大手取引所「Bithumb」脱税疑惑の調査結果が明らかに

by BITTIMES   

韓国最大の仮想通貨取引所Bithumb(ビッサム)は、不正行為の疑惑があったことなどから、約3ヶ月間に渡って立ち入り調査などを受けていました。しかし地元メディアの報道によると6月8日には脱税などの違法行為の証拠は発見されなかったことが明らかになりました。

脱税疑惑の調査結果

Bithumbは2018年1月10日の午後、事前の予告なしにソウル地方国税庁からの立ち入り調査を受けており、税務調査に必要なコンピュータや会計関連資料などを押収されています。

その後も国税庁(NTS)、金融委員会(FSC)、韓国金融情報分析院(KFIU)などといった複数の政府機関によって調査が行われたものの、脱税や違法行為などの不審な業務を行っていた証拠は見つからなかったとのことです。

違法行為の疑惑は晴れたものの、国税庁からの特別税務調査を受けたBithumbは、約300億ウォン(約30億6,070万円)の税金を追徴されています。

監査機関によると、国税庁は4月中旬にビッサムの税務調査を終了し、法人税と所得税などとしてその税金の支払いを命じたとのことです。

Bithumbの純利益は昨年の171倍

国税庁の税務調査が着手される以前に、同取引所は爆発的な仮想通貨取引の増加に支えられ、巨額な収益を創出していました。

最近公開されたBithumbの事業報告書によると、同社の昨年の売上高は3334億ウォン(約340億円)、当期純利益4272億ウォン(約436億円)を記録しています。

2016年の売上高43億ウォン(約4億3,870万円)、当期純利益25億ウォン(約2億5,500万円)だった点を勘案すれば、Bithumbは1年ぶりに売上高77倍、当期純利益171倍を達成しています。

このように急速に収益が増加したことから調査の対象となっており、NTSは同社が確実に税金を全額納付し、債権、収益、損失を適切に開示するよう求めていました。

NTSの関係者は「2014〜17年を対象にBithumbへの財務調査を複数回実施したが、ビッサムはその4年間に、NTSに抵抗することなく徴税を課された税金を全額納付し続けてきたと聞いている」と述べています。

この関係者はこれに加え「ただし、巨額の税金が追徴されたにもかかわらず、脱税容疑は発見されておらず、脱税による検察告発は行われなかった」と付け加えています。

Bithumb側の税務調査の結果に基づく通知を受けなかったと主張する同社の関係者は「税務調査が終了したが、具体的な金額は通報を受けたことがない」と伝えています。

自主規制を強化するBithumb

Bithumbは先月、『資金洗浄行為防止に関する規定』を改正しており、改正された規定に基づいて『資金洗浄の防止に非協力的な国(NCCT)』として指定されている11ヶ国すべての取引を5月28日から全面禁止すると発表しています。

資金洗浄(マネーロンダリング)の防止に非協力的な国(NCCT)とは、資金洗浄防止金融対策機構(FATF)が資金洗浄防止のための努力が足りないと指摘している国であり、北朝鮮、イラン、イラク、スリランカなどの11カ国が含まれています。

Bithumbの関係者は「仮想通貨市場組成と投資家保護のために自主的に厳格な規制を適用し、当局にも積極​​的に協力したい」と語っており、「一歩先の自主規制で世界の仮想通貨取引所の標準をリードしていく」と述べています。

コインマーケットキャップのデータによると、韓国最大の仮想通貨であるBithumbでの現在の取引量は世界で第7位となっています。

Bithumbの24時間ボリュームランキング(coinmarketcap.comから)Bithumbの24時間ボリュームランキング(coinmarketcap.comから)

その他の利用者にも厳格な規制を適用しています

(引用:etoday.co.kr

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ライトコイン財団「BitGoのマルチシグウォレット」へと移行|資金管理を簡素化

ライトコイン財団「BitGoのマルチシグウォレット」へと移行|資金管理を簡素化

Cardano・Atalaの技術活用で「ジョージア政府」とMoU締結:IOHK

Cardano・Atalaの技術活用で「ジョージア政府」とMoU締結:IOHK

仮想通貨ATMに「XRP」追加か|Ripple投資部門、業界最大手「Coinme」に出資

仮想通貨ATMに「XRP」追加か|Ripple投資部門、業界最大手「Coinme」に出資

ビットコイン流通量の70%「6ヶ月以上移動されず」半減期までガチホコースか

ビットコイン流通量の70%「6ヶ月以上移動されず」半減期までガチホコースか

ブロックチェーン活用した、初めての「不動産取引」に成功:スイス

ブロックチェーン活用した、初めての「不動産取引」に成功:スイス

Coinbase Wallet:仮想通貨を「ユーザー名だけで送金できる」新機能追加

Coinbase Wallet:仮想通貨を「ユーザー名だけで送金できる」新機能追加

注目度の高い仮想通貨ニュース

【印鑑×デジタル】ブロックチェーン押印記録システム「Iohan(イオハン)」登場

【印鑑×デジタル】ブロックチェーン押印記録システム「Iohan(イオハン)」登場

欧州連合(EU)仮想通貨関連の包括的な規制「2024年」までに導入へ

欧州連合(EU)仮想通貨関連の包括的な規制「2024年」までに導入へ

暗号資産取引所「FXcoin(FXコイン)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「FXcoin(FXコイン)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所運営会社「Diginex」米NASDAQ(ナスダック)に上場

暗号資産取引所運営会社「Diginex」米NASDAQ(ナスダック)に上場

グローバルステーブルコイン「適切な規制まで運用してはならない」G7が表明

グローバルステーブルコイン「適切な規制まで運用してはならない」G7が表明

ザイフ「Zaif時計 by フランク三浦」が当たるキャンペーン開催

ザイフ「Zaif時計 by フランク三浦」が当たるキャンペーン開催

日本銀行「一般利用型CBDC」に関する方針を公表|2021年度早期に概念実証を実施

日本銀行「一般利用型CBDC」に関する方針を公表|2021年度早期に概念実証を実施

MetaMask(メタマスク)に「トークンスワップ機能」追加|最良のレート・手数料を提供

MetaMask(メタマスク)に「トークンスワップ機能」追加|最良のレート・手数料を提供

GMOコイン:1万円分のAmazonギフト券が当たる「フォロー&リツイートキャンペーン」開始

GMOコイン:1万円分のAmazonギフト券が当たる「フォロー&リツイートキャンペーン」開始

Ripple社「米国外に本社移転」の可能性|過度な暗号資産規制を問題視

Ripple社「米国外に本社移転」の可能性|過度な暗号資産規制を問題視

ビットコイン決済を2011年に導入したレストラン&バー「ROOM 77」が閉店

ビットコイン決済を2011年に導入したレストラン&バー「ROOM 77」が閉店

【LINE Pay】家族カード発行で「LINKリワード」がもらえるキャンペーン開催

【LINE Pay】家族カード発行で「LINKリワード」がもらえるキャンペーン開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す