Blur:NFT担保のP2P無期限レンディングサービス「Blend」を発表

by BITTIMES

アグリゲーター機能を搭載したNFTマーケットプレイスを展開しているBlur(ブラー)は2023年5月2日に、NFTを担保としたP2P無期限レンディングプロトコル「Blur Lending(Blend)」を立ち上げたことを発表しました。

NFT担保のP2P無期限貸付プロトコル「Blend」を発表

NFTマーケットプレイスを展開しているBlur(ブラー)は2023年5月2日に、NFTを担保としたP2P無期限貸付プロトコル「Blur Lending(Blend)」を立ち上げたことを発表しました。

Blur(ブラー)とは、OpenSea・X2Y2・LoosRareといった複数のNFTマーケットプレイスで出品されているNFTを1つのプラットフォームで購入できるようにした"アグリゲーター機能"を搭載しているNFTマーケットプレイスです。

現在のDeFiよりも10倍高い利回りを実現

Blur Lending(Blend)は、Web3投資企業「Paradigm」のメンバーと共同開発されており、公式発表では『現在のDeFiプロトコルよりも10倍高い利回りを実現し、NFTの流動性を向上させることができる』と説明されています。

同サービスの利用者はNFTなどの担保を預けることによって暗号資産を借りることが可能で、オラクルへの依存関係やローンの有効期限がないため、借り入れポジションは解約されるまで無期限に継続できるとも説明されています。

公式発表ではBlurの利点について"住宅ローン"を例に説明が行われており、『一般的に100万ドルの家を買う際には10万ドルを頭金として残りを住宅ローンで支払う。この仕組みがなければほとんどの人が家を購入できないが、NFTも同様の問題に直面している。この問題の解決策が"NFTの貸出"である』と説明されています。

最初は「CryptoPunks、Azuki、Miladys」に対応

Blur Lending(Blend)が現時点で対応しているNFTコレクションとしては「CryptoPunks、Azuki、Miladys」の3つが挙げられていますが、今後も対応コレクションは追加されていく予定だと報告されています。

例えば「CryptoPunks」を保有している場合は最大42ETHを借りることが可能で、逆に「Azuki」を購入したい場合には2ETHの前払いで購入することもできるとのことです。

また、Blendを利用するユーザーには「Point」が付与される仕組みも採用されているとも報告されています。

リリース時点では手数料ゼロ

Blendは「非代替担保を預ける借り手」と「競争力のある金利を提供する貸し手」をマッチングする役割を果たすサービスとなっており、"プロトコル側は借り手と貸し手から手数料を徴収しない"とも説明されています。

ただし、Blendの手数料はBlurのガバナンストークンである「BLUR」の保有者によって管理されるため、180日後に可能となるガバナンス投票で手数料を課すことが決定された場合には、手数料が設定される可能性があるとも報告されています。

なお、Blendのソースコードは人気の分散型取引所である「Uniswap V3」のように「BSLライセンス」で作成されているとのことで、一定期間後にはオープンソース化される予定とも報告されています。

ただし、このコードの使用許可についてもBLURトークンの所有者によって決定されることになるとのことです。

Blur公式発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Synamon「Astar Network」パートナーシップ締結|メタバースでのNFT活用を中心に連携

Synamon「Astar Network」パートナーシップ締結|メタバースでのNFT活用を中心に連携

Chiliz&Socios:2年連続で「バロンドール」の公式パートナーに

Chiliz&Socios:2年連続で「バロンドール」の公式パートナーに

ポケモンGOのようなソラナ基盤ARゲーム「GG:Solana Hunger Games」が登場

ポケモンGOのようなソラナ基盤ARゲーム「GG:Solana Hunger Games」が登場

ブロックチェーンゲームの資産価値が確認できる「アセットアナライザーβ版」公開

ブロックチェーンゲームの資産価値が確認できる「アセットアナライザーβ版」公開

日本政府:政治家個人への献金「仮想通貨は規制対象外」と判断

日本政府:政治家個人への献金「仮想通貨は規制対象外」と判断

「ビットコインはまだまだこれから」SkyBridge創業者の強気なBTC価格予想

「ビットコインはまだまだこれから」SkyBridge創業者の強気なBTC価格予想

注目度の高い仮想通貨ニュース

「クレイグ・ライト氏はサトシ・ナカモトではない」英裁判官が判決

「クレイグ・ライト氏はサトシ・ナカモトではない」英裁判官が判決

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

VR・ARコイン5SCAPEの人気が上昇中、プレセールは300万ドル調達間近

VR・ARコイン5SCAPEの人気が上昇中、プレセールは300万ドル調達間近

Shibariumの新ミームコイン「DAMN」6倍以上の価格高騰を記録

Shibariumの新ミームコイン「DAMN」6倍以上の価格高騰を記録

カルダノウォレット「Lace 1.9」リリース|マルチアカウント・マルチウォレット機能を搭載

カルダノウォレット「Lace 1.9」リリース|マルチアカウント・マルチウォレット機能を搭載

イーサリアム(ETH)は有価証券に分類される?「米SECが調査中」との報告

イーサリアム(ETH)は有価証券に分類される?「米SECが調査中」との報告

ポルカドット(DOT)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ポルカドット(DOT)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

BNB Chain「最大報酬100万ドルのミームコインイベント」開催へ

BNB Chain「最大報酬100万ドルのミームコインイベント」開催へ

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す