運動して仮想通貨を稼ぐ「Move to Earn:M2E」関連アプリまとめ|基本情報・特徴など

by BITTIMES   

暗号資産(仮想通貨)を歩いて稼ぐことができる「Move to Earn(M2E)」関連のサービス・アプリ・プロジェクトをまとめて紹介します。この記事では「STEPN・Aglet・Sweatcoin・STEP・STEP APP・GENOPETS・Walken」の基本情報・特徴・メリット・デメリットなどを掲載しています。

こちらから読む:仮想通貨関連の基礎知識をわかりやすく解説「まとめ記事一覧」

Move to Earn(M2E)とは?

Move to Earn(M2E)とは、歩いたり走ったりすることによって稼ぐことができる仕組みのことであり、仮想通貨業界では歩いた歩数に応じて仮想通貨報酬を受け取ることができる「Move to Earn関連のプロジェクト・ゲーム・アプリ」が人気を集めています。

仮想通貨業界では元々、ゲームをプレイすることによって仮想通貨を稼ぐことができる「Play to Earn(P2E)」と呼ばれる仕組みが人気を集めていましたが、現在は〜をすることによって仮想通貨を稼ぐことができる「〜 to Earn」関連のサービスが増えてきており、その中でも特に人気のサービスの1つが「Move to Earn」となっています。

Move to Earn(M2E)関連のプロジェクト・ゲーム・アプリは既に世界中で複数登場しているため、この記事では各プロジェクト・サービスの概要や特徴などを簡単にわかりやすくまとめています。

STEPN(ステップン)

STEPN

STEPN(ステップン)とは、NFTとして発行されているデジタルスニーカーを購入して仮想的に装着し、専用アプリをダウンロードして歩くことによって仮想通貨GSTを稼ぐことができる代表的なMove to Earn関連ゲームアプリです。

NFTスニーカーは手数料が安いことなどでも知られる「ソラナ(Solana/SOL)」のブロックチェーンを利用して発行されており、STEPN関連トークンには報酬として支払われるユーティリティトークンの「Green Satoshi Token(GST)」と、STEPNのガバナンストークンである「Green Metaverse Token(GMT)」が存在しています。

STEPNのNFTスニーカーにはレアリティ・属性・性能などが存在しており、スニーカーの能力値によって稼ぐ能力などが異なる仕様となっているため、ユーザーはゲーム感覚でサービスを楽しみながら運動して仮想通貨を稼ぐことができるようになっていますが、STEPNのNFTスニーカー価格は記事執筆時点で数十万円とやや高額であるため『実際に利用するまでのハードルがやや高い』というデメリットがあります。

ただし、実際にNFTスニーカーを購入してSTEPNを利用しているユーザーからは『実際に数十万円を稼ぐことができた』といった声も上がっているため、興味のある方は利用してみると良いでしょう(GSTの価格変動などで報酬が減る可能性もあるため注意が必要です)。

STEPN-App

【STEPNのメリット】

  • 人気の代表的なMove to Earnゲームアプリ
  • NFTスニーカーをコレクションしながらゲーム感覚で楽しめる
  • 実際に利用して成功しているユーザーも多いため信頼できる

【STEPNのデメリット】

  • NFTスニーカーが数十万円とやや高額なためハードルが高い
  • NFT購入・アプリインストール・アクティベートなど手順がやや複雑
  • GST価格は大幅に急騰しているため、今後の下落可能性などにも注意が必要

初期費用:数十万円程度(NFTスニーカー価格)
使用通貨:GST・GMT
上場取引所:BINANCE・Bybitなど

>>「STEPN」の公式サイトはこちら
>>「STEPNのiOS版アプリ」はこちら
>>「STEPNのAndroid版アプリ」はこちら

Aglet(アグレット)

Aglet-Logo

Aglet(アグレット)とは、様々なデジタルスニーカーをコレクションしたり、それらのスニーカーを仮想的に装着して歩くことによってゲーム内通貨を獲得することができる無料のM2E関連アプリです。

Agletは記事執筆時点で仮想通貨を発行していないものの、現在はNFTスニーカーも発行されており、将来的にはNFTマーケットでそれらのNFTを売買することもできるようになると報告されているため『第二のSTEPN』になる可能性があると期待されています。

アプリをダウンロードすると最初に無料でスニーカーを獲得することができ、歩くことによって新しいスニーカーやゲーム内通貨「Regular Aglet(RA)」を獲得することができるため、『無料で簡単に始めることができる』という点が大きな魅力の1つとなっています。

また「New Balance・ASICS・Adidas」などといった様々な有名ブランドの靴が登場し、各スニーカーには異なる能力値が存在、マップ上の「修理ポイント」や「報酬ポイント」まで歩くことによってスニーカーの修理や報酬獲得ができるゲーム要素も備えています。

