アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

by BITTIMES   

アクシーインフィニティ(Axie Infinity)に関する基本情報や特徴をなどをわかりやすく解説するとともに、仮想通貨AXSやSLPを取扱う暗号資産取引所・価格・チャート・対応ウォレット・関連リンクなどの情報もまとめて掲載しています。

【PR】本サイトはアフィリエイトプログラム・プロモーションによる収益を得ています。

アクシーインフィニティ(Axie Infinity)とは?

Axie Infinityのロゴと画像

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは、ベトナムの開発企業「SkyMavis」によって2018年にリリースされた可愛いモンスターを育成・繁殖・対戦・取引できるブロックチェーンゲームであり、ゲームで遊ぶことによって稼ぐことができる「Play to Earn」の仕組みを採用した代表的なNFTゲームとしても知られています。

このゲームは「Axie」というモンスターを育てて3対3で戦わせる対戦型NFTゲームとなっており、Axieを購入して育成・繁殖・取引できる他、ゲーム内での敵や他プレイヤーのAxieのチームと対戦することもできるようになっています。

Axieは独自の外観と固有の遺伝暗号を備えたNFTとして発行されており、ゲーム内決済・ステーキング・エコシステムの方針を決定するためのガバナンス投票に使用することができる仮想通貨「AXS(Axie Infinity Shards)」や、ゲームをプレイして稼げる仮想通貨「SLP(Smooth Love Potion)」という2種類の仮想通貨も発行されています。

AXSも取扱う暗号資産取引所Coincheckはこちら AXSも取扱う暗号資産取引所Coincheckはこちら

Axie Infinityの特徴

光るブロックをつかむ画像

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)の特徴としては以下のようなことが挙げられます。

早い時期に公開された代表的なNFTゲーム

仮想通貨・ブロックチェーンを活用したゲームはすでに非常に多くリリースされていますが、Axie Infinityは2018年にリリースされた代表的なNFTゲームとして知られています。

Axie Infinityはフィリピンを中心に世界中でプレイされており、最盛期には1日のアクティブユーザー数が200万人を超えたとも報告されています。

Roninチェーン採用で快適な取引環境を提供

Axie Infinityはイーサリアムのサイドチェーンである「Ronin」を用いてゲームを構築することによって、取引にかかる時間を短くし、ガス代も削減、スケーラビリティ問題を解消しています。

RoninはNFTゲームの発展に取り組んでいるプロジェクト「Ronin Network」が開発するサイドチェーンであり、Axie Infinityで使用する仮想通貨をスムーズに取引できる分散型取引所(DEX)である「Katana」も提供されています。

Ronin Networkでは2022年3月に「Ronin NetworkとEthereumをつなぐRoninブリッジのバリデータノードの秘密鍵が悪用されたことによって当時のレート換算で700億円以上のETH・USDCが盗まれる」という事件が発生していましたが、Sky Mavisは影響を受けたユーザーに全額償還することを約束、その後Ronin NetworkとRoninブリッジはCertiKの監査を完了しています。

「SkyMavis」と「Robin Wallet」

Axie Infinityで遊ぶ際には「SkyMavis」のアカウントを作成して「Robin Wallet」を取得する必要があります。「SkyMavis」のアカウントはメールアドレスとパスワードの設定で作成することが可能で、「Robin Wallet」はChrome拡張機能・モバイルアプリが提供されています。

「SkyMavis」のアカウントには「Robin Wallet」を連携させることができるため、ゲームをプレイする際には最初に『SkyMavisのアカウント作成・Robin Walletの連携』を行っておきましょう。

Axie Infinityの公式サイトに移動すると「Mavis Hub」と呼ばれる専用ツールをダウンロードすることが可能で、このアプリにSkyMavisアカウントでログインすると「Axie Infinity」や「Axie Infinity - Origins」をプレイすることができます。

仮想通貨「AXS」と「SLP」

Axie Infinityに「AXS(Axie Infinity Shards)」と「SLP(Smooth Love Potion)」という2種類の仮想通貨が存在します。これらの仮想通貨は先述した「Robin Wallet」で管理することができます。

AXS(Axie Infinity Shards)は、一定数保有することでAxie Infinityの運営に意見を述べることができるガバナンストークンであり、アクシーの強化などで使用できる他、ステーキングで増やすことも可能となっています。

