仮想通貨の暴落 – 今注目の仮想通貨銘柄5選【PR】

by BITTIMES   

※この記事は「Metacade」から寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

ユーティリティ・高いユーザー率・独自の技術ソリューション。これらは優れた仮想通貨投資銘柄を見つけるための前提条件であり、投資家に大きな夢を与えます。仮想通貨市場では今後大きな成長を遂げる可能性のある宝石の原石たちが、今にも弾けそうな勢いで成長を始めています。これはブロックチェーン技術が、いくつかの主要なグローバル産業における技術進歩の最前線にあるためです。

その中でも特に注目の投資銘柄はゲーム・金融・アートなど様々な分野で見つけることができます。この記事では2022年の仮想通貨暴落が起きた今注目の仮想通貨を複数ご紹介します。

  • メタケード(Metacade/MCADE)
  • エックスアールピー(XRP/XRP)
  • ビットコイン(Bitcoin/BTC)
  • ファイルコイン(Filecoin/FIL)
  • アクシー・インフィニティ(Axie Infinity/AXS)

メタケード(MCADE)

メタケードは、仮想通貨が暴落した今特に勢いがある銘柄と言えます。メタケードはブロックチェーン技術とクラシックなゲームアーケードスタイルを組み合わせたGameFiプラットフォームであり、プラットフォーム上で仮想通貨収入を得るための、膨大な数の方法を提供します。

MCADEは、メタバースのアーケードで報酬のために使用されます。アーケードは、ブロックチェーン上のどこにでもあるオンラインアーケードゲームの最大のコレクションを提供します。カジュアルなゲームから競争性が高い刺激的なものまで取り揃えており、ユーザーは有料のトーナメントに参加することで暗号資産賞品を狙うことができます。

メタケードは、より広いWed3コミュニティのソーシャルハブになることを目標としています。そこで重要になってくる機能にCreate2Earn(交流して稼ぐ)というものがあります。この機能では「ゲームレビューの投稿・アルファ版の共有・コミュニティの他メンバーとの交流」などといった貢献で報酬を受け取る事ができます。ユーザーはコンテンツを作成することでMCADEを入手できます。

さらにメタケードは、この他にも2つ方法でより広いGameFiエコシステムの進歩を促進します。1つ目の方法はWork2Earn(働いで稼ぐ)機能です。この機能は、関心のあるユーザーにブロックチェーン関連の仕事の機会を提供します。2つ目の方法であるメタグラント(Metagrants)と呼ばれるプログラムは、ゲーム開発者に初期段階の資金を提供し、GameFi分野のイノベーションで次の波に乗るのを直接サポートします。

【MCADEの注目ポイント】
MCADEトークンは新しい仮想通貨であるため、仮想通貨市場の暴落を免れています。メタケードは先日プレセールを開始し、最初の7週間で270万ドルもの資金を調達、第一段階は完売しています。それ以来勢いはさらに加速しており、今や1010万ドルの目前です。投資家はメタケードの将来に大きな期待を寄せており、初期から投資している人は今後数年間で大幅に上昇する可能性があると予想しています。

メタケードは、ブロックチェーン技術の進歩を促進するように設計された機能とともに、ユーザーに膨大な収益機能を提供します。メタケードはプラットフォームの成長とともに、時価総額の面でも大きく成長する可能性のあるGameFiプロジェクトとして注目されています。

>>> メタケードの詳細はこちらからどうぞ <<<

エックスアールピー(XRP)

XRPは、国境を越えた支払いで使用するように設計された分散型の仮想通貨です。従来の金融サービスと比較して、国際取引を処理するより効率的な方法を提供します。

XRPが投資銘柄として特に注目されている理由としては「迅速かつ安価な両替を可能にする準備通貨として使用できること」が挙げられます。XRPは既存の市場間で送金する最も費用対効果の高い方法の1つです。そのため、XRP関連のサービスを展開している企業であるRipple Labsは、JPモルガンやイングランド銀行などの主要機関とパートナーシップを結んでいます。

さらにXRPは、分散型金融取引をサポートするために設計された分散型台帳技術であるXRP Ledger(XRPL)のネイティブトークンでもあります。開発者は、XRPLでソフトウェア アプリケーションを構築し、ネットワーク上で代替可能なトークンや代替不可能なトークン(NFT)などのデジタル資産を作成できます。

【XRPの注目ポイント】
XRPはRipple Labsと証券取引委員会(SEC)の間で進行中の論争の対象となっています。SECは『XRPは仮想通貨ではなく証券である』としてRipple Labsに訴訟を起こしています。この訴訟問題は2020年から始まり、今もなお進行中です。