仮想通貨関連の機能はまだ充実してないものの、将来的にはより多くのことが可能になることも報告されているため、『STEPNのようなM2Eアプリを無料で使ってみたい』という方はAgletを利用してみても良いでしょう。

※紹介コードをお持ちでない場合は「9WIXQU」をご利用ください。

Aglet-App

【Agletのメリット】

  • 無料で気軽に始められるM2Eアプリ
  • ゲーム感覚でスニーカーを集めながら運動できる
  • NFTスニーカーの売買で稼ぐことができる
  • 日本でもマップ上に様々なポイントが存在するため、目的地を決めて運動できる

【Agletのデメリット】

  • 日本語に対応していない
  • 位置情報共有をオンにする必要がある
  • ゲーム内通貨は暗号資産取引所に上場していない
  • M2E関連機能がまだ少ししかリリースされていない

初期費用:無料(課金)
使用通貨:Regular Aglet(RA)、Gold Aglet(GA)
上場取引所:なし

>>「Aglet」の公式サイトはこちら
>>「AgletのiOS版アプリ」はこちら
>>「AgletのAndroid版アプリ」はこちら

Sweatcoin(スウェットコイン)

Sweatcoin-Logo

Sweatcoin(スウェットコイン)とは、歩いたり走ったりすることによってSweatcoin(SWEAT/SWC)という通貨を稼ぐことができる無料のMove to Earn関連アプリです。このアプリは世界30カ国以上で多くのユーザーに利用されていましたが、2022年4月には日本のアプリストアからでもインストールして利用することができるようになりました。

アプリの大きな特徴としては「誰でも無料で簡単に始めることができる」という点が挙げられ、アプリ自体も日本語に対応しているため、英語が苦手な方でも安心して利用できるようになっています。Sweatcoinはアプリをインストールしてアカウントを作成し、ヘルスケアなどの既存の歩数計算アプリと連携するだけで、アプリを起動しなくても自動的に歩数を計算してくれるため、利用するのが非常に簡単です(*1)。
(*1)登録方法次第ではアカウント名が本名で登録される場合もあるため、本名が公開されるのが嫌な場合は登録後にプロフィール編集画面で名前を変更することをおすすめします。

Sweatcoinでは1,000歩ごとに1コインを獲得することができるようになっており、広告視聴や友人紹介などでもコインを稼ぐことができるようになっています。獲得したコインは様々な商品と交換したり、慈善団体などへの寄付に利用することもできるようになっています。

記事執筆時点でSweatcoin(SWEAT/SWC)は暗号資産取引所に上場しておらず価格もついていないものの、将来的には「Sweatcoin」を仮想通貨SWEAT(SWC)に交換することができるようになり、2022年夏には暗号資産取引所にも上場する予定だと報告されているため、Sweatcoinの今後の発表には注目が集まっています。

Sweatcoin-App

初期費用:無料(課金)
使用通貨:SWC・SWEAT
上場取引所:なし

【Sweatcoinのメリット】

  • 誰でも無料で簡単に始められる
  • 既存の歩数計算アプリと連携するだけで、アプリを起動しなくても自動的に歩数計算
  • 今後の取引所上場などにも期待が高まっている話題のアプリ

【Sweatcoinのデメリット】

  • 現時点では取引所に上場していないため現金交換することができない
  • まだコインの価格が付けられていないため、円換算でどれくらい稼げているかは不明

>>「Sweatcoin」の公式サイトはこちら
>>「Sweatcoin」の登録はこちら

STEP(ステップ)

STEP-Logo

STEP(ステップ)とは、一定の条件を満たした状態で歩くことによって大手暗号資産取引所「BINANCE(バイナンス)」の独自トークンである「BNB」を稼ぐことができるMove to Earn関連アプリです。なお、先述した「STEPN」と名前が似ていますがSTEPとSTEPNは別物となります。

STEPでは、専用アプリ「Step」をダウンロードして仮想通貨STEPを18,000STEP保有した状態で歩くことによってBNBを稼ぐことができるようになっており、ヘルスケアなどの歩数計算アプリと連携する仕組みとなっているため、比較的簡単な作業で報酬を稼ぐことができるようになっています(※STEP価格高騰により必要なSTEP枚数は20,000枚→18,000枚に引き下げられました)。

ただし、報酬獲得条件が「18,000STEP以上保有していること」となっている点や「1日あたり4,000歩以上歩く必要がある点」「毎日アプリを開いてSyncボタンを押す必要がある点」など、報酬獲得のために必要な条件が複数存在しているため、実際に利用する際にはサービス内容をしっかり理解することが重要となります。

なお、報酬獲得のために必要な仮想通貨STEPは、STEP公式サイトから「Buy Step」のボタンをクリックしてウォレットを接続することによって簡単に購入することができるようになっています。

