レディットの仮想通貨ファンによる2023年注目のゲーム仮想通貨7選【PR】

by BITTIMES   

※この記事は「Metacade」から寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

2023年は仮想通貨に関連するゲーム界にとって大きな意味をもつ年になりそうです。先日、レディットの仮想通貨愛好家が注目している銘柄について発言をしました。

この記事では、期待の集まるゲーム仮想通貨7つをご紹介します。定評のある有名なゲームタイトルから、生まれたてのプロジェクトまで、きっとあなたにピッタリの銘柄が見つかるはずです。

メタケード(Metacade/MCADE)

メタケードは、レディットを含む様々な業界、界隈から注目を集めるP2Eゲームのソーシャルハブです。気の合うP2Eゲームの仲間とつながり、GameFiで自分の強みを見つけ、ゲーム開発者のためのWeb3初の民主的資金調達の取り組みに参加することができます。メタケードではプレイヤーは、流行りのゲームを発見し、レビューを読み、最もホットなGameFiアルファにアクセスなど、ユーザーの利便性を最大限に高めるために、様々な取り組みを行っています。

メタケードは斬新な通貨とブロックチェーン技術によって、他のソーシャルプラットフォームと差別化を図っています。ユーザーが善意でプラットフォームに貢献することを期待するのではなく、ユーザーに報酬を与えることでプラットフォームの成長を促進します。MCADEトークンの獲得方法は、P2Eゲームをプレイするだけではありません。例えば、レビューやヒントを投稿したり、メンバーと交流したりすることでも、報酬を獲得できます。

ユーザーは上記の方法以外にも収益機会が提供されます。P2Eの収入を最大化する方法を学びトーナメント、賞品抽選会へ参加できるだけでなく、2024年に設営が予定されている求人掲示板で、キャリアとして収入を得ることもできます。ここでは、ゲーム業界やWeb3業界のリーダーたちと一緒に仕事をするエキサイティングな機会を見つけることができます。

レディットコミュニティは、メタケードのメタグラント機能を「GameFi業界にとって最大のゲームチェンジャーになる」と見込んでいます。メタグラントとは、ユーザーが気に入ったゲームを開発する開発者に、プラットフォームのリソースを向けることができるものです。資金を勝ち取るためには、コミュニティからの人気すなわち票を多く集める必要があります。これにより、GameFi分野のイノベーションを促進し、ユーザーが愛するゲームの未来を形作るために、より積極的な役割を果たすことができるようになります。

最後に本格的な分散化というビジョンを実現するために、メタケードは2024年に分散型自律組織(DAO)に移行する予定です。これにより、メタケードのプラットフォームは完全にコミュニティによって管理されることになります。新しいアップグレードの実装やプラットフォームの将来の方向性はユーザーの投票により決定され、真に民主的な意思決定プロセスが提供されます。

メタケードは、コミュニティ、非中央集権、そしてあらゆる段階でのプレイヤーへの価値提供を重視し、P2E業界を席巻していくことでしょう。現在開催中のプレセールでは、発売から13週間で 850万ドル以上のMCADEトークンが販売されました。この数字は2023年にさらに大きくなる可能性が高く、今後も多くの投資家がプレセールに参加することになると予想されています。

>>> メタケードの詳細はこちらからどうぞ <<<

エイプコイン(ApeCoin/APE)

エイプコインはレディットコミュニティでも人気の銘柄です。Bored Ape Yacht Club(BAYC)のNFTプロジェクトで大成功を収めたYuga Labsによって作成され、共通のビジョンを持つ分散型コミュニティです。APEは、Ape DAOでの投票や、限定商品、イベント、サービス、ゲームへのアクセスに使用されます。

多くのレディットユーザーは Otherside(アザーサイド)のローンチを心待ちにしており、Improbable社とサンドボックスの親会社であるAnimoca Brands社の協力のもと、Yugaの没入型メタバース体験が構築されています。Yugaによると、同社のチームは、「何千人もの人々が同時に交流する」「可能な限り最高のメタバース」を開発しようとしている模様です。

アザーサイドでは、ユーザーは自分のNFTに基づいたアバターを作成し、Otherdeedsと呼ばれるメタバース内のデジタル財産を所有することができます。OpenSeaによるとOtherdeedsは、ゲーム事態が発売されていない状態にも関わらず急速にランクを上げ、最も取引されているNFTプロジェクトの4位にランクインしました。APEはアザーサイドのゲーム内通貨になると予想されておりレディットのユーザーは、ゲームがリリースされ次第、このトークンが急速に高騰すると予測しています。

柴犬コイン(Shiba Inu/SHIB)

多くの人がドージコインに触発された単純なミームコイン見ている傾向がありますが、柴犬コインはレディットで最大のコミュニティを築き上げた銘柄です。r/SHIBArmyには約50万人のメンバーがおり、その多くが柴犬の熱心なサポーターです。ビットコインのコードをベースにしたドージコインとは異なり、SHIBはイーサリアムベースのトークンであるため、ゲーム内購入やNFTの支払い手段として利用でき、具体的には「Shiba Eternity」や今後リリース予定の「SHIB: The Metaverse」などで利用することができます。