SLP(Smooth Love Potion)は、Axie Infinityをプレイすることによって稼ぐことができる仮想通貨であり、アクシーを戦わせて勝利すればSLPを獲得することが可能となっています。

アクシーを育成・繁殖させて対戦・取引

Axie Infinityには可愛らしい「Axie(アクシー)」と呼ばれるモンスターが登場します。プレイヤーはNFTマーケットプレイスでアクシーを入手して3体構成のチームを編成、アクシーを育成したり、そのチームでバトルを楽しんだりすることができます。

このゲームにはSLPとAXSを消費することで2匹のアクシーの間で子供を生むことができる「ブリード」と呼ばれる繁殖機能も搭載されているため、アクシーを育てて繁殖させ、NFTマーケットプレイスでアクシーを取引することもできます。

ゲームをプレイして稼ぐ「Play to Earn」

Axie Infinityは、ゲームをプレイして稼ぐ「Play to Earn」の仕組みを採用しており、いくつかの方法で稼ぐことができるようになっています。このゲームには「アドベンチャーモード」と「アリーナバトル」が用意されていて、アリーナバトルではリアルタイムで他の人とバトルを行い、上位入賞すれば大きな報酬を得ることができるようになっています。

また、自分が持っているアクシーを貸し出してレンタル料を受け取ることができる「スカラーシップ制度」も導入されているため、保有するアクシーを他プレイヤーに貸し出せば、借り手がプレイして獲得した報酬の一部をレンタル料として受け取ることが可能です。借りる側のプレイヤーはスカラーシップ制度を利用することで、初期費用なしでゲームをプレイし、報酬を得ることができます。

NFT化されたアクシーやアイテムは「Axie Infinityの専用マーケット」や「OpenSea」のような外部NFTマーケットプレイスで売買することもできるため、ブリード機能で誕生したアクシーを売却して稼ぐことも可能となっています。

無料で始められる「Axie Infinity - Origins」

Axie Infinityは2022年4月に無料で始められるアップグレード版となる「Axie Infinity - Origin」をリリースしています。「Axie Infinity」をプレイするためには最初に3体のアクシーを購入する必要がありますが、「Axie Infinity - Origin」ではゲーム開始時に3体のアクシーを無料で獲得することができるため、気軽にゲームをプレイすることができます。

なお「Axie Infinity - Origin」は先述したSkyMavis提供アプリ「Mavis Hub」からインストールすることができます。

AXSも取扱う暗号資産取引所Coincheckはこちら AXSも取扱う暗号資産取引所Coincheckはこちら

AXS(Axie Infinity Shards)の基本情報

トークン名称Axie Infinity Shards
ティッカーシンボルAXS
総発行枚数270,000,000 AXS

AXS(Axie Infinity Shards)の価格・チャート

AXSを取扱う暗号資産取引所

AXSの取引が可能な暗号資産取引所としては、以下のような取引所が挙げられます(2024年2月時点)。

【日本国内の暗号資産取引所】
bitbank(ビットバンク)
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)
Coincheck(コインチェック)
BitTrade(ビットトレード)
bitFlyer(ビットフライヤー)

【海外の暗号資産取引所】
BINANCE(バイナンス)
Coinbase(コインベース)
KuCoin(クーコイン)
Bitfinex(ビットフィネックス)
Kraken(クラーケン)
BITTREX(ビットトレックス)
Gemini(ジェミナイ)
Bitget(ビットゲット)

SLP(Smooth Love Potion)の基本情報

トークン名称Smooth Love Potion
ティッカーシンボルSLP
総発行枚数-

SLP(Smooth Love Potion)の価格・チャート

SLPを取扱う暗号資産取引所

SLPの取引が可能な暗号資産取引所としては、以下のような取引所が挙げられます(2022年12月時点)。

【日本国内の暗号資産取引所】
・国内未上場

【海外の暗号資産取引所】
BINANCE(バイナンス)
KuCoin(クーコイン)
Bitget(ビットゲット)
Bybit(バイビット)
MEXC Global(エムイーエックスシー)

