The Open Networkのトンコイン(Toncoin/TON)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

by BITTIMES   

The Open Networkとトンコイン(Toncoin/TON)に関する基本情報や特徴をなどをわかりやすく解説するとともに、取扱う暗号資産取引所・価格・チャート・対応ウォレット・関連リンクなどの情報もまとめて掲載しています。

こちらから読む:TON関連の記事を新着順で「Toncoin/TON」関連ニュース

【PR】本サイトはアフィリエイトプログラム・プロモーションによる収益を得ています。

The Open Network(TON)とは?

The Open Networkの画像

The Open Network(TON)とは、無料メッセージングアプリ「Telegram(テレグラム)」のチームによって2018年に開発されたブロックチェーンベースの分散型コンピューティングネットワーク・分散型L1ブロックチェーンです。

このブロックチェーンは元々「Telegram Open Network」という名称で開発されていましたが、2020年に米国証券取引委員会(SEC)との訴訟問題で敗訴したことをきっかけにTelegramがプロジェクトから撤退、プロジェクト自体がコミュニティ主導の「TON財団」に引き継がれ、「The Open Network」という名称に改名されました。

TONは迅速かつ低コストでエネルギー効率の高い取引環境を実現できるよう設計されており、取引承認・合意形成の仕組みとなるコンセンサスアルゴリズムは「プルーフ・オブ・ステーク(PoS)」を採用、ネイティブトークンである「トンコイン(Toncoin/TON)」も発行されています。

トンコイン(Toncoin/TON)とは?

Toncoin・TONの画像

トンコイン(Toncoin/TON)とは、分散型L1ブロックチェーンである「The Open Network」のネイティブトークンです。この暗号資産は元々「Gram(グラム)」という名称でしたが、開発元のTelegramが米国証券取引委員会(SEC)との訴訟問題で敗訴してプロジェクトから撤退したことに伴い「Toncoin」という名称に変更されました。

ToncoinはTONネットワークのガバナンストークンでもあるため、TON保有者はTONのオンチェーンガバナンスに参加して、プロジェクト開発方法の決定プロセスに参加することもできます。

トンコインの主な用途としては以下のようなものが挙げられており、公式サイトでは「取引手数料の支払い・各種TON関連サービスの支払い・ステーキングによるブロックチェーンの保護・ネットワークの開発方法の決定」などが挙げられています。

  • ステーキング
  • ネットワーク手数料(ガス代)の支払い
  • クロスチェーン取引手数料の支払い
  • 各種TON関連サービスでの支払い
  • オンチェーンガバナンスへの参加

TONを取扱うビットポイントはこちら TONを取扱うビットポイントはこちら

The Open Netowork関連サービス

The Open Netowork(TON)では、以下のような複数のサービスが提供されています。

TON Payments

TON Paymentsは、少額決済を可能にするマイクロペイメントチャネルのプラットフォーム。これにより、関連するトランザクション手数料・ゲーム・API・オフチェーンアプリなどにおける各種料金を即時に支払うことが可能になる。取引完了までにかかる時間は5秒未満。

TON DNS

TON DNSは、長くて覚えづらいTON関連のアドレスを「人間が簡単に認識できる分かりやすいドメイン名」に変換することができるサービス。「marketplace.ton」や「candyzoo.gaming.ton」などといった簡単に読める名前を仮想通貨ウォレットアドレス・スマートコントラクト・ウェブサイトなどに割り当てることができる。

TON Sites

TON Sitesは、The Open Networkでウェブサイトを構築できるサービス。TONに組み込まれた暗号化技術を使用することによって、認証機関がなしで安全なWebサイトを提供することが可能。完全に分散化されたドメインネームシステムである「TON DNS」で取得したアドレスでウェブサイトを構築することが可能で、サイト閲覧者はドメイン宛にトークンを送金してサイト運営者に寄付することも可能。

TON Proxy

TON Proxyは、分散型VPNとTORのようなネットワークを使用してTONブロックチェーンにアクセスできる機能。これによってユーザーやサイトのIPアドレスを隠すことができるようになり、検閲を回避して簡単にDAppsにアクセスできる。TON ProxyはHTTP Proxyと互換性があるためユーザーフレンドリーでもある。

