バイナンス:日本向けサービス終了後も「取引履歴のダウンロード」はできるのか?

by BITTIMES   

BINANCE(バイナンス)がグローバル版取引所における日本居住者向けサービスの終了を発表したことを受けて、仮想通貨コミュニティでは「サービス終了後はBinance.comにログインできなくなり、取引履歴もダウンロードできなくなる?」といった疑問の声が出ています。

「Binance.comは日本向けサービス終了後もログインできるのか?」「Binance.comでは日本向けサービス終了後も取引履歴をダウンロードできるのか?」についてバイナンスに直接問い合わせを行ったところ回答を得ることができましたので、今回の記事ではその内容を報告させていただきます。

サービス終了後もログインできるのか?

結論:日本向けサービスが終了する2023年11月30日以降もグローバル版BINANCEのアカウントにログインすることができる

「2023年11月30日以降はBinance.comにログインできなくなるのか?」という件についてBINANCEのサポートセンターに問い合わせを行ったところ、日本向けサービスが終了する2023年11月30日以降もグローバル版BINANCEのアカウントにログインすることができることがわかりました。

ただし、暗号資産現物取引などの各種サービスは前回発表されているスケジュールの日程で停止されることになるため、2023年11月30日以降にログインした場合は"引き出しのみ"が可能だと説明されています。

取引履歴のダウンロードはできるのか?

結論:日本向けサービスが終了した後も取引履歴をエクスポートすることができる

「日本向けサービス終了後も取引履歴をダウンロードできるのか?」という件についてBINANCEのサポートセンターに問い合わせを行ったところ、日本向けサービスが終了した後も取引履歴をエクスポートすることができることがわかりました。

BINANCEのグローバル版サービスでは、日本居住者向けサービスが終了する2023年11月30日以降も「ログイン・出金・取引履歴のエクスポート」などができるとのことですが、今後何らかの変更が行われる可能性もあるため、BINANCEで取引している方はできるだけ早く取引履歴をダウンロードしておくようにしましょう。

取引履歴のダウンロード方法について

BINANCEのグローバル版サービスでは、日本居住者向けサービスが終了する2023年11月30日以降も「各種取引履歴」をダウンロードすることができるとのことですが、現在Binance.comは日本語表示に対応していないため、英語表示の画面で各種操作を行う必要があります。

各種取引履歴のダウンロード方法

「Binance.comで取引履歴をダウンロードする方法」については以下のように説明されています。

  1. 「wallet」-「fiat and spot」をクリック
  2. 「transaction history」 をクリック
  3. 「Generate all statements」 をクリック
  4. 取引履歴に表示する範囲・勘定科目・コインを選択して「generate」をクリック
  5. 明細書が生成されるとSMSまたはメールでリマインダーが送信される
  6. [transaction history]-[Generate all statements]に進み、生成された明細書の横にある[download]をクリック

取引履歴ダウンロード時の注意点

なお、取引履歴の記録の生成ではサーバーのリソースを消費することになるため、1人のユーザーが生成できる回数は「月に6回まで」に制限されているとのことです。

BINANCEで頻繁に取引を行っている場合や、取引履歴のダウンロード時にミスしてしまった場合などは、ダウンロードの上限に達して全ての取引履歴がダウンロードできなくなる可能性もあるため、可能な場合は数ヶ月前から取引履歴のダウンロード作業を行っておくほうが良いと考えられます。

また、取引履歴のダウンロードリンクは7日間しか保存されないとのことでしたので、取引履歴の明細書を生成した際には、できるだけ早くダウンロードするようにしましょう。

なお、取引履歴の生成方法については「BINANCEの公式サイト(英語)」でも説明が行われています。

>>BINANCE関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

IOTA技術で「プラスチックごみのリサイクル」を推進:ドイツバイオテック協会BIOTA

IOTA技術で「プラスチックごみのリサイクル」を推進:ドイツバイオテック協会BIOTA

ビットバンク:国際規格に基づく「情報セキュリティマネジメントシステム認証」を取得

ビットバンク:国際規格に基づく「情報セキュリティマネジメントシステム認証」を取得

仮想通貨投資で用いられる「ドルコスト平均法」とは?メリット・デメリットなどを解説

仮想通貨投資で用いられる「ドルコスト平均法」とは?メリット・デメリットなどを解説

Coinbaseの「仮想通貨ETF」計画|世界最大の資産運用会社BlackRockと協力か

Coinbaseの「仮想通貨ETF」計画|世界最大の資産運用会社BlackRockと協力か

カザフスタン:暗号資産マイニングへの「15%課税」計画か

カザフスタン:暗号資産マイニングへの「15%課税」計画か

Symbol活用する「Opening Line」AIRファンド・ラックから資金調達を実施

Symbol活用する「Opening Line」AIRファンド・ラックから資金調達を実施

注目度の高い仮想通貨ニュース

Solana携帯チャプター2:MEW・MANEKIのエアドロップが「スマホ本体代」をカバー

Solana携帯チャプター2:MEW・MANEKIのエアドロップが「スマホ本体代」をカバー

「シバイヌ(SHIB)は隠れた金脈」可能性に気付いた著名アナリストの価格予想

「シバイヌ(SHIB)は隠れた金脈」可能性に気付いた著名アナリストの価格予想

米検察:BINANCE創業者CZ氏に「懲役3年」を求刑

米検察:BINANCE創業者CZ氏に「懲役3年」を求刑

フィンテックの未来が見える「Wiki Finance Expo 香港 2024」香港が再び世界の脚光を浴びる

フィンテックの未来が見える「Wiki Finance Expo 香港 2024」香港が再び世界の脚光を浴びる

TransBoden:新たなSolanaミームコイン、100%公正な方法で「$BODENX」のローンチに成功

TransBoden:新たなSolanaミームコイン、100%公正な方法で「$BODENX」のローンチに成功

【年率48%】シバイヌ(SHIB)の貸暗号資産「特別募集」開始:ビットトレード

【年率48%】シバイヌ(SHIB)の貸暗号資産「特別募集」開始:ビットトレード

SHIBの人気に便乗するエアドロップ詐欺などに要注意「The Daily Shib」が注意喚起

SHIBの人気に便乗するエアドロップ詐欺などに要注意「The Daily Shib」が注意喚起

新AIミームコインWienerAIが取引ボットAIコンパニオン機能を追加、プレセールは120万ドルへ

新AIミームコインWienerAIが取引ボットAIコンパニオン機能を追加、プレセールは120万ドルへ

コインベース:ニューヨーク州で「XRPの取引サービス」を再開

コインベース:ニューヨーク州で「XRPの取引サービス」を再開

SLOTHが161%高騰して史上最高値を更新、同様にエアドロップ型プレセールを行うSealanaも好調な流れ

SLOTHが161%高騰して史上最高値を更新、同様にエアドロップ型プレセールを行うSealanaも好調な流れ

SBI VCトレード:口座保有者限定で「HashHub Research」無料提供へ

SBI VCトレード:口座保有者限定で「HashHub Research」無料提供へ

AI取引の可能性を見出した投資家がビットボット仮想通貨プレセールに注目

AI取引の可能性を見出した投資家がビットボット仮想通貨プレセールに注目

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す