仮想通貨の冬は終わりつつある?将来が期待されるホットな銘柄6選【PR】

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

寒い仮想通貨の冬は、時にしてアツい投資機会によって終わりを告げることがあります。多くの場合、通貨の価格が下がれば下がるほど、利益の機会が大きくなります。この記事では今最もホットで将来が期待されている銘柄6つをご紹介します。

  • メタケード(Metacade/MCADE)
  • ライトコイン(Litecoin/LTC)
  • ポルカドット(Polkadot/DOT)
  • 柴犬コイン(Shiba Inu/SHIB)
  • ディセントラランド(Decentraland/MANA)
  • エックスアールピー(XRP/XRP)

メタケード(MCADE)

メタケードは、この冬の時代にポートフォリオを温めるであろう期待の通貨です。ブロックチェーン技術と統合されるように設定された、クラシックタイプアーケードスタイルのタイトルを含む、多種多様な巨大な数の遊んで稼ぐ(P2E)ゲームをサポートする新しいGameFiプラットフォームです。

メタケードのアーケードは、カジュアルなものから競争性が高い様々なタイプのゲームの提供だけでなく、Web3の社交界向けに設計された活気に満ちたハブの本拠地にもなります。さらに、ブロックチェーンゲームで最も価値のあるアルファを発見するための中心的な場所を目指しており、加えて、P2Eアーケードとしての機能だけではなく様々な収益機会にユーザーを結び付けます。

メタケードはコミュニティ主導型であり、コンテンツ作成者にMCADEトークンの報酬を提供することで、コミュニティ内での知識共有の活発化を促進します。Create2Earn(交流して稼ぐ)機能は、ゲームレビューの投稿、アルファ版の共有、他メンバーとの交流に報酬を与えます。

これに加えて、ユーザーをWeb3の世界の仕事への就職機会を提供します。この仕事には、単発のものからフリーランスタイプ、そして2024年以降の主要なWeb3企業でのフルタイムの職位が含まれます。ゲームプレイヤーは、正式なリリース前のタイトルを試運転して、ゲーム開発者にレビューを提供することで MCADE を受け取ることもできます。

MCADEのおすすめする理由

メタケードは生まれたてのプロジェクトであり、ブロックチェーンゲームの分野での大きな活躍を期待されています。重要な機能の1つのメタグラント(Metagrants)プログラムがあります。このプログラムは、GameFiのイノベーションのレベルを上げようとしているゲーム開発者に開発を始める為の資金を提供します。

そしてメタケードはユーザーとより広いGameFiエコシステムに大きな利益をもたらす包括的なプラットフォームです。このプロジェクトがまだ真新しいことを考えると、現在の価格水準から大幅に上昇する可能性があります。これらの伸び代を見る限り、仮想通貨の冬であれMCADEは購入する価値がある銘柄だと言えます。

>>> メタケードの詳細はこちらから確認できます <<<

ライトコイン(LTC)

2番目に紹介する銘柄はライトコイン(LTC)です。これは、ビットコインに触発されたピアツーピア暗号通貨であり、オープンソースネッワークです。世界中のどこにいても、誰にでもほぼ即時の支払いを可能にし、BTCと比較して高速であり、取引手数料が低く、さらにストレージ容量が大きいなどのさまざまな機能を備えています。

ライトコインの取引速度はビットコインより速いことは明白であるため、商人により速く承認されます。ライトコインのブロックファイナリティは2.5分で、ビットコインの10分よりも大幅に高速です。ネットワークの強化された機能により、ビットコインが金と例えられるのに対して、ライトコインは銀として例えられるようになりました。

特に、Scrypt(スクリプト)を採用しているため、ASICハードウェアでマイニングできません。ライトコインでのマイニングは通常のPCを使用することが奨励されています。これにより、マイナーはライトコインのインフラストラクチャをサポートするために高額な電気料金を支払う必要がないため、ネットワークの運用コストが低くなります。

LTCのおすすめする理由

ライトコインは、Web3で最も信頼性の高いブロックチェーンネットワークの1つです。分散型アプリケーション(dApps)をサポートする能力という点では欠けていますが、デジタル金融取引を処理するための非常に安全な方法です。

2021年の強気相場で400ドルを超える史上最高値(ATH)を記録した後、LTCは2022年からの長期に渡る降下を経て、現在83ドルとなっています。LTCは知名度そして期待度共に高い事から、おすすめできる銘柄の1つとなっています。

ポルカドット(DOT)

ポルカドットとは、DOTとも呼ばれるブロックチェーン間のクロスチェーン互換性を提供するために特別に設計されたマルチチェーンエコシステムです。

ポルカドットは、低レイテンシーと高いトランザクションスループットを兼ね備えており、基盤となるPolkadotプロトコルの力のおかげで、独立したレイヤー1ブロックチェーンをサポートしながらネットワークを拡張できるようになっています。さらに、他のチェーン上での取引をトラストレスに転送して保護できるため、従来のブロックチェーン運用方法の主な非効率性が解決されます。

