ビットコイン(BTC)取引手数料が過去7年間で最低を記録

by BITTIMES   

仮想通貨ビットコイン(BTC)の取引件数と手数料が大きく減少しており、送金費用の中央値は過去7年間で最も低い0.11ドル(約12円)を記録しています。

ネットワークの利用者が減少

ビットコイン(BTC)ネットワーク上の手数料は7年間で最も低い価格を記録しており、ビットコインの送金費用の中央値は0.11ドル(約12円)となっています。

BTCの送金手数料が下がっている理由はいくつかありますが、ネットワークを利用する人が減っているということもその要因の一つになっています。

毎日の取引件数は昨年から大幅に減少しており、過去1ヶ月でさらに減少しています。

安い手数料と少ない取引数

オンチェーンのビットコイン取引の数は、他のブロックチェーンの取引数とともに、2017年後半から大幅に減少しました。これは、この期間中にビットコインとその他の仮想通貨の評価が下がっていることを表しています。

Bitinfocharts.comによると、12月14日には1日に約50万件のBTCトランザクションが記録されていました。しかしこの数字は、2月までに20万件以下まで低下しています。

4月24日には一時的に25万4,000件まで増えていましたが、5月26日には158,000件という最低値に達しました。

4月上旬にはBTC取引手数料の中央値は1バイトあたり10satoshi未満となり、月末までには約40satoshiに増加しました。5月26日時点の取引手数料は1バイトあたり10satoshi以下に戻っています。

Coinmetrics.ioの説明によると、通常はデータは極端に(正に)歪んでいるため、料金や取引金額などのデータにはより多くの情報が表示されるため、手数料は平均値を見るよりも中央値をより有用な指標とみなします。

毎日のBTCトランザクションの数が減少しています毎日のBTCトランザクションの数が減少しています

BCHはまだBTCより3倍安い

5月24日には、Segwit(セグウィット)を利用したBTC取引数は過去最高の38%に達しました。これは、セグウィットの役割が過大評価されていると多くは信じていますが、トランザクションバッチ処理が料金削減で果たした役割を指摘する評価が1つあり、手数料の削減に貢献しています。

BTC手数料の中央値は年間最低となっているBTC手数料の中央値は年間最低となっている

ビットコインキャッシュ(BCH)のネットワークでは、4月2日に3カ月ぶりの低水準となり、中央値は0.0018ドルとなりました。

最近は1ヶ月の間で大幅に増加していますが、ビットコイン(BTC)の0.113ドル(約12円)に比べると3倍安い0.0038ドル(約0.4円)となっています。

手数料が異常に低い場合、控えめなBTC保有者は、未使用取引出力(UTXO)を統合する機会を利用します。これはウォレット内のほこりをすべて自分が管理しているBTCアドレスに送信することによって行われます。

これによってビットコイン(BTC)の手数料が必然的に再び上昇すると、各取引に含まれるUTXOの数が少なくて済み、小額で安価なので、手数料を節約することができます。

仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)は6月末まで取引手数料無料キャンペーンを行なっています。

仮想通貨取引所 bitbank の画像様々な仮想通貨を取引手数料無料で購入できる取引所bitbankはこちら

(引用:news.bitcoin.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインの平均トランザクション手数料「約10倍」に増加|半減期で取引活発化

ビットコインの平均トランザクション手数料「約10倍」に増加|半減期で取引活発化

Krakenの日本法人「Payward Asia」暗号資産交換業者の登録完了|9月中旬にもサービス提供へ

Krakenの日本法人「Payward Asia」暗号資産交換業者の登録完了|9月中旬にもサービス提供へ

Google検索における「仮想通貨関連の詐欺広告」止まらず|なぜ掲載は続くのか?

Google検索における「仮想通貨関連の詐欺広告」止まらず|なぜ掲載は続くのか?

世界最大の資産運用会社BlackRock:2ファンドで「ビットコイン」を投資対象に

世界最大の資産運用会社BlackRock:2ファンドで「ビットコイン」を投資対象に

ビットコインの歴史を一覧表で簡単解説!価格推移もわかりやすく

ビットコインの歴史を一覧表で簡単解説!価格推移もわかりやすく

築150年の「教会」ビットコイン(BTC)でも購入可能に:英不動産会社

築150年の「教会」ビットコイン(BTC)でも購入可能に:英不動産会社

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE:認定制裁スペシャリスト協会(ACSS)に参加|暗号資産取引所では初

BINANCE:認定制裁スペシャリスト協会(ACSS)に参加|暗号資産取引所では初

TRON創設者「ChatGPT・OpenAI向けの分散型決済フレームワーク」を発表

TRON創設者「ChatGPT・OpenAI向けの分散型決済フレームワーク」を発表

2023年におすすめな関連銘柄4選|どの通貨に注目すべきなのか

2023年におすすめな関連銘柄4選|どの通貨に注目すべきなのか

TON財団:分散型ファイル共有ソリューション「TON Storage」を発表

TON財団:分散型ファイル共有ソリューション「TON Storage」を発表

クリプタクト「dHealthTax」に新規対応|DHPの損益計算が簡単に

クリプタクト「dHealthTax」に新規対応|DHPの損益計算が簡単に

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年1月8日〜14日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年1月8日〜14日

匂いのNFT:実業家グラドルの「ヴァネッサ・パン氏」がアンバサダーに就任

匂いのNFT:実業家グラドルの「ヴァネッサ・パン氏」がアンバサダーに就任

バイデン政権「仮想通貨リスク軽減のためのロードマップ」を発表

バイデン政権「仮想通貨リスク軽減のためのロードマップ」を発表

カルダノDEXの「MuesliSwap・Minswap」Djed・Shen上場を発表

カルダノDEXの「MuesliSwap・Minswap」Djed・Shen上場を発表

ナショナル・オーストラリア銀行:豪ドル連動ステーブルコイン「AUDN」発行へ

ナショナル・オーストラリア銀行:豪ドル連動ステーブルコイン「AUDN」発行へ

【重要】Coinbase Japan「日本居住者向け取引サービスの停止」を発表

【重要】Coinbase Japan「日本居住者向け取引サービスの停止」を発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す