Bitget:透明性を高めるために「マークルツリープルーフ・オブ・リザーブ」を公表

by BITTIMES

世界をリードする暗号資産取引所Bitget(ビットゲット)は2022年12月2日に、プルーフ・オブ・リザーブページを立ち上げたことを発表しました。これは、暗号監査されたマークルツリー方式を使用した準備金証明(POR)の仕組みによってサポートされている完全準備型の取引所であることをユーザーに示しています。そして、プラットフォームに保管保存されているユーザーの資産は保護されています。

こちらから読む:ビットゲット関連記事を新着順で「Bitget」関連ニュース

ユーザー資産を少なくとも1:1の割合で保護

Bitget(ビットゲット)は2022年12月2日に、プルーフ・オブ・リザーブページを立ち上げたことを発表しました。これは、暗号監査されたマークルツリー方式を使用した準備金証明(POR)の仕組みによってサポートされている完全準備型の取引所であることをユーザーに示しています。そして、プラットフォームに保管保存されているユーザーの資産は保護されています。

プルーフオブリザーブページ「Merkle Validator」などのいくつかのコア要素、リザーブプールの残高を示す月次スナップショット、プルーフ・オブ・リザーブに関するユーザー教育、完全リザーブされることの重要性、マークルツリーがBitgetによって提示されたデータの信頼性と一貫性をいかにサポートし、証明することなど、トピックに関する豊富な情報をユーザーに提供します。プラットフォーム上のリザーブウォレットとユーザーの資産のスナップショットは、安心できる証拠として機能し、資産が少なくとも1:1比率で保持されていることを示します。

さらに透明性を高め、ページ上の情報の正確性を確保するために、Bitgetはユーザーが自分の口座で自己監査を実行できる新しいツール「Merkle Validator」を立ち上げます。この機能を使用すると、ユーザーはいくつかの簡単なステップで資金のセキュリティを確認できます。ユーザーは、マークルツリーデータ構造の下で、資産の「マークルリーフ」のステータスを確認できます。Bitgetはまた、保有資産の残高とユーザー資産のステータスが最新であることを確認するために、保有者の定期的な監査を実施することに取り組んでいます。

BitgetのマネージングディレクターであるGracy Chen氏は次のように述べています。

Bitgetは市場の懸念に積極的に対応しており、FTXが破産する前の11月9日でさえ、私たちはすでに1か月以内にマークルツリープルーフ・オブ・リザーブを公表することを約束していました。今日、私たちは約束を果たせたことを誇りに思っています。プルーフ・オブ・リザーブとマークルツリーデータの公表は、Bitgetの財務状況に関する最新の情報をユーザーに提供し、プラットフォームに保管保存されている資産の管理を強化します。これは、ユーザーのための最大の透明性と最高の保護ポリシーの約束に反映されています。

暗号資産業界は、いくつかの巨大な関連会社のスキャンダルや倒産後に綿密な監視下にあります。Bitgetはユーザーの増加に伴い、安全なプラットフォームに資産を投資して安全に管理したいというユーザーの欲求が高まっています。プルーフ・オブ・リザーブページの展開により、Bitgetはユーザーのための包括的な保護を実証するだけでなく、世界中の暗号資産の安全な扱いと世界で持続可能で信頼できる環境を提供することを目的としたより多くのイニシアチブ取り組みを提唱し続けます。

POR公表とは別に、Bitgetは、FTX事件の影響を受けたユーザー向けに500万ドルのビルダーズファンドを立ち上げ、保護基金を3億ドルに増やすなど、市場の信頼を再構築するためのさまざまなイニシアチブ取り組みを展開しています。 最近ではライオネルリオネル・メッシとの一連のキャンペーンに2000万ドルを投資しました。

プルーフ・オブ・リザーブとは?

