Polygon「MATIC → POL」へのアップグレード提案公開|次世代トークンで複数のメリット

by BITTIMES   

Polygonの次世代トークン「POL」を発表

ポリゴン(Polygon/MATIC)の開発で知られる「Polygon Labs」は2023年7月13日に、アップグレードされたPolygonの次世代ネイティブトークン「POL」を提案するホワイトペーパーが公開されたことを発表しました。

本日「Polygon 2.0」の技術提案が発表されました。

Polygonプロトコルのアップグレードされたトークン「POL」💫

POLはPolygonエコシステムを保護・調整・成長させるために設計された次世代のネイティブトークンです。

以下のビデオでその素晴らしさをご覧ください🧵

アップグレードされた新トークン「POL」とは

POLは、Polygonのネイティブトークン「MATIC」を技術的にアップグレードした新しい仮想通貨であり、アップグレード提案の採用がコミュニティに承認された場合には、全てのMATICが1:1の割合でPOLに置き換わることになると報告されています。

Polygon Labsは「BTCは保有者がプロトコルに参加して報酬を得ることができない非生産的なトークンで、ETHはバリデータとして報酬を得られる生産的なトークンである」と説明した上で、「POLは非常に生産性が高い第3世代の暗号資産だ」と述べています。

POL保有者はETHのようにバリデータになって報酬を得ることが可能で「バリデータは複数のチェーンを検証できる」「チェーンはバリデータに複数の役割とそれに対応する報酬を提供できる」という2つの大きな改善点があると説明されています。

POLにアップグレードするメリット

また、POLはPolygonエコシステムに複数の大きな利点をもたらすとも説明されており、具体的なメリットとしては以下のようなものが挙げられています。

  • エコシステムのセキュリティ強化:高度に分散化されたPoSのバリデータプールによって、全てのPolygonチェーンにセキュリティ・回復力・信頼できる中立性をもたらすことができる
  • 無限の拡張性:POLはPolygonエコシステムの急成長や大規模採用に対応できる。これによってセキュリティを犠牲にすることなく、バリデータプールを拡張して数千のPolygonチェーンをサポートできるようになる
  • エコシステムのサポート向上:Polygonエコシステムや業界全体はまだ初期段階で、今後数年間は継続的なサポートが必要になるが、POLはそれらの活動に対して持続可能なプロトコル内のメカニズムを提供できる
  • ユーザーと開発者の摩擦を軽減:ブロックチェーンプロトコルではネットワークを使用するためにユーザーと開発者の両方がネイティブトークンを保有・ステーク・消費する必要がある。これは摩擦を引き起こし、ユーザーと開発者のエクスペリエンスを低下させるが、POLはそのような摩擦が生じないように設計されている
  • コミュニティよる管理:Polygonは分散化を重視してコミュニティによって管理されることを目的としている。そのため、POLは保有者がガバナンス権限を持てるよう、ガバナンスの枠組みで利用できるようにする必要がある

MATIC→POLへの交換方法

MATICをPOLに置き換える作業はシンプルになっているようで、アップグレード用のスマートコントラクトにMATICを送信すると、同量のPOLを自動的に受け取ることができると説明されています。

また、MATIC保有者にはPOLへのアップグレードを行うための十分な時間(例:4年以上)が与えられるとのことで、今回の提案についてコミュニティから十分な支持が得られた場合には、数ヶ月以内に移行作業が開始される可能性があるとも説明されています。

POLの詳細は今回公開された「POLホワイトペーパー」で確認することができます。

>>Polygon関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

LINE BITMAX:ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)取扱開始

LINE BITMAX:ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)取扱開始

米大統領候補のRFK Jr.氏「合計14BTCを購入したこと」が判明

米大統領候補のRFK Jr.氏「合計14BTCを購入したこと」が判明

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

Kraken:日本国内初の「米ドル・ユーロ建て仮想通貨取引ペア」を追加

Kraken:日本国内初の「米ドル・ユーロ建て仮想通貨取引ペア」を追加

暗号化技術活用したデジタルキープラットフォーム「bitkey platform」公開:ビットキー

暗号化技術活用したデジタルキープラットフォーム「bitkey platform」公開:ビットキー

バイナンス:新サービス「Binance Cloud」を発表|仮想通貨取引所立ち上げを支援

バイナンス:新サービス「Binance Cloud」を発表|仮想通貨取引所立ち上げを支援

注目度の高い仮想通貨ニュース

犬系ミームコイン「PlayDoge」先行販売で1週間で180万ドルを調達!次の注目仮想通貨となるか?

犬系ミームコイン「PlayDoge」先行販売で1週間で180万ドルを調達!次の注目仮想通貨となるか?

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

Baseブロックチェーン上で誕生した最新ミームコイン「Base Dawgz」プレセール開始後、20万ドル以上の資金調達に成功

Baseブロックチェーン上で誕生した最新ミームコイン「Base Dawgz」プレセール開始後、20万ドル以上の資金調達に成功

仮想通貨ニュース週間まとめ「XYM・XRP・ADA・ETH・SHIB・BTC」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「XYM・XRP・ADA・ETH・SHIB・BTC」などの注目記事

メタマスクでビットコイン(BTC)の保管・管理が可能に?来月中にもサポートか

メタマスクでビットコイン(BTC)の保管・管理が可能に?来月中にもサポートか

学んで稼げるLearn-to-Earn型BRC-20トークン、99Bitcoinsのプレセールが150万ドルを突破

学んで稼げるLearn-to-Earn型BRC-20トークン、99Bitcoinsのプレセールが150万ドルを突破

新たなミーム支配者の誕生?ミームネーターの成長計画

新たなミーム支配者の誕生?ミームネーターの成長計画

裁判所が「米SECの職権濫用」を指摘|仮想通貨関連訴訟で180万ドルの支払い命令

裁判所が「米SECの職権濫用」を指摘|仮想通貨関連訴訟で180万ドルの支払い命令

イーサリアム共同創設者が語る「セレブミームコインに必要なもの」

イーサリアム共同創設者が語る「セレブミームコインに必要なもの」

オーストラリア初の現物ビットコインETF「Monochrome Bitcoin ETF(IBTC)」取引開始

オーストラリア初の現物ビットコインETF「Monochrome Bitcoin ETF(IBTC)」取引開始

【続報あり】国内上場企業メタプラネット「2億5,000万円相当のビットコイン」追加購入へ

【続報あり】国内上場企業メタプラネット「2億5,000万円相当のビットコイン」追加購入へ

MAR Mining:ユーザー体験向上に向けて1億ドルの資金調達

MAR Mining:ユーザー体験向上に向けて1億ドルの資金調達

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

人気のタグから探す