ブロックチェーンは閉ループシステムとして設計されており、これにより、ユーザーが異なるネットワーク間で暗号通貨をブリッジするときに、多くのセキュリティ違反が発生しました。ポルカドットはこの問題を解決し、開発者が複数の1レイヤーブロックチェーンに同時に展開できるアプリケーションを構築できるようにします。

DOTをおすすめする理由

ポルカドットは、相互接続されたブロックチェーンのエコシステム、つまりWeb3の先駆けとなることができます。しかしインターネットが、スケーラビリティと相互運用性の問題によって価格を思うように伸ばすことができていません。このプロジェクトは、これを解決するのに役立つ革新的なレイヤー0ソリューションです。

ATHが55ドルに達した後、大きな降下の末にDOTの価値は5ドル未満になりました。しかし、市場が次の相場へと動き始めた時、この価格レベルから大きく上昇する可能性を秘めています。

柴犬コイン(SHIB)

柴犬コイン(SHIB)もまたホットな銘柄としての勢いを増しています。2番目のミームコインである柴犬コインはライバルであるドージコインを超え、Wed3界でNo.1のミームコインの座を狙っています。

柴犬コインはイーサリアムのブロックチェーンからフォークされた、ERC-20トークンとして機能します。SHIBコインは流動性マイニングを通じて配布されます。つまり、ユーザーはネットワークを保護するための報酬としてトークンを受け取るために、承認された流動性プールに暗号資産を貸すことができます。

柴犬コインとドージコインの大きな違いの一つとして「SHIBはdAppsの開発をサポートできる」という点が挙げられます。これは、NFT・ブロックチェーンゲーム・DeFiサービスなど、トークンのユースケースが時間とともに増加していることを意味します。

SHIBをおすすめする理由

柴犬コインは、近いうちにShibariumと呼ばれるネットワーク用のレイヤー2スケーリングソリューションをリリースする予定です。これにより、柴犬ブロックチェーンの全体的なユーザーエクスペリエンスが向上し、エコシステムにますます多くの開発者を引き付けることが期待されています。

SHIBにはすでに大規模な専用ユーザーベースがあり、時価総額で16番目の大きさを誇っています。時間の経過とともに、SHIBトークンは仮想通貨の冬の間の低価格から大幅に上昇する可能性があり、弱気市場のブルースを避けようとしている投資家にオススメの銘柄として挙げられています。

ディセントラランド(MANA)

ディセントラランド(MANA)は、ユーザーが独自のコンテンツとアプリケーションを構築して収益化できる、イーサリアムのブロックチェーン上に構築された仮想現実プラットフォームです。そのためにディセントラランドは、MANAで売買できる、カスタマイズ可能な仮想不動産を提供します。

ディセントラランドは常に仮想エリアを拡大しており、ユーザーにさまざまなアクティビティと体験を提供しています。プレイヤーは、プラットフォームでの活動に費やした時間に対して、MANAトークンの報酬を獲得できる機会があります。

加えてディセントラランドでは、ユーザーはデジタル資産を完全に制御できます。これらの資産には、3Dシーン、ゲーム体験、インタラクティブコンテンツなどが含まれます。そして開発者が業界を変える仮想体験を構築するエキサイティングな機会も提供します。これにより、プロジェクトは創造性と経済活動の中心的な場所になる可能性があります。

MANAをおすすめする理由

メタバースは、テクノロジー分野で最も人気のある投資の1つです。ディセントラランドは、世界中のユーザーを1つの空間で結び付けることができ、より広範なメタバースの動きの中で独自の機能を提供します。

ユーザーに完全なコントロールを与えることで、ディセントラランドは仮想不動産開発の急成長の中心地となっています。NFTアートギャラリー・ソーシャルハブ・ラスベガススタイルのギャンブルの本拠地であり、今後数年間で更なる成長が期待されています。

エックスアールピー(XRP)

このリストの最後を飾るのは、エックスアールピー(XRP)です。これは、さまざまな金融取引に使用できる仮想通貨の一種であり、従来の通貨の代替と見なしている人もいます。XRPはほぼ即時のトランザクションを提供するため、国際送金の処理をする高速で安全な方法となっています。

XRPは、国境を越えた支払いの効率を改善することにより、従来の金融機関に新しいサービスの提供を目指しています。銀行やその他の機関は、高価で低速なテクノロジーを使用して国際取引を処理しますが、XRPは同じ機能をほぼ瞬時に非常に低コストで実行できます。

XRPは、dAppsをサポートできる分散型ブロックチェーンである「XRP Ledger(XRPL)」のネイティブトークンでもあります。XRPLでは、オンラインギャンブルの流動性プロバイダーからDeFiアプリケーションまで、さまざまなデジタル通貨を使用するアプリケーションが増えています。

XRPをおすすめする理由

XRPは、Ripple Labsと米国証券取引委員会(SEC)の間で進行中の論争の対象となっています。Ripple社はXRPを活用したサービスも展開しているの会社です。同社は、XRPトークンが証券であるか、分散型暗号通貨であるかを判断するためにSECから請求を受けています。

しかし、リップル社は将来的にSECとの戦いに勝つと考えられています。そして訴訟に勝利をした場合、それは米国当局からの規制のゴーサインを意味することになるため、XRPの価格もほぼ間違いなく急騰することなると予想されています。

この冬の時代の購入に最適な銘柄は?