【STEPのメリット】

  • 比較的簡単な作業で報酬を獲得することができる
  • 報酬をBINANCEの独自通貨「BNB」で受け取れる

【STEPのデメリット】

  • STEPの購入作業などはウォレット操作に慣れていない初心者にはやや複雑
  • 報酬を獲得するためには最低でも18,000STEPを保有する必要がある
  • 報酬を得るために毎日アプリを開く必要がある

初期費用:18,000STEP(約5〜6万円)
使用通貨:STEP・BNB
STEP上場取引所:LBank・PancakeSwapなど
BNB上場取引所:BINANCE・Bybitなど

>>「STEP」の公式サイトはこちら
>>「STEPのiOS版アプリ」はこちら
>>「STEPのAndroid版アプリ」はこちら

STEP APP(ステップアップ)

STEPAPP

STEP APP(ステップアップ)とは、「SNEAK」と呼ばれるスニーカーNFTを保有して歩くことによって「FITFI(フィットファイ)」という仮想通貨を稼ぐことができるMove to Earnアプリです。『スニーカーNFTを保有して歩いて稼ぐ』という点ではSTEPNと似ていますが、サービス全体の仕組みはSTEPNとは異なるものとなっています。

FITFIはガス代(手数料)が安いなどの特徴を持つAvalanche(AVAX)のブロックチェーンを使用したトークンとなっており、FITFIをステーキングすることによって「KCAL」というトークンを獲得することもできるようになっています。STEPNでは仮想通貨SOLを使用してスニーカーNFTを購入しますが、STEP APPではAVAXやKCALを使用してスニーカーNFTを購入できると報告されています。

STEP APPは比較的新しいプロジェクトであるものの、アンバサダーにはオリンピック銀メダリストのダニエル・リッチー氏が就任しており、仮想通貨FITFIも「Bybit」や「OKX」などの大手暗号資産取引所に続々と上場してきているため『第二のSTEPN』として注目が集まっています。

(画像:step.app)(画像:step.app)

【STEP APPのメリット】

  • スニーカーNFTを保有して歩いて稼ぐ人気のスタイル
  • 仮想通貨FITFIは複数の大手暗号資産取引所に上場している
  • オリンピック銀メダリストがアンバサダーに就任するなど今後の成長に期待されている
  • 比較的新しいプロジェクトであるため早い段階から参加できる

【STEP APPのデメリット】

  • 利用し始めるための多少の資金が必要
  • STEPNに似たサービスであるため、ユーザー獲得できるかなどの懸念がある

初期費用:不明
使用通貨:FitFi・KCAL
FITFI上場取引所:OKX・Bybitなど

>>「STEP APP」の公式サイトはこちら

GENOPETS(ジェノペッツ)

GENOPETS

GENOPETS(ジェノペッツ)とは、Solanaのブロックチェーンを用いて構築された「Play to Earn」と「Move to Earn」を組み合わせたペット育成型のNFTゲームです。2021年3月に開発が開始されたこのゲームは『世界初の世界初のMove to Earnゲーム」としても知られています。プレイヤーは歩いたりバトルをしたりしてNFT化されたデジタルペットをを育成することができるようになっており、育てたペット(NFT)を販売することによって稼ぐことができます。

ジェノペッツでは、様々な権利も獲得できるガバナンストークン「GENE」が発行されている他、ゲームをプレイすることで得られる報酬「KIトークン」も発行しており、ペットの育成に使用できる経験値「XP」や、ペットの進化などに使用される「Crystal(クリスタル)」など存在しています。

「GENE」が暗号資産取引所に上場している一方で「KIトークン」は取引所に上場していないため、獲得したKIトークンをそのまま売却することはできないものの、KI・XP・クリスタルを使用して育てたペットをNFTマーケットプレイスで販売することによって仮想通貨を稼ぐことができる仕組みとなっています。

また、ジェノペットを育成するための土地のようなNFT「Habitat(ハビタット)」を保有することでKIやクリスタルを獲得することもでき、GENEのステーキングでKIトークンを獲得することもできるため、ペット育成ゲームをプレイするのが好きな方には魅力的なゲームとなっています。

【GENOPETSのメリット】

  • 運動しながらペット育成ゲームを楽しみつつ稼ぐことができる
  • 育成・バトルなどゲーム要素が多い
  • 課金なしでも始めることができる
  • 本田圭佑氏や複数の有名企業も出資している

【GENOPETSのデメリット】

  • ペット育成・NFTマーケットでの販売など収益化までの手順がやや複雑
  • 単純に歩いて稼ぎたいという方には不向き
  • 効率的に進めるためには多少の資金が必要
  • 現在はBetaテスト中なので不明な部分も多々ある

初期費用:無料(課金)
使用通貨:GENE・KI
GENE上場取引所:FTX・Bybit・MEXCなど

>>「GENOPETS」の公式サイトはこちら

Walken(ウォーケン)

