dHealth Network:ブロックチェーン活用した「臓器ドナーカード」開発へ

by BITTIMES

世界初の「デジタル臓器ドナーカード」を開発

ヘルスケア分野に特化したブロックチェーンネットワークを構築している「dHealth Network」は2023年6月3日に、ブロックチェーンを基盤とした世界初の"デジタル臓器ドナーカード"を開発することを発表しました。

デジタル臓器ドナーカードの構築には、主要な臓器提供団体である「OrganX」や「Paris Transplant Group」が協力しているとのことで、ブロックチェーン技術を活用することによってカード所有者のプライバシーを保護し、いつでもどこでも必要な時にその意思決定にアクセスできるようにすることを目指していると説明されています。

🚨dHealth_Network・OrganX・Paris Transplant Groupが、デジタル臓器ドナーカードの構築に向けて協力することになりました。

OrganXとは?

OrganXは「生物医学研究と最先端のデジタルヘルス技術を組み合わせることによって臓器ケアの進歩を加速させること」を目的とする独立した多臓器ヘルステクノロジーNPO(非営利団体)です。

OrganXは「移植システムをデジタル化して、AIブロックチェーンを活用した世界初の固形臓器移植を実現すること」を目指しているとのことで、慢性臓器疾患・不全・移植の診断・治療・追跡を改善するために、多くの企業や研究プロジェクトと提携しているとも説明されています。

Paris Transplant Groupとは?

Paris Transplant Groupは、多学科メンバーからなる移植専門のチームで、免疫学者・臨床検査医・研究者・腎臓専門医・心臓専門医・神経科医・病理学者・統計学者・公衆衛生専門家などが集まっていると説明されています。

臓器提供に関する現在の問題点

dHealth財団の公式発表では「臓器提供は患者の生存や生活向上のための唯一の選択肢であるものの、臓器ドナーと待機患者の間には大きな隔たりがある」と指摘されています。

米国には10万人以上の待機患者がいるとのことですが、臓器提供者が不足していることによってそのうちの17人が毎日亡くなっていると報告されています。

通常、臓器提供をするかどうかは事前指示書や臓器提供カードで決定されるものの、今のところ大半の人はそのどちらも有していないとのことで、持っていたともしても紙媒体であることが多いため、必要な時に手に入らない可能性があるとのことです。

スイスでは「臓器ドナーカードをデジタル化する試み」が実施されたことがあるとのことですが、プライバシーの問題から中止せざるを得ない状態になったと報告されています。

ブロックチェーン技術でプライバシー保護・偽造防止

今回発表された「ブロックチェーン技術を用いた臓器ドナーカード」は、個人のプライバシーを保護しつつ、臓器提供に関する個人の意思決定にグローバルにアクセスできるようにし、その意思決定を偽造できないようにすることを目的としています。

臓器ドナーカードは、従来の医療ITシステムと並行して存在できるシンプルなデータセットになっているとのことで、このカードは標準化されていて、透明性と公平性を実現するための最初のステップになると説明されています。

ドナーカードを利用するかどうかは個々のユーザーが自分で決めることが可能で、利用する場合にはユーザー自身もメリットを得ることができるとされています。

今回発表されたデジタル臓器ドナーカードの最初のリリースは、2023年夏を予定していると報告されています。

>>dHealth関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンでAI開発を効率化「GeneFlow」β版提供開始:クーガー株式会社

ブロックチェーンでAI開発を効率化「GeneFlow」β版提供開始:クーガー株式会社

Symbol活用のNFT特化型ウォレット「NFTDriveEX」発表|様々な機能を搭載

Symbol活用のNFT特化型ウォレット「NFTDriveEX」発表|様々な機能を搭載

ラ・リーガ公式NFTコレクション「LaLiga Golazos」を発表:Dapper Labs

ラ・リーガ公式NFTコレクション「LaLiga Golazos」を発表:Dapper Labs

女優・広瀬すず「NFTデジタル・ブロマイド」発売へ|写真集の未公開カットを販売

女優・広瀬すず「NFTデジタル・ブロマイド」発売へ|写真集の未公開カットを販売

double jump.tokyo「ビットフライヤー・LINEグループ」とNFT事業で協業

double jump.tokyo「ビットフライヤー・LINEグループ」とNFT事業で協業

Cardanoウォレット数「過去1ヶ月間で50,000以上増加」今年春には400万到達か

Cardanoウォレット数「過去1ヶ月間で50,000以上増加」今年春には400万到達か

注目度の高い仮想通貨ニュース

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

ワールドコイン:虹彩認証装置Orbで「個人情報の自己管理機能」導入へ

ワールドコイン:虹彩認証装置Orbで「個人情報の自己管理機能」導入へ

「SHIBは買い」ビットコイン初期投資家ダヴィンチ・ジェレミー氏が支持

「SHIBは買い」ビットコイン初期投資家ダヴィンチ・ジェレミー氏が支持

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

エルサルバドル「ビットコイン教育資料の最新版」を公開|公立学校などでBTC教育

エルサルバドル「ビットコイン教育資料の最新版」を公開|公立学校などでBTC教育

Oasysの分散型取引所(DEX)「Tealswap V3」ローンチ|集中流動性機能を導入

Oasysの分散型取引所(DEX)「Tealswap V3」ローンチ|集中流動性機能を導入

アバランチ財団が保有する「5種類のミームコイン」が判明|コミュニティコインを支援

アバランチ財団が保有する「5種類のミームコイン」が判明|コミュニティコインを支援

仮想通貨決済のBitPay:対応銘柄を大幅拡充「利用可能なトークンリスト」も公開

仮想通貨決済のBitPay:対応銘柄を大幅拡充「利用可能なトークンリスト」も公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介NEW

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す