米麻薬取締局:仮想通貨を「詐欺師」に誤送金|アドレスポイズニング詐欺の餌食に

by BITTIMES

55,000ドル相当のUSDTを「詐欺師」に送金

米麻薬取締局(DEA)が仮想通貨業界で有名なアドレスポイズニング詐欺(ゼロ送金攻撃)に騙され、3年間の捜査で押収した55,000ドル(約800万円)相当の仮想通貨を別の詐欺師に誤って送金してしまったことが「Forbes」の報道で明らかになりました。

アドレスポイズニング詐欺(ゼロ送金攻撃)とは、、標的となるウォレットアドレスに類似したアドレスを作成して、標的アドレスに少額の仮想通貨を送金し、被害者の誤送金を狙って仮想通貨を盗み取るという手法の詐欺行為です。

仮想通貨ウォレットでは、長い文字列のアドレスが「0x0000...0000」といったように省略される場合が多いため、詐欺師はこの時に表示される"最初と最後の文字列だけ"が標的アドレスと同じのアドレスを生成することによって誤送金を狙っています。

この詐欺手法は以前から報告されているもので、今月3日にはBINANCEのCEOから注意喚起も行われていましたが、今回は米麻薬取締局がこの詐欺に引っかかってしまったことが報じられています。

詐欺師の手口とその後の動向

Forbesの報道によると、米麻薬取締局(DEA)のウォレットを監視していた詐欺師は、DEAが米連邦保安官局に少額のUSDTをテスト送金したことに気づいた後に、そのアドレスの偽アドレスを作成したと報告されています。

その後、詐欺師はこの偽アドレスからDEAのアドレスに少額のトークンを送金したため、偽アドレスを"米連邦保安官局のアドレス"だと誤解した担当者がコピー&ペーストで偽アドレスにUSDTを送金してしまったと伝えられています。

米連邦保安官局からの報告で誤送金に気付いたDEAは、Tether社に連絡して偽アカウントの凍結を依頼したとのことですが、Tether関係者は「資金はすでになくなった」と述べたとのことです。

DEAとFBIはその後の調査で「盗まれた資金がBTCETHに変換された上で新しいウォレットに移動された」と判断、該当ウォレットの所有者は特定できていなかったものの、BINANCEの2つのアカウントが詐欺師のガス代を支払っていることがわかったとされています。

これらのBINANCEアカウントは、サインアップで2つのGmailアドレスを使用していたため、現在はGoogleが何らかの個人識別情報を入手していることが期待されていると報告されています。

アドレスポイズニング詐欺は「仮想通貨に詳しい人でも騙される可能性がある詐欺」として注意喚起されているため、仮想通貨を送金する場合には"送金先アドレスが間違っていないか"をしっかりと確認するよう注意が必要です。

>>詐欺関連の最新記事はこちら

Forbes報道

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE:暗号資産Visaデビットカード「Swipe」を買収|決済分野での普及狙う

BINANCE:暗号資産Visaデビットカード「Swipe」を買収|決済分野での普及狙う

Liquid:暗号資産の出金手数料方式を「変動型出庫手数料」に変更

Liquid:暗号資産の出金手数料方式を「変動型出庫手数料」に変更

災害現場での信頼性検証システムで「Symbol」の技術活用:関西テレビソフトウェア

災害現場での信頼性検証システムで「Symbol」の技術活用:関西テレビソフトウェア

コインベースに続き「仮想通貨決済対応Visaカード」発行:米取引所CoinZoom

コインベースに続き「仮想通貨決済対応Visaカード」発行:米取引所CoinZoom

Three Arrows Capital:ビットコイン価格下落でポジション強制清算か=報道

Three Arrows Capital:ビットコイン価格下落でポジション強制清算か=報道

次世代マイニング事業者SKYHASH(スカイハッシュ)が提供する世界最高のマイニングプラットフォーム「SKY-NET」とは?

次世代マイニング事業者SKYHASH(スカイハッシュ)が提供する世界最高のマイニングプラットフォーム「SKY-NET」とは?

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・WLD」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・WLD」などの注目記事

SMOGが第1回目のエアドロップを実施、シーズン1では8回に渡ってトークンを配布予定

SMOGが第1回目のエアドロップを実施、シーズン1では8回に渡ってトークンを配布予定

米金融大手も「現物ビットコインETF」を保有|JPモルガン、ウェルズ・ファーゴの保有銘柄

米金融大手も「現物ビットコインETF」を保有|JPモルガン、ウェルズ・ファーゴの保有銘柄

コインチェック:LSK保有者に対するKLYトークン(Klayr)エアドロップの対応方針を発表

コインチェック:LSK保有者に対するKLYトークン(Klayr)エアドロップの対応方針を発表

カルダノのオープンソース開発を推進「PRAGMA」設立|dcSpark・Sundae Labsなども参加

カルダノのオープンソース開発を推進「PRAGMA」設立|dcSpark・Sundae Labsなども参加

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

99BTCのプレセールが100万ドル達成、成長する教育コイン分野でトップを目指す

99BTCのプレセールが100万ドル達成、成長する教育コイン分野でトップを目指す

コンビニ決済で「JPYC」が利用可能に?電算システムと業務提携

コンビニ決済で「JPYC」が利用可能に?電算システムと業務提携

AI取引の可能性を見出した投資家がビットボット仮想通貨プレセールに注目

AI取引の可能性を見出した投資家がビットボット仮想通貨プレセールに注目

アナリストたちがLearn-To-Earnトークンである99BTCの今後に期待、プレセールはまもなく100万ドル突破へ

アナリストたちがLearn-To-Earnトークンである99BTCの今後に期待、プレセールはまもなく100万ドル突破へ

人工知能×ブロックチェーン「Animechain.ai」のライトペーパー公開|独自トークン・AIRAも発行予定

人工知能×ブロックチェーン「Animechain.ai」のライトペーパー公開|独自トークン・AIRAも発行予定

より優れた仮想通貨投資とは:2024年のバナナガンとビットボット

より優れた仮想通貨投資とは:2024年のバナナガンとビットボット

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す