Walken-WLKN

Walken(ウォーケン)とは、Solanaのブロックチェーンを活用して開発が進められている運動とゲームを組み合わせたMove to Earn関連のNFTゲームです。このゲームには猫をモチーフにした可愛いNFTキャラクター「CATthletes」が登場する他、ゲーム内で使用したり暗号資産取引所で売買することができるトークンである「ウォーケントークン(Walken Token/WLKN)」も準備されています。

具体的にはウォーキングを行うことによって「Gems」を獲得することができるようになっており、獲得したGemsはNFTキャラクターをアップグレードする際に使用することが可能、アップグレードしてゲームバトルを行なったり、競争してWLKNを獲得することもできると説明されています。

Walkenは今のところ正式リリースされておらず、ベータ版のテストプレイが実施されている段階となっているものの、WLKNは近い将来に発行される予定とも報告されているため、今後の動向には注目が集まっています。

【Walkenのメリット】

  • 運動・ゲームを楽しみながら稼げるNFTゲーム
  • ゲーム内トークンWLKNは暗号資産取引所に上場予定
  • 比較的新しいゲームなので初期に参加しやすい

【Walkenのデメリット】

  • 正式リリースされていないため初期費用などの詳しい情報が不明
  • 仮想通貨WLKNの価格や上場取引所などが不明
  • 単純に歩いて稼ぎたいという方には不向き

初期費用:不明
使用通貨:WLKN
上場取引所:不明

>>「Walken」の公式サイトはこちら

ソラナ(Solana/SOL)の取引が可能な暗号資産取引所Liquidの新規登録はこちら

Liquidの画像暗号資産取引所Liquidの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

LINE独自の仮想通貨「wizcoin」発行か

LINE独自の仮想通貨「wizcoin」発行か

暗号資産取次所SEBC「モナコイン(Monacoin/MONA)」の取扱い再開へ

暗号資産取次所SEBC「モナコイン(Monacoin/MONA)」の取扱い再開へ

ビットバンク「ビットコイン取引手数料50%還元キャンペーン!」開催へ

ビットバンク「ビットコイン取引手数料50%還元キャンペーン!」開催へ

詐欺集団PlusToken:イーサリアム「115億円相当」を送金|ETH価格は一時下落

詐欺集団PlusToken:イーサリアム「115億円相当」を送金|ETH価格は一時下落

Fidelity:カナダ初の「機関投資家向けビットコインカストディサービス」提供へ

Fidelity:カナダ初の「機関投資家向けビットコインカストディサービス」提供へ

60秒で「独自ブロックチェーン」構築|AmazonとKomodoが開発キットを提供

60秒で「独自ブロックチェーン」構築|AmazonとKomodoが開発キットを提供

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットポイント「IOST」取扱いへ|上場記念キャンペーンも複数開催

ビットポイント「IOST」取扱いへ|上場記念キャンペーンも複数開催

コインチェック:NFTプロジェクト「NEO TOKYO PUNKS」とメタバース都市でコラボ

コインチェック:NFTプロジェクト「NEO TOKYO PUNKS」とメタバース都市でコラボ

OKX:FAME MMAの「FAMEトークン」取扱いへ|暗号資産取引所に初上場

OKX:FAME MMAの「FAMEトークン」取扱いへ|暗号資産取引所に初上場

SBI FXトレードの「暗号資産CFD」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

SBI FXトレードの「暗号資産CFD」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年4月24日〜30日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年4月24日〜30日

The Sandbox:メタバース土地LANDを「Ethereum→Polygon」に移行

The Sandbox:メタバース土地LANDを「Ethereum→Polygon」に移行

Liquid by FTX:5DOTが当たる「DOT取扱開始記念キャンペーン」開始

Liquid by FTX:5DOTが当たる「DOT取扱開始記念キャンペーン」開始

Huobi Japan:最大1万円が当たる「QTUM・XLM販売所上場記念キャンペーン」開始

Huobi Japan:最大1万円が当たる「QTUM・XLM販売所上場記念キャンペーン」開始

Bitget:日本ユーザーを対象に「複数の賞品が当たる限定キャンペーン」開催

Bitget:日本ユーザーを対象に「複数の賞品が当たる限定キャンペーン」開催

バフェット氏出資の「Nubank」仮想通貨取引サービス提供へ|BTC購入報告も

バフェット氏出資の「Nubank」仮想通貨取引サービス提供へ|BTC購入報告も

Everdome:火星に建設する「エバードームシティ」のプレビュー画像初公開

Everdome:火星に建設する「エバードームシティ」のプレビュー画像初公開

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジパングコイン(Zipangcoin/ZPG)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジパングコイン(Zipangcoin/ZPG)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソラナ(Solana/SOL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソラナ(Solana/SOL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す