ビットコイン上でトークン発行|RGBプロトコル対応「Shiro Wallet」α版リリース

by BITTIMES   

ビットコイン(BTC)関連事業に特化したテクノロジープロバイダーであるDiamond Hands(ダイヤモンドハンズ)は2023年4月28日に、ビットコイン上のスマートコントラクトプラットフォームとして注目されている"RGBプロトコル"に対応したウォレット「Shiro Wallet」のα版をリリースしたことを発表しました。

RGBプロトコル対応ウォレット「Shiro Wallet」α版公開

Diamond Hands(ダイヤモンドハンズ)は2023年4月28日に、ビットコイン上のスマートコントラクトプラットフォームとして注目されている"RGBプロトコル"に対応したウォレット「Shiro Wallet」のα版をリリースしたことを発表しました。

ダイヤモンドハンズは、ビットコイン関連事業に特化したテクノロジープロバイダーであり、過去には国内取引所とも協力しながらビットコインの少額決済などに役立つレイヤー2技術「ライトニング・ネットワーク」を活用したBTC決済などの取り組みも実施されています。

RGBプロトコルとは?

RGBプロトコルとは、2017年に考案されたビットコインのネットワーク上でスマートコントラクトを実現するプロトコルであり、送金記録やコントラクトの実行をオフチェーンのクライアント側で処理するオフチェーンスマートコントラクトプラットフォームとなっています。

この技術はライトニングネットワークの機能性も拡張することから「ライトニングネットワーク上での分散型金融サービス提供を可能にする技術」として注目されている他、「従来のスマートコントラクト技術よりもスケーラブルでプライベートなコントラクトが実現出来る技術」としても注目されています。

RGBプロトコル上のトークンはライトニングネットワーク上の送受信にも対応可能で、ライトニングの特徴である"安価で高速な送金"をRGBトークンにも活かせるのが特徴です。

先日はRGBのプロトコルスペックが大幅に改善された「ver 0.1.0」が公開されている他、RGBトークンのライトニング対応にも進捗があり、開発コミュニティも活発化してきています。

Shiro Walletとは?

Shiro WalletはWebサーバー型ウォレットであり、ウォレットの各エンドポイントを呼び出すことによって他サービスとの連携や拡張をシームレスに行えることが特徴とされています。

このウォレットは現状α版としてテストネットで公開されていますが、既に「RGBウォレットの作成・RGB上でのトークン発行・トークンの送受信」などの機能を実際に実行することが可能となっています。

今後具体的に想定されている応用例としては、以下のようなサービスやアプリケーションが挙げられています。

  • Shiro walletで発行したアセット(RGB20)とライトニングネットワーク上のBTCとのサブマリンスワップを行うサービス
  • BTCを担保としたWrapped RGB20の発行サービス

また、Shiro Walletの開発ではRGBウォレット開発者向けに公開されている「rgb-lib」が採用されているとのことで、このライブラリを使うことでRGB特有のクライアントサイドバリデーションを意識することなくウォレットの開発をすることが出来ると説明されています。

さらに、本来であればRGBでは当事者間で対話的にアセットデータの送信や検証を行う必要があるものの、rgb-libではプロキシサーバーを使うことで非同期的なアセットの送受信が可能になっているとも説明されています。

Shiro Walletのソースコードは全てDiamond Handsの公開Githubレポジトリ上で公開されており、自由に閲覧、利用することができるようになっています。

Shiro WalletはRGB上の先進的取組み

RGBプロトコルでは、ライトニングネットワーク上でのトークン利用実現に向けて現在急速に開発が進められていますが、今回の「Shiro Wallet」は世界的にも先進的な事例であると報告されています。

Diamond Handsは、RGBプロトコルを利用したビットコイン上のトークン利用やスマートコントラクト機能に注目しているとのことで、先日公開された日本市場特化型のライトニング決済ソリューション「DH Pay」への将来的な統合や、ライトニング上のステーブルコイン応用の研究開発などを検討しているとのことです。

ダイヤモンドハンズは今後の展望について公式発表の中で次のようにコメントしています。

Diamond HandsではRGBプロトコルを利用したビットコイン上のトークン発行やスマートコントラクト機能に注目しています。

Shiro Walletは研究開発を兼ねたその第一歩であり、今後RGB上でのステーブルコインの発行とライトニング上での送受信対応、RGBトークンのルーティング運用などの可能性について引き続き研究していく予定です。

Diamond Hands公式発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Google:検索エンジンに「イーサリアム:The Mergeのカウントダウン機能」追加

Google:検索エンジンに「イーサリアム:The Mergeのカウントダウン機能」追加

バックト:ビットコインが使えるVisaデビットカード「Bakkt Card」リリース

バックト:ビットコインが使えるVisaデビットカード「Bakkt Card」リリース

【抵抗線突破】NEM/XEM「5円台」まで価格回復|今後の注目ポイントは?

【抵抗線突破】NEM/XEM「5円台」まで価格回復|今後の注目ポイントは?

仮想通貨都市「AKONCITY」の詳細情報が明らかに|7つの主要地区で構成

仮想通貨都市「AKONCITY」の詳細情報が明らかに|7つの主要地区で構成

【DMM Bitcoin】レバレッジ取引に「MONA・XLM」追加へ

【DMM Bitcoin】レバレッジ取引に「MONA・XLM」追加へ

仮想通貨取引所「STREAMEX(ストリームEX)」とは?基本情報や特徴をわかりやすく解説

仮想通貨取引所「STREAMEX(ストリームEX)」とは?基本情報や特徴をわかりやすく解説

注目度の高い仮想通貨ニュース

Arkham「仮想通貨保有国のデータ集約ページ」公開|保有資産・取引履歴などを掲載

Arkham「仮想通貨保有国のデータ集約ページ」公開|保有資産・取引履歴などを掲載

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

ApeX Pro:バイナンス・フューチャー(Binance Future)Next リスティング投票開始、$APEXに対する期待値上昇

ApeX Pro:バイナンス・フューチャー(Binance Future)Next リスティング投票開始、$APEXに対する期待値上昇

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

SMOGが大手取引所MEXCに上場、話題のエアドロップ・キャンペーンはシーズン2へ

SMOGが大手取引所MEXCに上場、話題のエアドロップ・キャンペーンはシーズン2へ

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

ビットコインレイヤー2プロジェクトBEVM、1000万ドル融資を達成!完全分散化、EVM交換性を備えたソリューションの実態に迫る

ビットコインレイヤー2プロジェクトBEVM、1000万ドル融資を達成!完全分散化、EVM交換性を備えたソリューションの実態に迫る

イーサリアムOS搭載スマホ「ethOS Phone」一般向け販売開始

イーサリアムOS搭載スマホ「ethOS Phone」一般向け販売開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す