その影響もあってか、Web3の仮想通貨の大部分が爆発的な利益を上げていた2021年の強気市場でも、XRPは最高値を更新できませんでした。訴訟の否定的な結果は長期的にXRPに損害を与える可能性がありますが、その可能性は低いと考えられます。

Ripple Labsに有利な肯定的な判決が下された場合、その判決は「米国の規制当局がXRPを暗号通貨として分類したこと」を意味します。そうなれば、XRPの価格も大幅に上昇する可能性があるとみられています。

ビットコイン(BTC)

ビットコインは、暴落後も依然として人気の投資銘柄の1つとなっています。BTCは世界中のどこでも匿名で安全な取引を行うことができる代表的なデジタル通貨です。ビットコインのブロックチェーンは、金融取引を安全な方法で記録する分散型のデジタル台帳であり、BTCはブロックチェーン技術を使用した最初の仮想通貨の1つとして知られています。

ビットコインは従来の通貨とは異なる分散型の通貨であり、ピアツーピアネットワーク上でユーザーから別のユーザーに直接支払いを行うことができるように設計されています。ビットコインのブロックチェーンを使用した取引は安全であり、台帳を検証および維持する中立的な第三者を必要としません。

ビットコインのトランザクションとマイニングに参加するには、専用のハードウェアとインターネットへのアクセスが必要です。ビットコインは信頼性が高いことが証明されており、世界規模での支払いと通貨の転送を処理するための計り知れない可能性を秘めています。

【BTCの注目ポイント】
ビットコインは仮想通貨市場の時価総額で堂々の第一位に君臨し続けており、同時に一番歴史の長い銘柄でもあります。これはビットコインが非常に堅牢であることを証明しています。ビットコインは最初に作成されて以来、ユーザーと法定通貨の両方の点で大幅に成長を続けています。

通常BTCは、約4年周期の半減期を通じて市場のトレンドを生み出します。半減期とは、ビットコインのマイニングで得られる報酬が半分になるタイミングのことを指します。次の半減期は2023年初頭に予定されています。

仮想通貨の歴史を見ると、半減期のタイミングで仮想通貨市場の強気相場が始まり、ビットコインが市場最高値に達した後に弱気相場が始まる傾向があります。BTCは次の強気トレンドに先立って勢いを増す最初のトークンになる可能性が高いため、2022年の暴落後に注目すべき仮想通貨の1つとして挙げられています。

ファイルコイン(FIL)

ファイルコイン(FIL)もまた優れた銘柄として候補として挙げられます。ファイルコインは、ブロックチェーン技術を使用してオンラインデータを安全に保存・共有する分散型ネットワークです。ネットワークが分散化されていることから単一のエンティティによって制御されることはありません。これは、ファイルコインがインターネット上で機密情報を保存する最も安全で信頼できる方法の1つであることを意味します。

ファイルコインは「FIL」と呼ばれる独自の仮想通貨を使用しています。ユーザーはネットワークに参加する事で報酬を得ることができます。バリデーターは、ハードディスクスペースを貸し出し、ストレージ容量を提供することでFILトークンを獲得できます。

新しい形のクラウドストレージは、その低コストと高いセキュリティにより、既存の市場に革命を起こす可能性を秘めています。ファイルコインは、共有ストレージへの画期的なアプローチにより、世界中の主要な投資家を魅了しています。

【FILの注目ポイント】
近年、主要な中央集権型企業がユーザーのデータを販売しているというニュースは論争を引き起こし、オンラインの安全性について疑問を投げかけています。Google・Amazon・Facebook・Microsoft・Appleは、世界中の何十億もの人に日常的に使用されています。つまり、そのような大手企業や他の主要なテクノロジー企業は、機密と見なされる可能性のあるユーザーに関する膨大な量のデータを収集できることができるのです。

ファイルコインは分散型のクラウドストレージシステムを作成することによって、ユーザーの個人情報や機密情報を守る事を可能にしています。クラウドストレージはネットワーク上でも取引可能であり、インターネットに接続していれば誰でもディスクスペースを収益化できます。ユーザーの情報はネットワーク上で保護され、匿名化されるため、オンラインの安全性が向上します。

ファイルコインは今後数年間でインターネット文化においてますます重要な役割を果たす可能性のある独自のブロックチェーンソリューションと言えます。

アクシー・インフィニティ(AXS)

アクシー・インフィニティはブロックチェーンベースのゲームであり、ユーザーはアクシー(Axies)と呼ばれる生物を集めて育成し、戦わせる事ができます。このゲームは、ブロックチェーン技術・デジタルの希少性・完全な資産所有権を活用して、アクシーの所有者がデジタル資産としてアクシーを所有できるようにします。

