LINE独自の暗号資産LINK、フィンシア(FINSCHIA/FNSA)に名称変更

by BITTIMES   

【PR】本サイトはアフィリエイトプログラム・プロモーションによる収益を得ています。

LINKの名称をFINSCHIA(FNSA)に変更

LINEのグループ会社であるLINE TECH PLUS(LTP)が今年3月に設立した非営利団体「Finschia財団」は2023年5月25日に、LINE独自の暗号資産リンク(LINK/LN)の名称をフィンシア(FINSCHIA/FNSA)に変更したことを発表しました。

リンク(LINK/LN)は、Finschia財団が運営している暗号資産であり、LINEの暗号資産取引サービスである「LINE BITMAX」などに上場しています。

今回の名称変更は、2023年5月25日にLINKのメインネットアップグレードが完了したことを受けてのものであり、LINKを取り扱っていた各種サービスや取引所でも名称やティッカーシンボルが変更される予定であることが報告されています。

【変更前】
名称:リンク(LINK)
ティッカーシンボル:LN

【変更後】
名称:フィンシア(FINSCHIA)
ティッカーシンボル:FNSA

Finschiaのアップグレードについて

今回実施されたアップグレード「第2世代メインネットDaphneと第3世代メインネットFinschiaの統合」は、既存のプライベートブロックチェーンからパブリックブロックチェーンへの移行を目的として実施されています。

これは、Finschia財団がWeb3をグローバルに展開し、透明性の高いFinschiaを運用するために必要なプロセスだと説明されており、「このアップグレードを通じて、公正な報酬体系を備えたトークンエコノミー2.0を安定させ、エコシステムのすべてのメンバーが共に成長するための健全なガバナンスを確立することを目指している」と説明されています。

Finschiaメインネットへのアップグレード後に再開されるサービスとしては以下のようなものが挙げられています。

  • トークン・インフレーション
  • Finschiaメインネットでのステーキングサービス(新規ステーキング・報酬の支払い・出金など)
  • Finschiaメインネット、Daphneメインネットを利用したサービス(LINE Blockchain Explorer・LINE Blockchain Scanなど)
  • 暗号資産の売買、入出庫等

アップグレード前後の変更点

今回のアップグレードによって、トークンの名称やティッカーシンボルは変更されることになりますが、トークン残高・ウォレットアドレス・プライベートキーなどはそのまま引き継がれることになると説明されています。

アップグレード前後の各種変更点については以下のように説明されています。

ネイティプトークン(ティッカー)
変更前:LINK(LN)
変更後:FINSCHIA(FNSA)

ネイティブトークン(残高)
残高の単位はLINKからFINSCHIAに変更され、全額移行される

アドレス/プライベートキー
Finschiaメインネットに移行する前のDaphneメインネットで使用していた既存の公開鍵と秘密鍵はそのままFinschiaメインネットに引き継がれる

トークン/コレクション
Daphneメインネットで使用していたすべてのトークン/コレクション情報はFinschiaメインネットに移転され、変更なく使用できる

ステーキング
既存のFinschiaメインネットでのステーキング数量と関連情報はそのまま維持される

取引履歴
Daphneメインネットの最終状態のみがFinschiaに移行される。過去に実行されたすべての取引詳細が移行されるわけではない。(過去のDaphneメインネット取引情報は、LINE Blockchain Explorerで確認可能)

主要なチェーン機能

変更前

  • ユーザーステーキング
  • スマートコントラクト

変更後

  • ユーザーステーキング
  • スマートコントラクト
  • トークン/コレクション(FT/NFT)
  • Finschiaガバナンス(2023年2023年5〜6月中を予定)
  • IBC (Inter-blockchain communication:互いに異なるアプリチェーン間のデータ移動を検証し支援する一つのプロトコル)

