仮想通貨交換業にフィデリティ(Fidelity)参入か

by BITTIMES   

米国の資産運用会社であるFidelity Investments(フィデリティ・インベストメンツ)が、仮想通貨取引所を構築するために人員採用に向けた取り組みを行なっていることが6月6日に明らかになりました。

フィデリティ(Fidelity)とは

Fidelity logo

フィデリティ(Fidelity)は、世界でも有数のネットワークと歴史を誇る独立系の資産運用グループです。

数兆ドルの資産を管理していると言われるFidelityは、1946年にエドワード・C・ジョンソン2世が米国のボストンに資産運用会社を創設したことによってスタートし、それから半世紀以上にわたって世界の主要なマーケットにおいて、個人投資家から機関投資家までの幅広いニーズに対応した資産運用サービスを提供しています。

仮想通貨取引事業に参入

6日にBusiness Insidergが報じた内容によると、マサチューセッツ州ボストンに本社を置くFidelityは、パブリッククラウドとプライベートクラウドの両方に仮想通貨取引所を作成して展開するためにDevOpsシステムエンジニアを探しているとのことです。

この件に詳しい匿名の人物によると、フィデリティは現在2兆4000億ドル(約264兆円)の資産を管理しており、約1年間をかけた計画に取り組んでいるとのことです。

同社はこの他にも、ビットコイン(BTC)やその他の仮想通貨のためのファーストクラスのカストディアン(資産管理)サービスを開発するスタッフも求めています。

後者は、企業の限られた仮想通貨関連サービスを扱うフィデリティデジタル資産サービス部門に属するとされています。

選ばれたクライアントは現在、CoinbaseアカウントをFidelityポートフォリオにリンクすることができ、他の投資とともにFidelityプラットフォームでの仮想通貨の保有状況を確認することができるため、この新しいサービスによってFidelityで仮想通貨を直接保有することができるようになります。

しかし現時点では、仮想通貨取引が主要なFidelityプラットフォームで利用可能になるのか、会社の傘下にある別個のエンティティとして存在するのかは明らかにされておらず、サービスがいつから開始されるかについても詳しい情報はわかっていません。

市場に与える影響

仮想通貨取引所を開始するFidelityほどの大企業は、昨年の好況にもかかわらず、依然として多くの機関に懐疑的な見方をする業界に信頼性をもたらすことに貢献すると考えられています。

Abigail Johnson(アビゲイル・ジョンソン)CEOののリーダーシップの下で、フィデリティは発展しかけている仮想通貨の資産クラスに重大な影響を与える最初の機関の1つでした。

彼女は昨年5月仮想通貨業界で行われた会議の中で「私は信者である」と語っています。

「私は今日、仮想通貨をあきらめていない大手金融サービス会社から数少ない立場に立っています。」

ジョンソン氏は、同社がいくつかの業界企業にベンチャー投資を行っており教育目的で主に設立されたとしても「実際にたくさんのお金を稼いでいる」と述べています。

同社の慈善団体は寄贈者がビットコインで寄付することもできるようにしているため年間数千万ドルの仮想通貨を収集し、2017年だけでも2200万ドル(約24億円)を集めています。

仮想通貨への評価

ここ数カ月の間では仮想通貨取引の評価が急上昇しています。
かつては不透明だった業界の数は、大規模な機関への正当性を証明するのに役立つライセンスの取得について規制当局に近づいてきました。

最近仮想通貨取引所Poloniexを買収したCircle社は、証券取引委員会(SEC)にブローカー・ディーラーおよび代替取引システム(ATS)として登録を行い、最終的に銀行ライセンスを取得する可能性があることを明らかにしました。

Coinbaseからはまだ公表されていませんが、同様の計画について議論していると伝えられています。

しかし、フィデリティのような大規模企業が仮想通貨取引事業を開始した場合には、他の金融商品とともにこの資産クラスの合法性を確固たるものにすることは間違いありません。

ビットコインなどの仮想通貨はbitbank(ビットバンク)で、日本では購入できないその他の仮想通貨などはHuobi.pro(フォビ)での購入がおすすめです。

仮想通貨取引所 bitbank の画像仮想通貨取引所bitbankの登録はこちら

仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら

(引用:businessinsider.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Cardano財団:ブランド強化に向け「McCann Dublin」と協力

Cardano財団:ブランド強化に向け「McCann Dublin」と協力

給料はビットコインで!加熱するイスラエルの求人事情

給料はビットコインで!加熱するイスラエルの求人事情

ブロックチェーンで「性的暴行・DV」の被害者を支援:Smashboard

ブロックチェーンで「性的暴行・DV」の被害者を支援:Smashboard

アルゼンチンの「自国通貨をビットコイン」に!投資家Tim Draperが大統領に直接提案

アルゼンチンの「自国通貨をビットコイン」に!投資家Tim Draperが大統領に直接提案

IOTA創業者:Trinityウォレットで盗まれた「約8.5兆MIOTA」自己資金で返済へ

IOTA創業者:Trinityウォレットで盗まれた「約8.5兆MIOTA」自己資金で返済へ

東カリブ中央銀行:ブロックチェーン活用した「独自のデジタル通貨(CBDC)」発行へ

東カリブ中央銀行:ブロックチェーン活用した「独自のデジタル通貨(CBDC)」発行へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン基盤の「分散型地図」で特許申請:自動車大手GM

ブロックチェーン基盤の「分散型地図」で特許申請:自動車大手GM

Coinbase Commerce:仮想通貨決済の処理総額「200億円」を突破

Coinbase Commerce:仮想通貨決済の処理総額「200億円」を突破

【BlockDown 2020】ブロックチェーンカンファレンス「VR空間」で4月開催へ

【BlockDown 2020】ブロックチェーンカンファレンス「VR空間」で4月開催へ

【Consensus 2020】世界最大級のブロックチェーンイベント「バーチャル空間」で開催へ

【Consensus 2020】世界最大級のブロックチェーンイベント「バーチャル空間」で開催へ

タイヤ製造大手「Goodyear」と共にブロックチェーン技術をテスト:SAIC

タイヤ製造大手「Goodyear」と共にブロックチェーン技術をテスト:SAIC

韓国銀行:中央銀行デジタル通貨テストに向けた「スケジュール」を公開

韓国銀行:中央銀行デジタル通貨テストに向けた「スケジュール」を公開

ビットコイン、抵抗線突破で「80万円台」まで回復|アルトコインも大幅上昇

ビットコイン、抵抗線突破で「80万円台」まで回復|アルトコインも大幅上昇

BINANCE「マイニングプール構築」を計画|2020年春にも公開か

BINANCE「マイニングプール構築」を計画|2020年春にも公開か

TOYOTA×NTT「スマートシティ開発」に向けた業務資本提携を発表

TOYOTA×NTT「スマートシティ開発」に向けた業務資本提携を発表

ブロックチェーンコンテンツ協会:ガイドライン第1版に関する「意見募集」開始

ブロックチェーンコンテンツ協会:ガイドライン第1版に関する「意見募集」開始

BINANCE:ビットコインでチャージできる「Visaデビットカード」発行へ

BINANCE:ビットコインでチャージできる「Visaデビットカード」発行へ

SSラツィオ:ブロックチェーンカードゲーム「Sorare」とライセンス契約

SSラツィオ:ブロックチェーンカードゲーム「Sorare」とライセンス契約

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す