アクシーは完全にカスタマイズ可能なゲームアイテムであり、ユーザーはNFTとして作成された様々なパーツを収集できます。これらのNFTはマーケットプレイスで自由に取引できるため、ユーザーはコレクションを収益化したり、コレクション用に追加のクリーチャーを購入したりできます。

その他のアクティビティとして、アクシーの価値を高める事ができる繁殖機能があります。ユーザーは、アクシーのコレクションを使用して探索し、クエストを完了し、他のプレイヤーと戦い、ゲーム内での進歩に対して暗号資産報酬を獲得できます。

【AXSの注目ポイント】
AXSトークンは2022年の暴落に苦しみました。これは主に、アクシー・インフィニティゲーム専用に構築されたイーサリアムのサイドチェーンである「Ronin Bridge」がハッキングされたためです。これは史上最大のDeFiエクスプロイトであり、これによって6億ドル以上が失われました。

暗いニュースもあるなか、依然としてアクシー・インフィニティは人気のある投資銘柄となっています。このプラットフォームは、Web3分野で最大規模のユーザーを引き付け続けており、2018年の発売以来GameFi分野の最前線でプレイして稼ぐゲームのパイオニアとして存在しています。

アクシー・インフィニティは仮想通貨の暴落以前、200万人以上のデイリーアクティブユーザーを誇っており、時間の経過とともに以前の最高値を取り戻すと予想されています。

メタケード(MCADE)は2022年の暴落後の今注目したい仮想通貨

MCADEのプレセールは始まったばかりです。このプラットフォームは「最大のオンチェーンアーケードになり、ユーザーに広範な収益機能を提供すること」を約束しているため多くの注目を集めています。

MCADEの価格はプレセール中に$0.008から$0.02に上昇する予定で、早い時期ほど安くトークンを入手できる仕組みとなっています。メタケードは業界をリードするGameFiプラットフォームに向けて準備を進めており、仮想通貨市場のクラッシュに続く次の強気相場で大きく成長する可能性がある銘柄の1つとして注目されています。

メタケードの詳細はこちらから確認できます。


免責事項:この記事は「Metacade」から寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ユヴェントス公式スリーブパートナーとして成功を続けるBitget

ユヴェントス公式スリーブパートナーとして成功を続けるBitget

ChatGPTによる価格予測:2024年に成長が見込まれる2コイン

ChatGPTによる価格予測:2024年に成長が見込まれる2コイン

注目したい2つのトレンド仮想通貨|専門家による2024年に向けた考察

注目したい2つのトレンド仮想通貨|専門家による2024年に向けた考察

SECがバイナンスUSとボイジャーの取引に異議の申し立て|2023年のアルトシグナル ASIトークンへの影響は?

SECがバイナンスUSとボイジャーの取引に異議の申し立て|2023年のアルトシグナル ASIトークンへの影響は?

BinaryX:Play-to-Own型MMO『Cyberland』のコンセプトアートを公開

BinaryX:Play-to-Own型MMO『Cyberland』のコンセプトアートを公開

ビットコインレイヤー2プロジェクトBEVM、1000万ドル融資を達成!完全分散化、EVM交換性を備えたソリューションの実態に迫る

ビットコインレイヤー2プロジェクトBEVM、1000万ドル融資を達成!完全分散化、EVM交換性を備えたソリューションの実態に迫る

注目度の高い仮想通貨ニュース

Google検索「ビットコインアドレスの残高確認」が可能に|複数のアドレス形式に対応

Google検索「ビットコインアドレスの残高確認」が可能に|複数のアドレス形式に対応

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

保守派・革新派による「ビットコイン分裂」を予測:Bitcoin.org運営者Cobra氏

保守派・革新派による「ビットコイン分裂」を予測:Bitcoin.org運営者Cobra氏

Binance FZE:ドバイで仮想通貨サービスプロバイダー(VASP)のライセンス取得

Binance FZE:ドバイで仮想通貨サービスプロバイダー(VASP)のライセンス取得

エドワード・スノーデン氏「ビットコイン急落」を一蹴|BTCはすでに底打ち状態?

エドワード・スノーデン氏「ビットコイン急落」を一蹴|BTCはすでに底打ち状態?

【重要】MEXC「dHealth Network(DHP)の上場廃止」を発表|期日までに必要な対応を

【重要】MEXC「dHealth Network(DHP)の上場廃止」を発表|期日までに必要な対応を

「SHIBは買い」ビットコイン初期投資家ダヴィンチ・ジェレミー氏が支持

「SHIBは買い」ビットコイン初期投資家ダヴィンチ・ジェレミー氏が支持

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

エルサルバドル「ビットコイン教育資料の最新版」を公開|公立学校などでBTC教育

エルサルバドル「ビットコイン教育資料の最新版」を公開|公立学校などでBTC教育

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す