に調整する機能が実装されているため、低スペックのPCからプロ向けのゲーミングPCまで幅広い層が利用できるとも説明されています。

ベトナム・ハノイで大型トーナメントを実施

今月11月10日には、ベトナム・ハノイで『Sector Seven』のベータ版がローンチされ、大型トーナメントが実施されたとのことで、このトーナメントイベントの現地参加者は募集開始から2日間で募集定員の150人を突破、参加者からも高い評価が得られたことが報告されています。

日本発のスタートアップがベトナムでブロックチェーンゲーム市場を狙う理由については『ベトナムでの仮想通貨市場やブロックチェーン領域の盛り上がりや高度なグラフィック技術を用いたシューティングとブロックチェーン技術を用いたeSports領域に魅力を感じプロジェクトを開始した』と説明されています。

また、市場環境としてベトナムには2,600万人を超えるeSportsプレイヤーがおり、こうしたプレイヤーの85%が男性で比較的収入も平均以上であることから、同社のローリスクでハイリターンなTPSゲームが好まれる傾向にあるとも説明されています。

「株式会社TOKYO CREATION」の代表である所山 武司氏は、公式発表の中で次のようにコメントしています。

TOKYO CREATION社は2019年創業以来初めての事業ピボットを昨年行い、自社の強みを探すためにブロックチェーンとグラフィックの領域で1年間半の間、受託開発と勉強を行なっておりました。

当初事業ピボットを決めた際は先行きの不安もありましたが、しっかり自社の強みを見出し、他社に負けないスキルと開発技術をつけた今、自身のプロダクトに自信を持って向き合えています。

来年のローンチ時にアジアの最先端を行くグラフィックとプロダクトをお見せできるようチーム一同精進いたします。

>>「TOKYO CREATION」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Huobi Japan:独自仮想通貨フォビトークン(HT)「日本国内」でも取扱いへ

Huobi Japan:独自仮想通貨フォビトークン(HT)「日本国内」でも取扱いへ

Binance Futures「イーサリアム先物取引」を正式に開始|レバレッジは最大50倍

Binance Futures「イーサリアム先物取引」を正式に開始|レバレッジは最大50倍

【Chiliz&Socios】Levante UDの「$LEVファントークン」本日販売開始

【Chiliz&Socios】Levante UDの「$LEVファントークン」本日販売開始

ブロックチェーンで「経済的自由」の実現を ー シリア自治区Rojava

ブロックチェーンで「経済的自由」の実現を ー シリア自治区Rojava

慶應義塾大学:ブロックチェーン用いた「デジタル学生証」を実証実験|国内5社が協力

慶應義塾大学:ブロックチェーン用いた「デジタル学生証」を実証実験|国内5社が協力

【Socios&Chiliz】試合結果に基づいて「ファントークン5種類のバーン」実施へ

【Socios&Chiliz】試合結果に基づいて「ファントークン5種類のバーン」実施へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

韓国の暗号資産取引所「Huobi Korea」フォビグループ離脱で社名変更か

韓国の暗号資産取引所「Huobi Korea」フォビグループ離脱で社名変更か

ステラ開発財団「米商品先物取引委員会のグローバル市場諮問委員会」に参加

ステラ開発財団「米商品先物取引委員会のグローバル市場諮問委員会」に参加

カルダノDEX「WingRiders」近日中にステーブルコインDjedサポートか

カルダノDEX「WingRiders」近日中にステーブルコインDjedサポートか

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年1月8日〜14日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年1月8日〜14日

Oasys:ブロックチェーンゲーム特化のファンド「Oasys Ecosystem Fund」組成

Oasys:ブロックチェーンゲーム特化のファンド「Oasys Ecosystem Fund」組成

2023年に伸びる低価格な仮想通貨6選

2023年に伸びる低価格な仮想通貨6選

Redditによる長期投資におすすめのメタバースプロジェクト7選

Redditによる長期投資におすすめのメタバースプロジェクト7選

インドネシア:規制改革の一環として「暗号資産取引所の設立」を計画=報道

インドネシア:規制改革の一環として「暗号資産取引所の設立」を計画=報道

Tesla「2四半期連続でビットコインを保持」2022年第4四半期はBTC売却せず

Tesla「2四半期連続でビットコインを保持」2022年第4四半期はBTC売却せず

国内暗号資産取引所の「FLRトークン付与・取扱い方針」まとめ【随時更新】

国内暗号資産取引所の「FLRトークン付与・取扱い方針」まとめ【随時更新】

ファイルコイン財団:分散型ファイルシステム(IPFS)を宇宙展開「Lockheed Martin」と協力

ファイルコイン財団:分散型ファイルシステム(IPFS)を宇宙展開「Lockheed Martin」と協力

Nippon Idol Token(NIDT)暗号資産取引所2社で「2023年春」にIEO実施へ

Nippon Idol Token(NIDT)暗号資産取引所2社で「2023年春」にIEO実施へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す