Symbol活用のJUGGLE:施設運営のDX推進ソリューション「AIR-Plate」で技術採用

by BITTIMES   

施設運営のデジタル化を推進「AIR-Plate」

シンボル(Symbol/XYM)のブロックチェーン技術を活用したサービスを展開していることでも知られる「Opening Line」は2023年5月15日に、同社が開発する「JUGGLE」が梓総合研究所が開発する「AIR-Plate」の構成ソリューションの1つとして搭載されたことを発表しました。

JUGGLE(ジャグル)は、Symbolブロックチェーンを活用した企業間で安全・簡単にファイルを共有できるファイル送受信クラウドソリューションであり、誤送信対策として利用できる共有無効化機能、開封済みかどうかを確認できるトレーサビリティ機能、許可された端末でしかファイルを開けないようにする機能などが搭載されています。

「AIR-Plate」とは、施設運営で役立てることができるソリューションであり、梓総合研究所の公式発表では"施設運営のデジタル化を推進するBIM-FMソリューション"であると説明されています。

BIM-FMとは、建築情報モデリング(BIM)と施設管理(FM)を統合した手法やプロセスのことであり、建築プロジェクト全体の情報をまとめて管理・共有できるようにすることによって、建物の運用・保守に関する意思決定や作業を効率化できるようになっています。

「AIR-Plate」は、クラウドデータベース・ゲームエンジン・3Dスキャン・AI・暗号化・ブロックチェーン等の先端技術を結集・活用したサービスを多数搭載しているとのことで、具体的な特徴としては以下のようなものが挙げられています。

  • 直感的に操作できる3Dビューワー
  • 高度暗号化(パスワード管理不要)
  • 施設データの改ざん防止
  • タイムスタンピング
  • ノーコード技術での開発接続性の高さ
  • スマートキーへの接続
  • PC/スマホ/タブレットとの連携共有
  • ゲーム感覚で簡単・ストレスフリーな操作性を実現
  • テンプレートから始められる成長型システム
  • 無尽蔵のデータ容量で圧倒的なコストパフォーマンス
  • 安全性と信頼性を兼ね備えたブロックチェーン技術

(画像:梓総合研究所)(画像:梓総合研究所)

機密性の高いデータの保護・共有で技術活用

梓総合研究所は2023年5月12日に「AIR-Plate」を開発したことを発表していましたが、今回の発表では、このAIR-Plateの構成ソリューションの1つとして「JUGGLE」が搭載されたことが報告されています。

Opening Lineの公式発表によると、JUGGLEは「AIR-Plate上に保存された機密性の高いデータを安全に守り、共有するサービス」として活用されているとのことで、『JUGGLEはファイル共有だけでなく、他システムと連携して安全にデータを共有するカスタマイズ開発も可能』だと説明されています。

AIR-Plateでブロックチェーン技術が活用されていることは梓総合研究所の公式発表でも説明されており、『AIR-Plate™はブロックチェーン技術を導入し、施設データの改ざん防止やセキュリティ向上に効果を発揮する』との説明がなされています。

4)安全性と信頼性を兼ね備えたブロックチェーン技術
AIR-Plate™はブロックチェーン技術を導入し、施設データの改ざん防止やセキュリティ向上に効果を発揮します。データの正確性と透明性が保たれるため、運営上のリスクを最小限に抑えることが可能です。また、外部業者とのメールやクラウドでの動画・写真・テキストファイルのやり取りにもプラットフォーム上でパスワード管理を一切必要とせず、容易かつ安全に行うことができます。

なお「AIR-Plate」は製品導入前の機能を絞った試供版(無料・数量限定)を提供できる段階にあるとのことで、ベーシックな機能を搭載した顧客仕様で導入できるカスタマイズ版は2023年夏から提供予定、サブスクリプション型で提供される正式な製品版リリースは2023年11〜12月に予定していると報告されています。

シンボル(Symbol/XYM)は日本国内で人気の暗号資産・ブロックチェーンの1つとして知られていますが、最近ではSymbolの技術活用に関する報告も増えてきているため、今後の更なる技術活用などには期待が高まっています。

AIR-Plate詳細

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

英大手銀行HSBC:ビットコイン投資を理由に「MicroStrategy株の購入」を禁止

英大手銀行HSBC:ビットコイン投資を理由に「MicroStrategy株の購入」を禁止

カード型コールドウォレット「CoolWallet Pro」ソラナ(Solana/SOL)に対応

カード型コールドウォレット「CoolWallet Pro」ソラナ(Solana/SOL)に対応

モバイルゲーム業界で「Cardano/ADA」導入促進|EMURGOが韓国政府公認団体とMOU締結

モバイルゲーム業界で「Cardano/ADA」導入促進|EMURGOが韓国政府公認団体とMOU締結

Flare×Uppercent「NFT活用した教育関連のマーケットプレイス」立ち上げ

Flare×Uppercent「NFT活用した教育関連のマーケットプレイス」立ち上げ

ビットトレード:最大1.0%の日本円還元「積立プログラム」提供へ

ビットトレード:最大1.0%の日本円還元「積立プログラム」提供へ

PlanB氏「ビットコインはS2Fのモデルラインに戻る」と予想|2022年の価格は異常値

PlanB氏「ビットコインはS2Fのモデルラインに戻る」と予想|2022年の価格は異常値

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

自民党web3PT「2024年版のweb3ホワイトペーパー」公開|税制改正など様々な要望を記載

自民党web3PT「2024年版のweb3ホワイトペーパー」公開|税制改正など様々な要望を記載

ビットコイン「半減期まで残り1ヶ月」過去データを比較するレポートも公開

ビットコイン「半減期まで残り1ヶ月」過去データを比較するレポートも公開

STEPN:GMTにも交換できる「FSLポイント」をエアドロップ|対象者と注意点

STEPN:GMTにも交換できる「FSLポイント」をエアドロップ|対象者と注意点

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

ヴィタリック・ブテリン氏が求めるのは「より高品質で楽しいミームコイン」

ヴィタリック・ブテリン氏が求めるのは「より高品質で楽しいミームコイン」

マイクロストラテジーのBTC保有量「総供給量の1%」を突破|新たな買い増し報告

マイクロストラテジーのBTC保有量「総供給量の1%」を突破|新たな買い増し報告

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

Solana系で注目のミームコインSLOTH、エアドロップ型プレセールで1000万ドルを突破

Solana系で注目のミームコインSLOTH、エアドロップ型プレセールで1000万ドルを突破

仮想通貨ニュース週間まとめ「Cardano・Symbol・Shiba Inu」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「Cardano・Symbol・Shiba Inu」などの注目記事

メルカリ「ビットコイン決済でBTCが戻ってくるキャンペーン」開始

メルカリ「ビットコイン決済でBTCが戻ってくるキャンペーン」開始

価格下落が続くビットコイン、著名アナリストが注目するサポートラインは?

価格下落が続くビットコイン、著名アナリストが注目するサポートラインは?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す