仮想通貨の冬では市場での値動きが凍結する場合が多くあります。そのため利益の動きもほとんどありません。しかしMCADEのプレセールとなれば話は別です。投資の初期段階で潜在的な仮想通貨プロジェクトに参加できる、滅多にない機会です。

プレセールの第一段階はわずか3週間で完売しました。これは、メタケードプラットフォームに対する広範な需要を反映しています。間違いなく、MCADEは今最も注目されている仮想通貨であり、投資家は迅速な対応を求められています。仮想通貨の冬の間にも、トークンの価格は0.008ドルから0.02ドルに上昇します。MCADEをお得に購入できる期間は限られているため、Metacadeは興味のある人々に早めの購入を推奨しています。

メタケードの詳細はこちらからどうぞ。


免責事項:この記事は「Metacade」から寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットボットのプレセール:ノンカストディアル取引でテレグラムを再定義

ビットボットのプレセール:ノンカストディアル取引でテレグラムを再定義

Cardano(ADA)は「次のイーサリアムキラー」となるか?PrimeXBTアナリスト Kim Chua氏

Cardano(ADA)は「次のイーサリアムキラー」となるか?PrimeXBTアナリスト Kim Chua氏

ルナクラシックのラリーとディップ:注目が集まるビットボット仮想通貨プレセール

ルナクラシックのラリーとディップ:注目が集まるビットボット仮想通貨プレセール

新AIミームコインWienerAIが取引ボットAIコンパニオン機能を追加、プレセールは120万ドルへ

新AIミームコインWienerAIが取引ボットAIコンパニオン機能を追加、プレセールは120万ドルへ

柴犬ニュース:クジラが「Crypto.com」で2億7000万ドルものSHIBを移動|メタケードのMCADEでは4月上場後の大幅な価格高騰予想

柴犬ニュース:クジラが「Crypto.com」で2億7000万ドルものSHIBを移動|メタケードのMCADEでは4月上場後の大幅な価格高騰予想

AI取引の可能性を見出した投資家がビットボット仮想通貨プレセールに注目

AI取引の可能性を見出した投資家がビットボット仮想通貨プレセールに注目

注目度の高い仮想通貨ニュース

GMEの価格が3684%高騰してミームコインへの期待が高まる、Ethereumの最新プロジェクトWienerAIは180万ドルを調達

GMEの価格が3684%高騰してミームコインへの期待が高まる、Ethereumの最新プロジェクトWienerAIは180万ドルを調達

キャプテン翼RIVALS「Oasys版のゲーム」リリース|GENESIS NFTで2つの特典機能も

キャプテン翼RIVALS「Oasys版のゲーム」リリース|GENESIS NFTで2つの特典機能も

Slash:Bybit Web3で「SVLトークンのIDO」開始|現物取引も提供予定

Slash:Bybit Web3で「SVLトークンのIDO」開始|現物取引も提供予定

秋田犬保存会:ブロックチェーン活用した「デジタル血統書」を導入【世界初】

秋田犬保存会:ブロックチェーン活用した「デジタル血統書」を導入【世界初】

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Ripple社:日本で「XRPL活用した企業向けソリューション」導入へ

Ripple社:日本で「XRPL活用した企業向けソリューション」導入へ

仮想通貨ニュース週間まとめ「JPYC・LISK・ADA・SHIB」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「JPYC・LISK・ADA・SHIB」などの注目記事

ビットコイン:ブレイクアウトのタイミングは2024年10月?著名アナリストの価格予想

ビットコイン:ブレイクアウトのタイミングは2024年10月?著名アナリストの価格予想

シバイヌDEX「ShibaSwap」Shibariumサポートへ|ローンチパッドなども提供予定

シバイヌDEX「ShibaSwap」Shibariumサポートへ|ローンチパッドなども提供予定

KARRATプロトコルが始動:ゲーム、エンターテイメント、AIイノベーションの新時代を切り拓き、ハリウッドと提携

KARRATプロトコルが始動:ゲーム、エンターテイメント、AIイノベーションの新時代を切り拓き、ハリウッドと提携

Shibariumがさらに高速&低コストに?5月2日に「大型アップグレード」を予定

Shibariumがさらに高速&低コストに?5月2日に「大型アップグレード」を予定

米オクラホマ州「仮想通貨の基本的権利を保護する法案」を可決

米オクラホマ州「仮想通貨の基本的権利を保護する法案」を可決

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す