TON Storage

TON Storageは、TONブロックチェーンを活用したファイル共有・データ保存に利用できる分散型のファイル共有・データストレージソリューション。ユーザーはあらゆるサイズのファイルを自由かつ安全に交換することができ、全てのデータは自動的にバックアップ・暗号化される。ブロックチェーン上のスマートコントラクトを利用して金銭的なインセンティブを付与する仕組みも採用。

The Open Network(TON)の特徴

Blockchain-Catch

The Open Network(TON)の特徴としては以下のようなことが挙げられます。

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)を採用

The Open Network(TON)は高性能で環境にも優しいことなどで注目されているプルーフ・オブ・ステーク(Proof-of-Stake/PoS)と呼ばれるコンセンサスアルゴリズムを採用しています。

仮想通貨TONを保有しているユーザーはブロック検証を行う「バリデーター」に自分の資産を貸してブロックチェーンの維持に貢献することによって報酬を得ることが可能で、資産をバリデーターに貸与するユーザーは「ノミネーター」と呼ばれます。

>>「TONステーキングの詳細」はこちら

高速処理が可能な高性能ブロックチェーン

The Open Network(TON)は高速処理が可能な高性能ブロックチェーンとして知られています。新しいブロックを生成するのに価格時間は「イーサリアムが12秒」であるのに対して「TONは5秒」、トランザクションが確定するまでにかかる時間は「イーサリアムが10分〜15分」であるのに対して「TONは6秒未満」とされています(※TON公式サイト情報)。

取引をスムーズに行うためには1秒あたりに処理できるトランザクション数(TPS)が重要となりますが、TONは2021年に55,000TPSを記録して、ブロックチェーン業界で最も高速なネットワークの1つになったとも報告されています。(参考:Visaは1秒間に平均約1,700件のトランザクションを処理し、24,000TPSに対応可能)

マルチチェーン構成による高い拡張性

The Open Network(TON)は「MasterChain・WorkChain・ShardChain・AccountChain」からなるマルチチェーンの仕組みを採用することによって高いスケーラビリティを確保しています。

MasterChain(マスターチェーン)はすべてのワークチェーンのブロックのハッシュを含む唯一のブロックチェーン、WorkChain(ワークチェーン)は独自のルールを持つブロックチェーン、ShardChain(シャードチェーン)はシャーディングによって分割されたワークチェーン、AccountChain(アカウントチェーン)はシャードチェーンの最小単位となっています。

ワークチェーンでは「EVMベースのワークチェーンを作成して、Solidityスマートコントラクトを実行する」などが可能で、ワークチェーンのセキュリティは最終的にマスターチェーンで担保されるため、ワークチェーン作成者はセキュリティを確保するための高いコストを支払う必要がないなどの利点があります。

Telegramのユーザー名取引などで使用可能

Telegram(テレグラム)では、Telegram利用者が個人アカウント・グループ・チャンネルなどで利用可能な「@〜」形式のユーザー名を売買できる「Fragment」というプラットフォームが展開されていますが、このプラットフォーム内の支払いでは仮想通貨「TON」が利用されています。

Fragmentでは「Anonymous Numbers」と呼ばれる匿名番号も購入することが可能で、この匿名番号を取得すれば携帯電話に挿入されている個人情報識別用のカード「SIMカード」がないユーザーでもTelegramアカウントを作成することができます。

TONを取扱うビットポイントはこちら TONを取扱うビットポイントはこちら

トンコイン(Toncoin/TON)の基本情報

ブロックチェーン名称The Open Network
トークン名称トンコイン(Toncoin)
ティッカーシンボルTON
コンセンサスアルゴリズムProof-of-Stake(PoS)
総供給量5,079,215,953 TON(年間インフレ率0.6%)

トンコイン(Toncoin/TON)の価格・チャート

TONを取扱う暗号資産取引所

トンコイン(Toncoin/TON)の取引が可能な暗号資産取引所としては、以下のような取引所が挙げられます(2023年10月時点)。

【日本国内の暗号資産取引所】
BITPOINT(ビットポイント)