シバ・エタニティ(Shiba Eternity)は大きな宣伝の後、2022年10月初旬に発売されました。プレイヤーはシボシNFT(Shiboshi NFTs)を使って他者とカードバトルを行い、デッキを成長させてランクを上げることができます。このゲームは、Google Playストアだけで10万以上のダウンロードを記録しています。

SHIB:メタバースは、そのウェブサイトに記載されているように、"コミュニティとしての歴史の集大成を仮想的に表示し、美しいビジュアルの層で、真に家と呼べる場所を持つ我々の革新と団結を紹介する "ものです。公式なリリース時期は明かされていませんが、2023年以内と予想されています。レディットのコミュニティによると、柴犬エコシステムへの追加により、SHIBが急増する可能性があります。

サンドボックス(The Sandbox/SAND)

サンドボックスは、最も認知度の高い仮想通貨ゲームプロジェクトの1つです。ディセントラランドと並んで、サンドボックスは、FacebookがMetaにブランド変更した後、スポットライトを浴びました。ディセントラランドのユーザーが交流できる仮想世界の提供に重点を置いているのに対し、サンドボックスはゲームに重点を置き、プレイヤーがゲーム空間で創造・共有・収益化できるようにしています。

サンドボックスはコードの知識がなくても使えるツールをユーザーに提供しているため、ユーザーは簡単に没入感のあるゲーム体験を生み出すことができます。創造を始めるに必要な唯一の条件は「 LAND NFT」という土地を所有していることです。これらのインフラを利用してすでに数十のゲームが作られており、プレイヤーはメタバース空間で何時間も楽しむことができます。

レディットの仮想通貨ファンは、サンドボックスがもつ膨大なパートナーシップ数がSANDに強気である理由の1つとして挙げています。ウォーキング・デッド、トニー・ホーク、グッチ、アディダス、スマーフなど、多くのブランドがサンドボックスを通してメタバースへの進出を果たしており、このリストはこれからも大きくなっていくことでしょう。

エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)

エンジンコインは、常にレディットの仮想通貨ファンが作るリストの上位を飾るゲーム通貨です。主に開発者向けのプラットフォームであり、ゲーム内アイテムをブロックチェーンに載せるための複数のソフトウェア開発キット(SDK)を提供します。開発者は、自社独自のソリューションを作る代わりに、Enjinを利用してブロックチェーン技術を簡単にゲームに組み込むことができます。

エンジンコインの提供するプロセスは至ってシンプルです。開発者は、ゲーム内資産に対応するNFTを鋳造し、ENJトークンを使って価値を付与するだけで、NFTが破壊された時点で初めて換金することができるのです。NFTは、プレイヤー間で安全に素早く取引され、Enjin Smart Walletで確認することができます。

P2Eやメタバースゲームが増えるにつれて、エンジンコインの需要は資産所有システムの構築に頭を悩ませることを避けたい開発者を中心に高まっていく事でしょう。レディットコミュニティでは、P2Eとメタバース産業の成長に伴い、2023年にENJが飛躍すると予想しています。

ワックス(WAX/WAXP)

Worldwide Asset eXchange 略してWAX(ワックス)は、デジタル資産やNFTの取引に特化して設計されたブロックチェーンです。WAXは、デジタルコレクション業界の巨人であるOPSkins社が開発した、仮想資産を保管し取引するためのカーボンニュートラルなプラットフォームを提供します。

WAXは、企業がNFTコレクションをより簡単にリリースできる環境の提供を目指しています。エンジンコインと同様、WAXはNFTやGameFiの主流に必要な重要なインフラを提供しており、P2Eやメタバースゲームの世界への参入を目指す企業にとって理想的なネットワークとなっています。

レディットの仮想通貨ファンの多くは、WAXの可能性を示す主要な指標として、Alien Worldsの成功を指摘しています。このゲームは、他のどのP2Eゲームよりも多い30万人以上の週間プレイヤー(DappRadar)を定期的に記録しており、これはWAXのブロックチェーン上に構築されています。さらに、P2Eゲームとして2番目に人気のある「Splinterlands」もWAXで動作しています。P2Eゲーム分野の成長が続く中、このチェーンのネイティブ・トークンであるWAXPが新たな高みに到達することを期待しています。

トレジャー(Treasure/MAGIC)

トレジャーエコシステムのネイティブトークンであるMAGICは、"分散型任天堂"を自称するプロジェクトです。カートリッジ(ゲーム)、小規模コミュニティ、インフラの3つの異なる部分から構成される分散型ゲームエコシステムです。8つのP2Eおよびメタバースゲームがあり、それぞれがゲーム内通貨としてMAGICトークンを使用しています。

また、Arbitrum ネットワーク上で動作するNFTマーケットプレイス「Trove」を搭載しています。このマーケットでは、トレジャーと呼ばれるゲーム内資産を、MAGICやETHを使用して取引することができます。ゲームには、それぞれのサブコミュニティがありますが、それぞれ似たようなリソースやギルド、哲学などを通じて共通項があります。