AXS・SLP対応のウォレット

AXSを保管することができる代表的なウォレットとして以下のようなものが挙げられます。
Robin Wallet

アクシーインフィニティ(AXS)関連リンク

Axie Infinity公式サイト
Axie Infinity公式Twitter
Axie Infinity公式Facebook
Axie Infinity公式Instagram
Axie Infinity公式YouTube
Axie Infinity公式TikTok
Axie Infinity公式Redditコミュニティ
Axie Infinity公式Discordコミュニティ
ホワイトペーパー
エクスプローラー①(Etherscan)
エクスプローラー②(BscScan)
エクスプローラー③(explorer.harmony.one)
エクスプローラー④(Solscan)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

「今後は相互運用性が必要」Wi-Fiのような存在が暗号市場成長の糸口に:CARDANO創設者

「今後は相互運用性が必要」Wi-Fiのような存在が暗号市場成長の糸口に:CARDANO創設者

ビットバンク:ETH・MATIC・SANDでマルチチェーン対応「過去預入分の回復処理」も

ビットバンク:ETH・MATIC・SANDでマルチチェーン対応「過去預入分の回復処理」も

Symbol:メインネット公開時「少なくとも2つのプロジェクト」で技術活用

Symbol:メインネット公開時「少なくとも2つのプロジェクト」で技術活用

3Dでビットコイン・ブロックチェーンが確認できる「Symphony 2.0」公開:IOHK

3Dでビットコイン・ブロックチェーンが確認できる「Symphony 2.0」公開:IOHK

Decentralandで簡単にイベントや個展を主催「NFTアドスペース」リリース

Decentralandで簡単にイベントや個展を主催「NFTアドスペース」リリース

Huobi Japan:ジャスミーコイン(JasmyCoin/JMY)取扱いへ

Huobi Japan:ジャスミーコイン(JasmyCoin/JMY)取扱いへ

注目度の高い仮想通貨ニュース

Dogwifhat、Tron、Rebel Satoshi(RBLZ)は成長が期待できる仮想通貨?

Dogwifhat、Tron、Rebel Satoshi(RBLZ)は成長が期待できる仮想通貨?

ミームネーター:可能性を秘めたミームコイン、満を持して5月29日に上場

ミームネーター:可能性を秘めたミームコイン、満を持して5月29日に上場

トランプ氏の仮想通貨保有額が「1,000万ドル」に到達|ミームコインの価格高騰が影響

トランプ氏の仮想通貨保有額が「1,000万ドル」に到達|ミームコインの価格高騰が影響

CoinGecko「顧客データ漏洩」で注意喚起|エアドロップ・フィッシング詐欺などに要注意

CoinGecko「顧客データ漏洩」で注意喚起|エアドロップ・フィッシング詐欺などに要注意

オーストラリア初の現物ビットコインETF「Monochrome Bitcoin ETF(IBTC)」取引開始

オーストラリア初の現物ビットコインETF「Monochrome Bitcoin ETF(IBTC)」取引開始

ビットコイン:円建て過去最高値「1110万円」を突破|イーサリアム現物ETF承認の噂が影響か

ビットコイン:円建て過去最高値「1110万円」を突破|イーサリアム現物ETF承認の噂が影響か

Symbol関連イベント「XYMPOSIUM TOKYO 2024」9月開催か|リンガフランカに関する情報も

Symbol関連イベント「XYMPOSIUM TOKYO 2024」9月開催か|リンガフランカに関する情報も

Atomic Wallet:Shibariumのネイティブトークン「BONE」をサポート

Atomic Wallet:Shibariumのネイティブトークン「BONE」をサポート

【年率20%】ソラナ(SOL)の「貸暗号資産特別募集」開始:ビットトレード

【年率20%】ソラナ(SOL)の「貸暗号資産特別募集」開始:ビットトレード

関東財務局:暗号資産取引所コインベストに行政処分「IEO業務の停止・改善」を命令

関東財務局:暗号資産取引所コインベストに行政処分「IEO業務の停止・改善」を命令

コインベース:ニューヨーク州で「XRPの取引サービス」を再開

コインベース:ニューヨーク州で「XRPの取引サービス」を再開

トランプ前大統領「ビットコインマイニングに関する円卓会議」開催か

トランプ前大統領「ビットコインマイニングに関する円卓会議」開催か

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

人気のタグから探す