シバイヌチーム:Shibarium基盤の「WBONE」発表|100万トランザクション達成の報告も

by BITTIMES   

Shibarium基盤の「WBONE」が登場

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)チームは2023年9月3日に、シバイヌのL2「Shibarium」を基盤としたラップドトークンである「Wrapped BONE(WBONE)」を発表しました。

ラップドトークンとは、特定のトークンと同じ価値を持つように設計された異なるブロックチェーン・トークン規格のトークンのことであり、仮想通貨業界では「WBTC・WETH」などといった様々なラップドトークンが流通しています。

Wrapped BONE(WBONE)は、Shibariumを基盤にしたバージョンのBONEのことであり、BONEをWBONEに変換することによって、様々な分散型金融(DeFi)分散型取引所(DEX)とシームレスに連携することができると説明されています。

Shiba InuのマーケティングメンバーであるLUCIE氏は2023年9月3日の投稿で「WBONE」について以下のように説明しており、『WBONEは他のDEXにも作成される可能性があるが、SHIB開発チームが提供するものは近日中に発表される予定』と報告しています。

WBONEは「Wrapped BONE」の略であり、Shibarium基盤のトークンです。WBONEはShibariumネットワークのスマートコントラクトや分散型アプリケーション(DApps)と互換性のある標準化された形式の(BONE)を表します。

WBONEは、Shibariumネットワーク上の他トークンやDAppsとBONEの互換性を高めるために使用されます。

BONEをWBONEに変換することによって、標準化された形式のトークンを必要とするさまざまなDeFi(分散型金融)プロトコルや分散型取引所(DEX)とシームレスに連携できます。

注意:WBONEは他のDEXによって作成される可能性もありますが、SHIB開発チームが提供するものは近日中に発表される予定です。

SHIB公式ブログでも複数の報告

2023年9月3日には、SHIB開発者のKaal Dhairya氏によってSHIB公式ブログも更新されています。

今回の更新では「Shibariumの接続ウォレット数が100万を突破したこと」や「100万トランザクションを達成したこと」が報告されています。

また、以前の投稿で報告されていた「BlockScoutエクスプローラーのホスト型バージョン」が「Shibariumscan」で利用できるようになったことも報告されています。

これによって、専任プロトコルチームはネットワークのアップグレードに集中できるようになったとのことで、近い将来には「Shibarium上で構築されたプロジェクト」に関する取り組みも推進し始めると説明されています。

ただし「コントラクトが検証されていない場合にはプロジェクト展開を推進することができない」とも説明されており、「必ずBlockScoutのコントラクト確認システムを利用するように」との注意書きもなされています。

さらに「USDT・USDC・DAI・WBTC・XFUND」などといった複数のトークンをブリッジにマッピングしたことも報告、その他多くのトークンをShibariumにブリッジできるよう多数のサードパーティブリッジと協力しているとも報告されています。

また「今週中にはBONEのコントラクトを放棄する予定である」とも報告されている他、「ネットワークにさらに多くのバリデータを追加する予定」とも伝えられています。

Shibariumの正式稼働以降は、外部サービスでもShibariumのサポート発表が続いているため、今後はShibariumの本格的な技術活用が進んでいくことになると期待されます。

>>シバイヌ関連の最新記事はこちら

SHIB公式ブログ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Coinbase「PayPal(ペイパル)を用いた仮想通貨購入機能」を追加

Coinbase「PayPal(ペイパル)を用いた仮想通貨購入機能」を追加

旅行予約大手Expedia:ビットコイン還元アプリ「Lolli」と提携

旅行予約大手Expedia:ビットコイン還元アプリ「Lolli」と提携

ロシア国営電力会社:ブロックチェーン基盤の「電気料金支払いシステム」をテスト

ロシア国営電力会社:ブロックチェーン基盤の「電気料金支払いシステム」をテスト

2024年の半減期後、ビットコインはいくらになる?米Pantera Capitalの価格予想

2024年の半減期後、ビットコインはいくらになる?米Pantera Capitalの価格予想

ロシア・プーチン大統領:核抑止部隊に「高い警戒態勢への移行」を命令|仮想通貨価格も反応

ロシア・プーチン大統領:核抑止部隊に「高い警戒態勢への移行」を命令|仮想通貨価格も反応

前澤友作氏の「MZDAO」新規メンバー募集へ|クレジットカード無しでも参加可能に

前澤友作氏の「MZDAO」新規メンバー募集へ|クレジットカード無しでも参加可能に

注目度の高い仮想通貨ニュース

マクドナルド:シンガポールで「独自メタバース」展開|NFT保有者には特典も

マクドナルド:シンガポールで「独自メタバース」展開|NFT保有者には特典も

クラウドマイニングとは?MAR Miningで1日1,000ドルを稼ぐ方法

クラウドマイニングとは?MAR Miningで1日1,000ドルを稼ぐ方法

IEO予定のBrilliantcrypto「つるはしNFTのINO」コインチェックで実施へ

IEO予定のBrilliantcrypto「つるはしNFTのINO」コインチェックで実施へ

【年率100%】ソラナ(SOL)の「貸して増やすキャンペーン」開始:ビットポイント

【年率100%】ソラナ(SOL)の「貸して増やすキャンペーン」開始:ビットポイント

ソラナ・スポットETFとピギー・バンクスター(PIGS)は成長の可能性を秘めている?

ソラナ・スポットETFとピギー・バンクスター(PIGS)は成長の可能性を秘めている?

PEPEの上昇が緩やかになる一方でBOMEは価格抵抗に挑む:Rebel Satoshiは新世代のミームコインか?

PEPEの上昇が緩やかになる一方でBOMEは価格抵抗に挑む:Rebel Satoshiは新世代のミームコインか?

GMEの価格が3684%高騰してミームコインへの期待が高まる、Ethereumの最新プロジェクトWienerAIは180万ドルを調達

GMEの価格が3684%高騰してミームコインへの期待が高まる、Ethereumの最新プロジェクトWienerAIは180万ドルを調達

トランプ前大統領「ライトニングネットワーク経由のビットコイン寄付」受付開始

トランプ前大統領「ライトニングネットワーク経由のビットコイン寄付」受付開始

ビットレンディング:金連動型暗号資産キンカゴールド(Kinka Gold/XNK)取扱開始

ビットレンディング:金連動型暗号資産キンカゴールド(Kinka Gold/XNK)取扱開始

Rakuten NFT:2次流通できる「NFTチケット」販売開始|不正転売にも対処

Rakuten NFT:2次流通できる「NFTチケット」販売開始|不正転売にも対処

世界初VR・ARコイン5SCAPEが第一弾のゲームとなるケージ・コンクエストをローンチ!プレセールは600万ドル間近

世界初VR・ARコイン5SCAPEが第一弾のゲームとなるケージ・コンクエストをローンチ!プレセールは600万ドル間近

ドナルド・トランプ氏は「アメリカ初の仮想通貨大統領」元CFTC委員長

ドナルド・トランプ氏は「アメリカ初の仮想通貨大統領」元CFTC委員長

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

人気のタグから探す