Symbol活用したフルオンチェーンNFTを簡単に「株式会社NFTDrive」設立

by BITTIMES   

シンボル(Symbol/XYM)やネム(NEM/XEM)をブロックチェーン活用したNFT関連サービスを提供する「株式会社NFTDrive」は2023年4月17日に「クラウドファンディングで目標金額の150%を達成し、2023年3月13日に株式会社NFTDriveを設立したこと」を発表しました。

同社の代表取締役を務める中島理男氏は、元々ブロックチェーンコミュニティの中でブロックチェーンを有効活用するツール類の開発を行っていましたが、今回はコミュニティからの応援を受けて「株式会社NFTDrive」を起業したことが報告されています。

Symbol/NEM活用のNFT関連サービスを提供

株式会社NFTDrive(本社:京都府京都市)は、パブリックブロックチェーンであるシンボル(Symbol/XYM)ネム(NEM/XEM)を活用したNFT関連のサービスを提供する会社であり、ブロックチェーン上にデジタルデータを保存するためのツールを提供することによって、データの永続性に価値が認められる学術・研究分野や産業分野のパイオニアとなることを目指しています。

具体的には、誰でも簡単に"フルオンチェーンNFT"を生成することができるツール『NFTDrive』がメインサービスとして提供されており、提供サービスの内容としては以下の5点が挙げられています。

  • フルオンチェーンNFTの発行サービス
  • 発行したフルオンチェーンNFTのプレビューサービス
  • ジェネラティブフルオンチェーンNFTのツール提供・企画・運用支援サービス
  • NFT交換用の専用ウォレットの開発
  • ブロックチェーンの技術コンサルティング

フルオンチェーンNFTとは、トークンとデジタルデータを紐づけた状態で全てのデータをブロックチェーン上に保存するNFTのことであり、真贋証明をしつつ永続性を追求したデータの保存方法として非常に合理的な手段となっています。

NFTDriveの特徴

NFTDriveは、パブリックブロックチェーンのSymbol/NEMをNFTの保存先として活用しているサービスであり、特許出願済みの技術でもある「NFT生成時の作業用アドレスの秘密鍵を破棄した状態でNFTを自動生成する仕組み」が大きな特徴の1つとなっています。

このような仕組みを採用することによって、NFT事業者側は秘密鍵を管理する必要性がなくなるだけでなく、"たとえNFT事業者であろうと誰にも改竄することができない"という強固なセキュリティを維持することができるようになっています。

また、トークンとデジタルデータの両方をブロックチェーン上に保存することによって、真贋証明をしつつ永続性を極限まで追及した状態でフルオンチェーンNFTを生成することが可能となっているため、デジタルアートのような代表的なNFTだけでなく、公文書や学術・研究分野などでも応用することができます。

なお、NFTDriveの技術はすでに複数の分野で活用されており、最近ではSymbolのブロックチェーン上で発行される食品のレシピデータと味覚データを記録・トークン化したNFTである『フードNFT』なども展開されています。

Symbol(XYM)は日本国内で人気の暗号資産・ブロックチェーンの1つであり、コミュニティ内でも積極的に技術活用や活動が行われているため、今後の更なる技術活用には期待が高まっています。NFTDriveの詳細や活用事例などは「NFTDriveの公式サイト」で確認することができます。

株式会社NFTDrive公式発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

賞金は仮想通貨!中国で話題のモバイルゲーム・トーナメント

賞金は仮想通貨!中国で話題のモバイルゲーム・トーナメント

コインベース「電話サポートサービス」を開始|日本国内のカスタマーサポートを強化

コインベース「電話サポートサービス」を開始|日本国内のカスタマーサポートを強化

Symbolウォレットアプリ「EXYM」登場|デザインを自分好みにカスタマイズ

Symbolウォレットアプリ「EXYM」登場|デザインを自分好みにカスタマイズ

休眠状態だったビットコインクジラが「10年ぶりの資金移動」合計90億円相当の送金

休眠状態だったビットコインクジラが「10年ぶりの資金移動」合計90億円相当の送金

ビッグアイズ - Cosmosプロジェクト超えを目指すイーサリアム上に構築された価格予測に優れた新しいミームプロトコル

ビッグアイズ - Cosmosプロジェクト超えを目指すイーサリアム上に構築された価格予測に優れた新しいミームプロトコル

BINANCE:暗号資産取引所「HKVAEX」を通じて香港でライセンス申請か【続報あり】

BINANCE:暗号資産取引所「HKVAEX」を通じて香港でライセンス申請か【続報あり】

注目度の高い仮想通貨ニュース

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Reddit:余剰資金の一部を「ビットコイン・イーサリアム」に投資

Reddit:余剰資金の一部を「ビットコイン・イーサリアム」に投資

BTC支持派のケネディJr氏が副大統領候補に?トランプ陣営上級顧問が報道内容を否定

BTC支持派のケネディJr氏が副大統領候補に?トランプ陣営上級顧問が報道内容を否定

ソラナ関連銘柄が多数上場|仮想通貨取引所「Backpack Exchange」ベータ版公開

ソラナ関連銘柄が多数上場|仮想通貨取引所「Backpack Exchange」ベータ版公開

ビットバンク:国内2例目の上場「マスクネットワーク(MASK)」取り扱いへ

ビットバンク:国内2例目の上場「マスクネットワーク(MASK)」取り扱いへ

1.5兆ドル運用の米資産運用会社「現物イーサリアムETF」を申請|申請企業は8社に

1.5兆ドル運用の米資産運用会社「現物イーサリアムETF」を申請|申請企業は8社に

チリーズ:韓国プロサッカー「Kリーグ」と提携|スポーツリーグ初のバリデータ

チリーズ:韓国プロサッカー「Kリーグ」と提携|スポーツリーグ初のバリデータ

Shib Dreamの柴犬専門ニュースサイトが「日本語」に対応

Shib Dreamの柴犬専門ニュースサイトが「日本語」に対応

柴犬(SHIB)の新NFT「Sheboshis」待望のお披露目|販売分は即完売

柴犬(SHIB)の新NFT「Sheboshis」待望のお披露目|販売分は即完売

Jasmyの新たな技術活用報告|クラウド勤怠管理システム「勤労の獅子」と連携開始

Jasmyの新たな技術活用報告|クラウド勤怠管理システム「勤労の獅子」と連携開始

千葉県佐倉市:DOGEで知られる「かぼすちゃん」のマンホール設置

千葉県佐倉市:DOGEで知られる「かぼすちゃん」のマンホール設置

ザ・サンドボックス(SAND)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ザ・サンドボックス(SAND)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す