Telegram「電話番号・SIMカードなし」で利用可能に|匿名番号でサインアップ

by BITTIMES   

メッセージアプリ「Telegram(テレグラム)」は2022年12月6日に、SIMカードなしでTelegramアカウントを作成できるようになったことを発表しました。

Telegramは@〜形式のユーザー名を売買することができる「Fragment」というプラットフォームを展開していましたが、このプラットフォーム上で「Anonymous Numbers」と呼ばれる匿名番号を購入することによってSIMなしでサインアップすることができると報告されています。

Fragmentで「Anonymous Numbers」の売買が可能に

Telegram(テレグラム)は2022年12月6日に、携帯電話に挿入されている個人情報識別用のカード「SIMカード」がないユーザーでもTelegramアカウントを作成できるようになったことを発表しました。

これまでのTelegramでは、新規アカウントを作成する際に携帯電話番号を入力する必要があったため、SIMカードを内蔵した端末でしか新規アカウント作成を行うことができませんでしたが、今回追加された新機能によってSIMカードや電話番号なしでもTelegramアカウントを作成することができるようになりました。

具体的には「Anonymous Numbers」と呼ばれる匿名番号を購入することによって、その匿名番号でサインアップすることができる仕組みとなっており、この匿名番号はTelegram創業者のパーヴェル・デュロフ氏が11月に立ち上げた分散型オークションプラットフォーム「Fragment」で購入することが可能となっています。

「Fragment」はテレグラムのアプリ内で個人アカウント・グループ・チャンネルなどで利用されている「@〜」形式のユーザー名を売買できるプラットフォームとして提供されていましたが、現在はこのプラットフォームに「Anonymous Numbers」を売買できる機能が追加されています。

(画像:Fragment)(画像:Fragment)

「Anonymous Numbers」はユーザー名と同様に仮想通貨トンコイン(Toncoin/TON)を用いて売買することができ、TONを保管することができる「Tonkeeper」のような仮想通貨ウォレットをサイトに接続する形式で売買することが可能、仮想通貨TONは「BitgetCoinExOKXMEXC・Gate」などの暗号資産取引所や「Uniswap」などで購入することができるようになっています。

「+888 8 888」などといった特殊な匿名番号は記事執筆時点で数千ドル〜数万ドル(数十万〜数百万円)という高額で取引されているものの、ランダムな数字で構成された匿名番号は数十ドル(数千円)程度で購入することが可能となっています。

なお、今回の発表ではユーザーのプライバシーを保護するための複数の新機能が発表されており、あらかじめ指定した時間でチャット上のメッセージを自動的に削除することができる「Auto-Delete-Timers(自動削除タイマー)」などの機能も発表されています。

>>「Telegram」の公式発表はこちら
>>「Fragment」はこちら
>>「Tonkeeper(iOS版)」はこちら
>>「Tonkeeper(Android版)」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Trust Wallet「カルダノ(ADA)のステーキング」が可能に

Trust Wallet「カルダノ(ADA)のステーキング」が可能に

飲食店でBTC・ETHが貯まる「暗号資産還元機能」提供開始:シンクロライフ

飲食店でBTC・ETHが貯まる「暗号資産還元機能」提供開始:シンクロライフ

【Chiliz&Socios】NBA初「フィラデルフィア・セブンティシクサーズ」と提携

【Chiliz&Socios】NBA初「フィラデルフィア・セブンティシクサーズ」と提携

Huobi Japan:販売所・取引所で「ポルカドット・エンジンコイン」取扱いへ

Huobi Japan:販売所・取引所で「ポルカドット・エンジンコイン」取扱いへ

adidas:ブロックチェーンも扱うデジタル完結型ファッションスタジオ「The Fabricant」と提携

adidas:ブロックチェーンも扱うデジタル完結型ファッションスタジオ「The Fabricant」と提携

adidas Originals:暗号資産取引所「Coinbase(コインベース)」と提携

adidas Originals:暗号資産取引所「Coinbase(コインベース)」と提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

チリーズ関連ファントークンが日本でも取引可能に?SBI × Chiliz「合弁会社」設立へ

チリーズ関連ファントークンが日本でも取引可能に?SBI × Chiliz「合弁会社」設立へ

福岡県飯塚市「ブロックチェーン等を活用した実証実験プロジェクト」募集開始

福岡県飯塚市「ブロックチェーン等を活用した実証実験プロジェクト」募集開始

カルダノ基盤の分散型取引所「SundaeSwap v3」リリース|指値注文でステーキング報酬も

カルダノ基盤の分散型取引所「SundaeSwap v3」リリース|指値注文でステーキング報酬も

SBI VCトレード:口座保有者限定で「HashHub Research」無料提供へ

SBI VCトレード:口座保有者限定で「HashHub Research」無料提供へ

BCG大手MOBOX、今月中にDragonverseNeo(ドラバネオ)をリリース予定!独自UGC、3Dゲームエンジンに加え、ゲーム専用BTC L3のMOSE Chain公表

BCG大手MOBOX、今月中にDragonverseNeo(ドラバネオ)をリリース予定!独自UGC、3Dゲームエンジンに加え、ゲーム専用BTC L3のMOSE Chain公表

人工知能×ブロックチェーン「Animechain.ai」のライトペーパー公開|独自トークン・AIRAも発行予定

人工知能×ブロックチェーン「Animechain.ai」のライトペーパー公開|独自トークン・AIRAも発行予定

シバイヌDEX「ShibaSwap」Shibariumサポートへ|ローンチパッドなども提供予定

シバイヌDEX「ShibaSwap」Shibariumサポートへ|ローンチパッドなども提供予定

新AIミームコインWienerAIが取引ボットAIコンパニオン機能を追加、プレセールは120万ドルへ

新AIミームコインWienerAIが取引ボットAIコンパニオン機能を追加、プレセールは120万ドルへ

PayPal:日本ユーザーに「買い手・売り手保護制度からのNFT除外」を告知

PayPal:日本ユーザーに「買い手・売り手保護制度からのNFT除外」を告知

ドナルド・トランプ氏は「アメリカ初の仮想通貨大統領」元CFTC委員長

ドナルド・トランプ氏は「アメリカ初の仮想通貨大統領」元CFTC委員長

AI取引ボット:ビットボットが支配する10億ドル規模の市場

AI取引ボット:ビットボットが支配する10億ドル規模の市場

オアシス(OAS)価格急騰|韓国の大手仮想通貨取引所「Upbit」に上場

オアシス(OAS)価格急騰|韓国の大手仮想通貨取引所「Upbit」に上場

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す