トレジャーは、開発者が分散型P2Eおよびメタバースゲームを構築するために必要なインフラを提供します。1つのトークンで統一された相互運用可能なエコシステムを構築することで、ゲーム作りの現場に革命を起こすことを目標としています。

Bankless Timesによると、先日トレジャーはバイナンス、Gate.io、Huobiに上場した影響でMAGICの価格は高騰しました。レディットコミュニティは、 MAGICにはまだまだ計り知れない伸び代があり、それは2023年にも大きく弾ける可能性があります。

メタケード(MCADE)がゲーム投資で注目される理由

GameFi 市場が拡大し続け、今年の顕著なトレンドの1つとなる中、ここで紹介した銘柄は特に注目されています。エイプコイン、柴犬コインがそれぞれ提案しているメタバースビジョンが実現した場合、需要が爆発的に上昇し大きな成長を遂げる事でしょう。一方、エンジンコインや WAX のようなプロジェクトは、ブロックチェーンゲームを支える重要なインフラを提供することで、業界全体が成長するにつれて利益を得る立場にあります。

しかしその中でもメタケードは特に大きなポテンシャルをもつプロジェクトとして注目されています。ゲームプレイヤーにとってコミュニティは必要不可欠であり、価値ある革新的な機能を提供することでメタケードは、P2Eプレイヤーだけでなく、幅広い愛好家が出会い、一緒にGameFiの世界を探求するためのナンバーワンスポットとなる準備が整っています。

メタケードでは現在プレセールが開催されています。現在のMCADEの価格は0.0155ドルですが、これはプレセールの段階に比例して上昇していきます。メタケードに興味がある方は以下の公式サイトから詳細をご確認ください。

メタケードの詳細はこちらからどうぞ。


免責事項:この記事は「Metacade」から寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

メガネブランド「Zoff」がスマホ決済アプリ「楽天ペイ」に対応

メガネブランド「Zoff」がスマホ決済アプリ「楽天ペイ」に対応

最近、ビットコインが高騰した理由を解説

最近、ビットコインが高騰した理由を解説

2024年に最前線を走るミームコインプロジェクト:ミームネーター、ドージコイン、ボンク

2024年に最前線を走るミームコインプロジェクト:ミームネーター、ドージコイン、ボンク

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

ミームコインに対する熱狂の衰退:PEPE価格下落についての分析

ミームコインに対する熱狂の衰退:PEPE価格下落についての分析

半減期前のラリーでKaspaとSolanaが調整か、Bitcoin Minetrixは上昇傾向

半減期前のラリーでKaspaとSolanaが調整か、Bitcoin Minetrixは上昇傾向

注目度の高い仮想通貨ニュース

シバイヌ:Shibariumにおける「SHIB BURNの自動化システム」をテスト

シバイヌ:Shibariumにおける「SHIB BURNの自動化システム」をテスト

チリーズ:韓国プロサッカー「Kリーグ」と提携|スポーツリーグ初のバリデータ

チリーズ:韓国プロサッカー「Kリーグ」と提携|スポーツリーグ初のバリデータ

2月の注目ミームコイン|プレセールで430万ドルを調達したミームネーターとソラナの新銘柄マイロ

2月の注目ミームコイン|プレセールで430万ドルを調達したミームネーターとソラナの新銘柄マイロ

2024年、LinkedIn注目の仮想通貨プレセール「ミームネーター」

2024年、LinkedIn注目の仮想通貨プレセール「ミームネーター」

ChatGPTによる価格予測:ミームネーターが2024年に大きく飛躍?

ChatGPTによる価格予測:ミームネーターが2024年に大きく飛躍?

1.5兆ドル運用の米資産運用会社「現物イーサリアムETF」を申請|申請企業は8社に

1.5兆ドル運用の米資産運用会社「現物イーサリアムETF」を申請|申請企業は8社に

BTC・ETH・SHIB・MATICが当たる「ラッキールーレットキャンペーン」開催へ:ビットトレード

BTC・ETH・SHIB・MATICが当たる「ラッキールーレットキャンペーン」開催へ:ビットトレード

シバイヌ(SHIB)提携のK9 Finance「DAO憲章」を発表|内容の日本語訳も

シバイヌ(SHIB)提携のK9 Finance「DAO憲章」を発表|内容の日本語訳も

ビットコインの価格上昇はこのまま続く?「BTC買い」が多い重要なサポートライン

ビットコインの価格上昇はこのまま続く?「BTC買い」が多い重要なサポートライン

エコフレンドリーで新しいDePIN仮想通貨eTukTuk、気候変動への対策とマルチチェーンの採用で100万ドルの調達に成功

エコフレンドリーで新しいDePIN仮想通貨eTukTuk、気候変動への対策とマルチチェーンの採用で100万ドルの調達に成功

OpenAIの動画生成AI「Sora」が影響?ワールドコイン(WLD)価格高騰

OpenAIの動画生成AI「Sora」が影響?ワールドコイン(WLD)価格高騰

OKCoinJapan:ソラナ(Solana/SOL)取扱いへ|複数のサービスでサポート

OKCoinJapan:ソラナ(Solana/SOL)取扱いへ|複数のサービスでサポート

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す