仮想通貨の99%は失敗する?米SECの規制は間違ってない?Twitter上で様々な議論

by BITTIMES   

生き残った勝者がゲームチェンジャーに

米NBAチーム「ダラス・マーベリックス」のオーナーでもある億万長者のマーク・キューバン氏は2023年6月15日に「将来的にはほとんどの仮想通貨・ブロックチェーン企業が消滅することになるだろうが、その勝者がゲームチェンジャーになるだろう」との予想を語りました。

この予想は米国証券取引委員会(SEC)の弁護士として20年以上勤務してきた経歴を持つジョン・リード・スターク氏とマーク・キューバン氏の間で交わされた討論の中で語られたものであり、両者によって投稿された一連のツイートの中では仮想通貨規制などに関する様々な話題について、友好的な形で様々なコメントが語られています。

マーク・キューバン氏は、初期のインターネット企業の大部分が破産したことを例に挙げて『ブロックチェーン企業の90%は破産し、暗号資産の99%も消滅することになる。LLM(大規模言語モデル)を活用している新興企業の99%は消滅するだろう』との予想を語っていますが、それに続ける形で『しかし勝者はゲームチェンジャーになる。それがテクノロジーの仕組みだ』とコメントしています。

スマートコントラクトの問題点について

今回投稿されたツイートの中では、イーサリアムをはじめとする様々なブロックチェーンで採用されている契約を自動執行できる技術「スマートコントラクト」についてのコメントも語られています。

スマートコントラクトは、ブロックチェーンや暗号資産を活用したサービスで日常的に利用される重要な技術の1つとなっていますが、ジョン・リード・スターク氏は『スマートコントラクトの誇大広告には重大な欠陥がある』と指摘しています。

同氏はスマートコントラクトは「スマート」でも「コントラクト」でもないと指摘しており、『スマートコントラクトを使用すれば、盗む・消す・許可なく借りる等のあらゆる行為を誰でも行うことができる』として、詐欺行為を自動化できる点について懸念を示しています。

また『スマートコントラクトには知性・信頼・プライバシーが存在せず、コードのみが存在する』とも指摘されており、「コードには欠陥やバグがある場合が多く、セイバーセキュリティとプライバシーの脆弱性が溢れていて、欺瞞・二重取引・エラーの可能性が無限にある」とも指摘されています。

このように語るスターク氏は「スマートコントラクトがハッカーの標的にされるのは当然だ」と述べており、だからこそ銀行・証券会社・クレジットカード会社・金融アプリなどの金融仲介業者は、詐欺・過失・ミスがあった場合に補償と救済を提供できるように厳しく規制されているのだと説明しています。

「仮想通貨規制の明確さ」に関する指摘について

仮想通貨業界では、米SECの取り締まりや規制に関する行動に対して「仮想通貨規制の明確さが欠如している」と批判する声が多数出ていますが、スターク氏は今回のツイートで『仮想通貨規制の明確性が欠如しているという指摘には同意できない』とも語っています。

スターク氏は「そもそも証券規制は厳密であることを意図したものではなく、広範で包括的なものになるよう起草されている」と述べており、明確さを意図的に避けて定めているということ説明しています。

同氏の説明によると、SECの証券規制は様々な種類のケースに対応できるよう"柔軟性"をもった内容で設計されているとのことで、そのような包括的な内容で規制を構築することによって、法律の抜け道を悪用した詐欺などにも対処できるようになっているとのことです。

ジョン・リード・スターク氏とマーク・キューバン氏が語り合った一連の内容は「こちらのツイート」の前後ツイートで確認することができます。

>>規制関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

国内暗号資産事業者12社「XRP保有者に対するSparkトークン付与」について共同声明

国内暗号資産事業者12社「XRP保有者に対するSparkトークン付与」について共同声明

TelegramのTON公式チャンネル「一時休止」を発表|米SECの声明後、全ての投稿を削除

TelegramのTON公式チャンネル「一時休止」を発表|米SECの声明後、全ての投稿を削除

Flare Networks:FLR配布関連提案「FIP.01」の質問・回答をまとめたFAQ公開

Flare Networks:FLR配布関連提案「FIP.01」の質問・回答をまとめたFAQ公開

ステラ開発財団「米商品先物取引委員会のグローバル市場諮問委員会」に参加

ステラ開発財団「米商品先物取引委員会のグローバル市場諮問委員会」に参加

Apple:ビットコインのホワイトペーパー「最新版のmacOS」から削除

Apple:ビットコインのホワイトペーパー「最新版のmacOS」から削除

暗号資産取引所「CoinEx」ニューヨークで営業禁止命令|米市場から撤退へ

暗号資産取引所「CoinEx」ニューヨークで営業禁止命令|米市場から撤退へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・WLD」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・WLD」などの注目記事

dHealth Networkが「COSMOS」に移行|DHPのブリッジ・移行・ステーキング方法をわかりやすく解説

dHealth Networkが「COSMOS」に移行|DHPのブリッジ・移行・ステーキング方法をわかりやすく解説

Symbol活用した分散型IDプラットフォーム構築へ「株式会社Proof of Your Life」設立

Symbol活用した分散型IDプラットフォーム構築へ「株式会社Proof of Your Life」設立

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

エルサルバドル「ビットコイン教育資料の最新版」を公開|公立学校などでBTC教育

エルサルバドル「ビットコイン教育資料の最新版」を公開|公立学校などでBTC教育

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

仮想通貨ニュース週間まとめ「Cardano・Symbol・Shiba Inu」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「Cardano・Symbol・Shiba Inu」などの注目記事

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す