ビットフライヤー「FLRの外部送付受付」開始|ラップ&デリゲート代行サービスも予定

by BITTIMES

暗号資産取引所bitFlyer(ビットフライヤー)は2023年2月20日に「フレアトークン(Flare/FLR)の外部送付サービス」を開始したことを発表しました。同社は「FLRトークンのラップ&デリゲートを代行して報酬を提供するサービス」の準備も進めていると報告しています。

こちらから読む:人気NFTのBAKC、ロゴ画像変更へ「暗号資産」関連ニュース

FLRトークンの外部送付受付を開始

bitFlyer(ビットフライヤー)は2023年2月20日に、Flare Networkの改善提案(FIP.01)で「XRP保有者に付与される予定となっていたFLRトークンが、今後36ヶ月間にわたって"WFLR保有者"に付与されること」が決定したことを報告し、これに伴う同社の対応やFLR報酬の獲得方法などについて説明する記事を公開しました。

残り85%分のFLRを受け取るためには「FLRからWFLRへの変換(ラップ)」を行う必要があり、「WFLRをFTSOに委譲する作業(デリゲート)」を行えば追加でデリゲート報酬を受け取ることができるようになっているため、現在は自己管理型ウォレットにFLRを移動させて自分自身でラップ&デリゲート作業を行う人も増えてきていますが、今回の発表ではビットフライヤーが2023年2月20日からFLRの外部送付受付を開始したことが報告されています。

Flare NetworkはFLRトークン初回配布を日本時間2023年3月17日21:00から開始することを予定しており、WFLR保有量の計算は配布日前の23日間からランダムに選ばれた3つのブロックに基づいて計算されることになっているため、初回の分配を受けるためには2023年2月22日〜2023年3月17日までの間にFLRを外部ウォレットに送付してWFLRへと変換しておく必要がありますが、今回の外部送付サービスが開始されたことによって、bitFlyerの口座で保有しているFLRトークンも外部ウォレットに移動させて変換することができるようになりました。

ラップ&デリゲート代行サービスも準備中

bitFlyer(ビットフライヤー)は今回の発表の中で「ビットフライヤーがユーザーのFLRを借りてWFLRへの変換を行い、WFLRのデリゲートまでを実施して、受領したFLRをユーザーに提供するサービス」を準備していることも報告しています。

このサービスは2023年上半期中の提供を目指して準備が進められているとのことですが、提供時期が遅れる可能性もあると説明されているため、初回配布分の報酬を確実に受け取りたい場合には早めにFLRを外部送付して必要な手続きを行う必要があります。

また、FLRトークンを外部送金する際の注意点として『FLRを取り出す機能を有してないコントラクトアドレスに外部送付してしまった場合、FLRは絶対に取戻せません』とも説明されており、アドレスがコントラクトアドレスがどうかを確認したい場合は「FLRのエクスプローラー」で対象アドレスを検索することによって確認できると説明されています(*1)。

(*1)FLRのエクスプローラーでアドレスを検索すると、コントラクトアドレスである場合は「Contract Address Detail」、そうでない場合は「Address Detail」として表示されます。

なお、bitFlyerの公式発表ページでは「外部ウォレットでFLRのラップ&デリゲートを行う方法」についても画像付きでわかりやすく解説されています。

>>「ビットフライヤー」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

日本STO協会:三菱UFJ信託・フォビジャパン・FXcoinなど「合計12社」が新規入会

日本STO協会:三菱UFJ信託・フォビジャパン・FXcoinなど「合計12社」が新規入会

カスタマイズNFTショップを簡単に構築できる「NFTStudio OEM」提供開始:CryptoGames

カスタマイズNFTショップを簡単に構築できる「NFTStudio OEM」提供開始:CryptoGames

WLKN報酬付きの新作ゲームアプリ「Walken Runner」正式リリース

WLKN報酬付きの新作ゲームアプリ「Walken Runner」正式リリース

Club CAMELOT:メタバースナイトクラブ「Discover feed」のローンチ記念イベント開催へ

Club CAMELOT:メタバースナイトクラブ「Discover feed」のローンチ記念イベント開催へ

税金徴収に向け仮想通貨「合法化」へ:ウクライナ政府

税金徴収に向け仮想通貨「合法化」へ:ウクライナ政府

Bybit:簡単設定で暗号資産を自動売買「グリッド取引ボット」公開|コピー機能も提供

Bybit:簡単設定で暗号資産を自動売買「グリッド取引ボット」公開|コピー機能も提供

注目度の高い仮想通貨ニュース

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

ビットコイン・ブロックチェーン初のICOに参加できる最後の24時間

ビットコイン・ブロックチェーン初のICOに参加できる最後の24時間

マイクロストラテジーのBTC保有量「総供給量の1%」を突破|新たな買い増し報告

マイクロストラテジーのBTC保有量「総供給量の1%」を突破|新たな買い増し報告

OKCoinJapan:イーサリアム(ETH)の入出庫で「Optimism」対応へ

OKCoinJapan:イーサリアム(ETH)の入出庫で「Optimism」対応へ

仮想通貨ニュース週間まとめ「ADA・SHIB・BTC」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「ADA・SHIB・BTC」などの注目記事

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

エルサルバドル:ビットコインをコールドウォレットに移動「予想外のBTC保有量」も判明

エルサルバドル:ビットコインをコールドウォレットに移動「予想外のBTC保有量」も判明

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

Shib:The Metaverseのコンテンツ制作映像公開「シバイヌ関連の注目ニュース」も続々

Shib:The Metaverseのコンテンツ制作映像公開「シバイヌ関連の注目ニュース」も続々

イーサリアム(ETH)は有価証券に分類される?「米SECが調査中」との報告

イーサリアム(ETH)は有価証券に分類される?「米SECが調査中」との報告

ゲーマーの仮想通貨を盗むマルウェアに要注意|チート利用者が標的に?

ゲーマーの仮想通貨を盗むマルウェアに要注意|チート利用者が標的に?

仮想通貨ニュース週間まとめ「JMY・XYM・ADA・SHIB」などの注目記事をまとめて

仮想通貨ニュース週間まとめ「JMY・XYM・ADA・SHIB」などの注目記事をまとめて

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す