「プルーフ・オブ・リザーブ」とは、暗号証明、パブリックウォレットの所有権の確認、取引所の保有量を証明するための定期的な監査によって検証可能な監査手順を指します。カストディアンは透明性を提供し、チェーン上の準備金の存在を証明し、プラットフォームの処分時に保持され、有効に保持されているこれらのコインの合計量が、それらのコインのすべてのユーザーの保有量の合計を超えるか等しいことを証明します。

これを実現するために、Bitgetは各ユーザーのアカウント資産のハッシュをマークルツリーのリーフノードに保存します。各ユーザーは、マークルツリーリーフノードに保存されているユーザーの資産の合計量を確認することで、自分の資金がマークルツリーに含まれていることを確認できます。プラットフォームの100%ソルベンシー・プログラムの証明のオープンソースコードをGitHubに公開しました。

【Bitgetについて】
2018年に設立されたBitgetは、革新的な製品とソーシャルトレーディングサービスを主な機能として備えた世界のトップ5の暗号資産取引所であり、現在、世界100カ国以上で800万人以上のユーザーにサービスを提供しています。

この取引所は、ユーザーにワンストップで安全な取引ソリューションを提供することに全力を注いでおり、アルゼンチンの伝説的なサッカー選手リオネル・メッシ、イタリアのサッカーチームユベントス、PGL Majorの公式eスポーツ暗号パートナー、および大手eスポーツ組織Team Spiritなどの信頼できるパートナーとの提携によって暗号資産の社会への浸透を目指しています。

免責事項:この記事は「Bitget」から寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨市場で悪化する「ウォッシュトレード」問題|信頼できる取引所は?

仮想通貨市場で悪化する「ウォッシュトレード」問題|信頼できる取引所は?

Chilizが「Chainlink」と提携|イベントに基づいた限定トークン自動生成が可能に

Chilizが「Chainlink」と提携|イベントに基づいた限定トークン自動生成が可能に

非代替性トークン(Non-Fungible Token/NFT)とは?基礎知識・活用事例などを解説

非代替性トークン(Non-Fungible Token/NFT)とは?基礎知識・活用事例などを解説

OKCoin「カスタマイズ可能なウォレットアドレス」導入へ|Unstoppable Domainsと提携

OKCoin「カスタマイズ可能なウォレットアドレス」導入へ|Unstoppable Domainsと提携

ウクライナ大統領「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の発行」を正式に許可

ウクライナ大統領「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の発行」を正式に許可

アフリカ地域で「ブロックチェーンスマホ」初公開|年内5,000台生産へ:PundiX(NPXS)

アフリカ地域で「ブロックチェーンスマホ」初公開|年内5,000台生産へ:PundiX(NPXS)

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年1月1日〜7日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年1月1日〜7日

Albright Capital「LUNC・USTC関連の訴訟」を取り下げ

Albright Capital「LUNC・USTC関連の訴訟」を取り下げ

Bitget「友達招待で互いに報酬を獲得、50,000USDTを山分け」イベント開催中

Bitget「友達招待で互いに報酬を獲得、50,000USDTを山分け」イベント開催中

CoinGecko:カルダノ上のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」の情報追加

CoinGecko:カルダノ上のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」の情報追加

Bitget:FTXの倒産後に最もシェア拡大を実現|市場シェアが2.6倍となり、デリバティブ取引所トップ3に急浮上

Bitget:FTXの倒産後に最もシェア拡大を実現|市場シェアが2.6倍となり、デリバティブ取引所トップ3に急浮上

ビットポイント:100万SHIBがもらえる「口座開設キャンペーン」開始

ビットポイント:100万SHIBがもらえる「口座開設キャンペーン」開始

レイヤー1オラクルネットワーク「Flare」がローンチ

レイヤー1オラクルネットワーク「Flare」がローンチ

2023年の柴犬コインの価格予測と止まらないメタケードの勢い

2023年の柴犬コインの価格予測と止まらないメタケードの勢い

スズキのインド子会社:メタバースショールーム「ArenaVerse」を導入

スズキのインド子会社:メタバースショールーム「ArenaVerse」を導入

POS端末展開のClover「ビットコインのLightning決済」を試験導入|StrikeとFiservが提携

POS端末展開のClover「ビットコインのLightning決済」を試験導入|StrikeとFiservが提携

Chiliz関連ファントークン7銘柄、韓国の大手取引所「Upbit」に上場

Chiliz関連ファントークン7銘柄、韓国の大手取引所「Upbit」に上場

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す