記事執筆時点では多くのサイト上で「LINK/LN」の表記が使用されていますが、今後はこれらの表記も「FINSCHIA/FNSA」へと変更されていくことになると予想されるため、取引や送金を行う際などには注意が必要です。

Finschia財団

LINE BITMAXの画像 LINEの暗号資産取引サービス「LINE BITMAX」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

FTX×Visa:仮想通貨残高を使用できるデビットカード「世界40カ国」で展開へ

FTX×Visa:仮想通貨残高を使用できるデビットカード「世界40カ国」で展開へ

独自デジタル通貨で「取引効率化・経済成長促進」へ|ルワンダ中央銀行が計画

独自デジタル通貨で「取引効率化・経済成長促進」へ|ルワンダ中央銀行が計画

Twitterなどの主要SNSに「仮想通貨広告のルール厳格化」求める:欧州消費者団体

Twitterなどの主要SNSに「仮想通貨広告のルール厳格化」求める:欧州消費者団体

ブラウザ拡張機能を悪用した「ビットコインの盗難・詐欺」に要注意|Casa CEOが警告

ブラウザ拡張機能を悪用した「ビットコインの盗難・詐欺」に要注意|Casa CEOが警告

ビットコイン、下落トレンドはまだ続く?アナリストは「20万円台突入」を予想

ビットコイン、下落トレンドはまだ続く?アナリストは「20万円台突入」を予想

eBay(イーベイ)「NFT取引サービス」提供へ|基準満たしたバイヤーに販売を許可

eBay(イーベイ)「NFT取引サービス」提供へ|基準満たしたバイヤーに販売を許可

注目度の高い仮想通貨ニュース

2月の仮想通貨ニュース:ビットコイン価格推移&ミームネータープレセール413万ドル達成

2月の仮想通貨ニュース:ビットコイン価格推移&ミームネータープレセール413万ドル達成

BINANCE「インスクリプション・マーケットプレイス」公開|BRC-20などの売買・発行が可能に

BINANCE「インスクリプション・マーケットプレイス」公開|BRC-20などの売買・発行が可能に

メルカリ:買い物でBTCが使える「ビットコイン決済機能」提供開始

メルカリ:買い物でBTCが使える「ビットコイン決済機能」提供開始

第1四半期終了前に日本のペペコイン投資家の注目がミームネータープレセールに集まる

第1四半期終了前に日本のペペコイン投資家の注目がミームネータープレセールに集まる

SHIB提携のK9 Finance「$KNINEトークンのローンチ日」が判明

SHIB提携のK9 Finance「$KNINEトークンのローンチ日」が判明

名作FPSゲームを「DOGE」に刻む|DoginalsでDOOM無料版がプレイ可能に

名作FPSゲームを「DOGE」に刻む|DoginalsでDOOM無料版がプレイ可能に

2024年:コインベースVS証券取引委員会の勝敗はビットボットなどのアルトコインを高値に押し上げる?

2024年:コインベースVS証券取引委員会の勝敗はビットボットなどのアルトコインを高値に押し上げる?

Chiliz(CHZ)が「Ramper」と提携|ソーシャルログインでDApps利用などを簡素化

Chiliz(CHZ)が「Ramper」と提携|ソーシャルログインでDApps利用などを簡素化

ワールドコインの虹彩認証装置Orb「Apple風デザインの新製品」が2024年前半に登場?

ワールドコインの虹彩認証装置Orb「Apple風デザインの新製品」が2024年前半に登場?

「アルトコインは想像以上に上昇する」著名アナリストの価格予想

「アルトコインは想像以上に上昇する」著名アナリストの価格予想

ビットコインの大口保有者数「2020年強気相場以来の最高値」に到達

ビットコインの大口保有者数「2020年強気相場以来の最高値」に到達

イーサリアムL2のStarknet「STRKトークンの無料配布」実施へ|対象者・条件・請求開始日

イーサリアムL2のStarknet「STRKトークンの無料配布」実施へ|対象者・条件・請求開始日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す