BINANCE「利用規約更新」の報告|上場廃止トークンが事前通知なしで変換される可能性

by BITTIMES

上場廃止後のコインは「独自判断による変換」が可能

暗号資産取引所BINANCE(バイナンス)は最近、利用規約に記載されている上場・上場廃止に関するルールを密かに更新して「上場廃止となった暗号資産をユーザーが一定期間以上保有し続けていた場合、バイナンスは対象となるトークンを独自の裁量で別のトークンに変換できる」という内容を追加したと報告されています。

この内容はバイナンス公式サイトの「Binance Terms of Use」のページに記載されており、同ページの最終更新日は記事執筆時点で「2023年6月6日」とされています。

今回報告されている内容が6月6日の更新で追加されたかどうかは不明であるものの、Twitterなどでは最新の更新で同内容が記載されたと報告されており、BINANCEの公式SNS上では今回の更新について公式発表が行われていないとも報じられています。

利用規約ページに記載されているのは以下のような内容で、『バイナンスは追加・削除・変換・修正について事前にユーザーに通知することができるが、その義務はなく、バイナンスはそのような追加・削除・変換・修正に関していかなる責任も負わない』とも記載されています。

(画像:Binance Terms of Use)(画像:Binance Terms of Use

Binanceはどのデジタル資産がプラットフォームにリストされるかを決定する独占的な権限を有しており、独自の裁量で随時プラットフォームからデジタル資産を追加または削除することができます。

お客様のバイナンスアカウントにプラットフォームに掲載されなくなったデジタル資産が一定期間以上残っていた場合、バイナンスは独自の裁量で該当するデジタル資産を異なる種類のデジタル資産に変換することができます。また、バイナンスは各デジタル資産で利用可能な注文サイズを変更することができます。

このような追加・削除・変換・修正についてバイナンスは事前にユーザーに通知することができますが、その義務はなく、バイナンスはこのような追加・削除・変換・修正に関してユーザーに対するいかなる責任も負わないものとします。

バイナンス利用者は早めに移行手続きを

バイナンスがこれまでに暗号資産を上場廃止にした際には基本的に公式発表が行なわれていましたが、今回追記された内容には『バイナンスは追加・削除・変換・修正について事前にユーザーに通知することができるがその義務はない』と記載されているため、場合によっては事前通知なしに追加・削除・変換・修正の措置が取られる可能性もあると考えられます。

実際に記載されている内容が実行された場合には「自分が保有していた暗号資産が気付かない間に別の暗号資産に変換されていた」といった問題につながる可能性もあるため注意が必要です。

ただし、自動変換されるのは「BINANCEで上場廃止された後も対象トークンが一定期間以上保有され続けていた場合」とされているため、上場廃止の措置が取られたタイミングで即座にトークンを移動/交換すれば、"知らない間にトークンが変換されていた"といった問題は避けることができると考えられます。

「Binance.com」は2023年11月30日で日本居住者向けのサービス提供を終了するため、今後は各種サービスの提供が段階的に終了する予定となっていますが、今回の件も踏まえて考えると、BINANCEでマイナーな暗号資産を保有している場合などは、早めに変換・移動の対応を行なっておく方が良いとも考えられます。

なお「Binance.com」では日本向けサービス終了後も取引履歴をダウンロードすることができるようになっているものの、1人のユーザーが1ヶ月間で取引履歴を生成できる回数は「6回まで」に制限されているため、取得しなければならない取引履歴が多い場合などは、早めに必要な作業を行なっておくことが重要です。

>>バイナンス関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【追記あり】コインチェック「ナスダック上場」の期限を1年延長

【追記あり】コインチェック「ナスダック上場」の期限を1年延長

FXcoin「ライトコイン(LTC)の現物取引」提供開始|取扱う暗号資産は3銘柄に

FXcoin「ライトコイン(LTC)の現物取引」提供開始|取扱う暗号資産は3銘柄に

過去最大級のカルダノ関連サミット「Cardano Summit 2021」9月開催へ

過去最大級のカルダノ関連サミット「Cardano Summit 2021」9月開催へ

カルダノ基盤ステーブルコイン「Djed」来週公開へ|Bitrueも上場発表

カルダノ基盤ステーブルコイン「Djed」来週公開へ|Bitrueも上場発表

SQUARE ENIX初のNFTデジタルシール「資産性ミリオンアーサー」発売日が決定

SQUARE ENIX初のNFTデジタルシール「資産性ミリオンアーサー」発売日が決定

SBIバーチャル・カレンシーズ:仮想通貨の「受取・送付サービス」を発表

SBIバーチャル・カレンシーズ:仮想通貨の「受取・送付サービス」を発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

英デジタル銀行Revolut「仮想通貨取引所」を開設|100銘柄以上を取扱い

英デジタル銀行Revolut「仮想通貨取引所」を開設|100銘柄以上を取扱い

東証上場企業メタプラネット「ビットコイン投資戦略の詳細」を発表

東証上場企業メタプラネット「ビットコイン投資戦略の詳細」を発表

米国の国家予算を「ブロックチェーン」で公開する方針:米大統領候補ケネディJr氏

米国の国家予算を「ブロックチェーン」で公開する方針:米大統領候補ケネディJr氏

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Dogeverseのプレセールが1500万ドルを調達、終了までのカウントダウンが始まる

Dogeverseのプレセールが1500万ドルを調達、終了までのカウントダウンが始まる

ビットコインが維持すべき「重要なサポートライン」著名アナリストの価格予想

ビットコインが維持すべき「重要なサポートライン」著名アナリストの価格予想

カルダノ(ADA)のエコシステムをさらに強化|EMURGOが「GSR」と提携

カルダノ(ADA)のエコシステムをさらに強化|EMURGOが「GSR」と提携

SBI VCトレード:APT・HBAR・ZPG上場記念「2つのキャンペーン」を開催

SBI VCトレード:APT・HBAR・ZPG上場記念「2つのキャンペーン」を開催

世界初VR・ARコイン5SCAPEが第一弾のゲームとなるケージ・コンクエストをローンチ!プレセールは600万ドル間近

世界初VR・ARコイン5SCAPEが第一弾のゲームとなるケージ・コンクエストをローンチ!プレセールは600万ドル間近

自動損益計算のクリプタクト「Astar zkEVM」に対応|確定申告をサポート

自動損益計算のクリプタクト「Astar zkEVM」に対応|確定申告をサポート

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

バイナンスジャパン「日本円取引ペア」を大幅拡充|4種類の仮想通貨を新規追加

バイナンスジャパン「日本円取引ペア」を大幅拡充|4種類の仮想通貨を新規追加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介NEW

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す