【海外の暗号資産取引所】
KuCoin(クーコイン)
Huobi(フォビ)
OKX(オーケーエックス)
Bybit(バイビット)
Bitget(ビットゲット)
MEXC(エムイーエックスシー)
CoinEx(コインエックス)
・Gate(ゲート)
・Uniswap(ユニスワップ)
・PancakeSwap(パンケーキスワップ)

トンコイン(Toncoin/TON)対応のウォレット

トンコイン(Toncoin/TON)を保管することができる代表的なウォレットとして以下のようなものが挙げられます。
Tonkeeper
TON Wallet
Tonhub

>>TON公式サイトのウォレットページ

トンコイン(Toncoin/TON)関連リンク

TON公式サイト
TON公式Twitter
TON公式Telegram
TON公式LinkedIn
GitHub
ホワイトペーパー
エクスプローラー①(tonscan.org)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

新規口座開設+購入で「10,000円相当のNIDT」が当たるキャンペーン開始:コインブック

新規口座開設+購入で「10,000円相当のNIDT」が当たるキャンペーン開始:コインブック

Bitget:FTXの破綻で影響を受けたユーザーを支援するために500万ドルのビルダーズファンドを用意!

Bitget:FTXの破綻で影響を受けたユーザーを支援するために500万ドルのビルダーズファンドを用意!

OpenSea:Seaportで「Polygon・MATIC」をサポート|複数の新機能を追加

OpenSea:Seaportで「Polygon・MATIC」をサポート|複数の新機能を追加

MetaMask(メタマスク)復元フレーズを狙う「フィッシングボット」について注意喚起

MetaMask(メタマスク)復元フレーズを狙う「フィッシングボット」について注意喚起

中央銀行デジタル通貨「CBDC」世界40行以上が発行を検討|ブロックチェーンの有用性調査へ

中央銀行デジタル通貨「CBDC」世界40行以上が発行を検討|ブロックチェーンの有用性調査へ

コインチェック:人気NFTコレクション「MAYC」取扱いへ

コインチェック:人気NFTコレクション「MAYC」取扱いへ

注目度の高い仮想通貨ニュース

STEPN:GMTにも交換できる「FSLポイント」をエアドロップ|対象者と注意点

STEPN:GMTにも交換できる「FSLポイント」をエアドロップ|対象者と注意点

毎日更新のSHIB公式ニュースサイト「The Daily Shib」登場

毎日更新のSHIB公式ニュースサイト「The Daily Shib」登場

Dogwifhat(WIF)の上昇はまだまだ続く?アーサー・ヘイズ氏の強気な価格予想

Dogwifhat(WIF)の上昇はまだまだ続く?アーサー・ヘイズ氏の強気な価格予想

「テスラは将来ドージコイン決済を可能にする」イーロン・マスク氏の発言でDOGE価格急騰

「テスラは将来ドージコイン決済を可能にする」イーロン・マスク氏の発言でDOGE価格急騰

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

Magic Eden:イーサリアムNFT利用者に「ダイヤモンドリワード」を配布

Magic Eden:イーサリアムNFT利用者に「ダイヤモンドリワード」を配布

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

シバイヌ:有名企業が数多く参加するコンテンツデリバリー&セキュリティ協会(CDSA)に参加

シバイヌ:有名企業が数多く参加するコンテンツデリバリー&セキュリティ協会(CDSA)に参加

イーサリアム:Dencunアップグレード完了「Blastで問題が発生した場合の対処法」も

イーサリアム:Dencunアップグレード完了「Blastで問題が発生した場合の対処法」も

仮想通貨ニュース週間まとめ「DOGE・ADA・ETH・SHIB・BTC」などの注目記事をまとめて

仮想通貨ニュース週間まとめ「DOGE・ADA・ETH・SHIB・BTC」などの注目記事をまとめて

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

日本初の預金型ステーブルコイン「トチカ」サービス開始:北國銀行

日本初の預金型ステーブルコイン「トチカ」サービス開始:北國銀行

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す