Finschia財団「ガバナンス初期メンバー」を発表|ソフトバンク・LINEなどが参画

by BITTIMES   

ガバナンスモデルをコンソーシアム型に移行

フィンシア(Finschia/FNSA)を運営している「Finschia財団」は2023年7月13日に、Finschiaのガバナンスモデルをコンソーシアム型に移行することを発表し、ガバナンスに参画する初期メンバーを発表しました。

Finschia(FNSA)は、元々LINK(LN)として知られていたブロックチェーン・暗号資産であり、LINEグループ関連の各種サービスで利用されている他、暗号資産FNSAはLINEの暗号資産取引サービス「LINE BITMAX」に上場しています。

ブロックチェーンの運営方法には、特定の企業のみで運営する方法やオープンな形で運営する方法など様々なものがありますが、今回の発表では、複数のメンバーでネットワークを共同運営していく「コンソーシアム型」へと移行することが発表されています。

Finschiaのガバナンス初期メンバーは以下のような企業で構成されるとのことで、今後はパブリックブロックチェーンに向けて以下のメンバーでFinschiaメインネットを共同運営していくと説明されています。

  • ソフトバンク株式会社
  • LINE NEXT Inc.
  • LINE NEXT Corp.
  • LINE Xenesis株式会社
  • A41
  • AhnLab Blockchain Company
  • GoodGang Labs
  • Neopin、Presto Labs
  • MARBLEX

ガバナンスメンバーがFinschiaガバナンスに参加するためには、暗号資産FNSAを一定量保有する必要があるとのことで、これはFinschia財団がFNSAをFinschiaガバナンスメンバーに貸出・委任しない方針によるものだとされています。

ソフトバンクは以前から複数のブロックチェーン関連プロジェクトに関与していましたが、今回の発表では、ソフトバンクが同社のグローバルネットワークとFinschiaを活用したWeb3ビジネスを準備していることも報告されています。

なお、Finschiaのガバナンスメンバーは今後も拡大される予定で、エコシステムに貢献し、共に成長できるパートナーを継続的に迎え入れ、徐々に多くのパートナーとメインネットを一緒に運営する計画だと説明されています。

ノード運用変更などの報告も

今回の発表では、コンソーシアム体制への移行に伴い、ノード運用の変更と関連ガイドラインを発表したことも報告されています。

FNSAステーキングサービスを利用していたユーザーは、サービスを続けるために「LINE Blockchain Scan」または「DOSI Vaultモバイルアプリ」を通じて、保有しているFNSAを再デリゲートする必要があるとのことです。

Finschia財団は「複数のパートナーと協力的な取り組みを促進することで、Finschia財団に参加する機会や貢献行為が出来る様々な機会を提供する」と述べており、Fisnchiaの定着やFNSAの日常利用を目指して、安定的かつ体系的なトークンエコノミーを運営していくとコメントしています。

>>Finschia関連の最新記事はこちら

Finschia財団発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Cardano(ADA)が仮想通貨ウォレット「Ethos Universal Wallet」で保管可能に

Cardano(ADA)が仮想通貨ウォレット「Ethos Universal Wallet」で保管可能に

Libra協会から携帯電話大手「Vodafone」が離脱

Libra協会から携帯電話大手「Vodafone」が離脱

Zaif:トロン(Tron/TRX)の取扱開始スケジュールを発表

Zaif:トロン(Tron/TRX)の取扱開始スケジュールを発表

コインチェック:The SandboxのLAND「414個」追加販売へ|2022年11月17日から

コインチェック:The SandboxのLAND「414個」追加販売へ|2022年11月17日から

Facebook・Instagram両方で「NFTの投稿・共有」が可能に|複数のブロックチェーンに対応

Facebook・Instagram両方で「NFTの投稿・共有」が可能に|複数のブロックチェーンに対応

Bitget:CEXでは初となる「現物市場でのコピートレード」開始

Bitget:CEXでは初となる「現物市場でのコピートレード」開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコイン「バブル崩壊」は近い?暴落予想を的中させたベテラントレーダーが警告

ビットコイン「バブル崩壊」は近い?暴落予想を的中させたベテラントレーダーが警告

BlastUPプレセール、投資ブームが最後の2週間に突入

BlastUPプレセール、投資ブームが最後の2週間に突入

クラウドマイニングとは?MAR Miningで1日1,000ドルを稼ぐ方法

クラウドマイニングとは?MAR Miningで1日1,000ドルを稼ぐ方法

BRICSの仮想通貨発行で米ドルが暴落する?ロバート・キヨサキ氏が警告

BRICSの仮想通貨発行で米ドルが暴落する?ロバート・キヨサキ氏が警告

Pepeの高騰でミームコインの復活が期待、マルチチェーンのDOGEVERSEはプレセール最終段階へ

Pepeの高騰でミームコインの復活が期待、マルチチェーンのDOGEVERSEはプレセール最終段階へ

ビットポイント:ソラナ(Solana/SOL)取扱開始|記念キャンペーンも開催

ビットポイント:ソラナ(Solana/SOL)取扱開始|記念キャンペーンも開催

KARRATプロトコルが始動:ゲーム、エンターテイメント、AIイノベーションの新時代を切り拓き、ハリウッドと提携

KARRATプロトコルが始動:ゲーム、エンターテイメント、AIイノベーションの新時代を切り拓き、ハリウッドと提携

香港証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」が正式上場

香港証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」が正式上場

仮想通貨ニュース週間まとめ「エアドロップ情報・アナリストの価格予想」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「エアドロップ情報・アナリストの価格予想」など

GMEの価格が3684%高騰してミームコインへの期待が高まる、Ethereumの最新プロジェクトWienerAIは180万ドルを調達

GMEの価格が3684%高騰してミームコインへの期待が高まる、Ethereumの最新プロジェクトWienerAIは180万ドルを調達

人気沸騰中のSolana系プレセールに最新ミームコインSEALANAが登場!飛び込むクジラが続出して数分で10万ドル超え

人気沸騰中のSolana系プレセールに最新ミームコインSEALANAが登場!飛び込むクジラが続出して数分で10万ドル超え

JPYCをデジタルカーボンクレジット決済に活用|三菱UFJ信託銀行など5社が共同検討開始

JPYCをデジタルカーボンクレジット決済に活用|三菱UFJ信託銀行など5社が共同検討開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す