BINANCE:モロッコ大地震の被災者に「300万ドル相当のBNB」を寄付

by BITTIMES

地震被害を受けたユーザーにBNBを無料配布

暗号資産取引所BINANCE(バイナンス)は2023年9月12日に、9月8日に発生したモロッコの大地震で被害を受けた地域に住むユーザーに対して最大300万ドル(約4億4,000万円)相当のBNBを無料配布することを発表しました。

BNBの無料配布は住所証明のデータに基づいて実施されており、今回の地震で最も大きな影響を受けたマラケシュのサフィ地方に居住していて、2023年9月9日までに住所証明手続きを完了していたユーザーには「100ドル相当のBNB」が寄付されると説明されています。

また、住所証明を完了していないユーザーにも配布を行うために、9月30日までに住所証明を完了したユーザーには「25ドル相当のBNB」を付与するとも説明されています。

さらに、地震の影響を受けていない場合でも、モロッコに居住しているアクティブユーザーは「10ドル相当のBNB」を受け取る資格があるとされています。

今回の無料配布でBNBを受け取るユーザーは約7万人にのぼると推定されており、配布されるBNBは2023年9月12日から対象者に届き始めると説明されています。

緊急時の送金に役立つ仮想通貨

BINANCEは公式発表の中で「自然災害の影響で医療品や食料などの必需品を賄うための資金が必要になった時に、従来の銀行サービスが利用できなくなることがよくある」と述べています。

このように語るバイナンスは緊急時の送金手段として仮想通貨が優れていることを説明しており、「仮想通貨を使えば迅速かつ低コストに、国境を超えた透明性のある取引を行うことができるため、現在は被災者の経済的援助などでますます仮想通貨が使用されるようになっている」と説明しています。

BINANCEの創設者兼CEOであるチャンポン・ジャオ(CZ)氏は、今回の寄付について次のようにコメントしています。

今回の地震はモロッコの人々に壊滅的な影響を与えました。被災された方々を少しでも支援できれば幸いです。

今回の寄付を受け取った地震の影響を受けていない方は、特に困っている方々に今回寄付された資金を渡すようお願いいたします。

一般寄付用のアドレスも公開

Binance Charity(バイナンスチャリティー)は今回の地震を受けて、一般の人々が暗号資産をモロッコの被災者に寄付できるようにするための「一般寄付用アドレス」も公開しています。

このアドレス宛てに寄付された暗号資産は、全額がNGO(近日中に名前を発表)に寄付されるとのことで、寄付は以下のような暗号資産で受け付けられています。

バイナンスは以前から世界各地で発生している災害などへの寄付キャンペーンを実施しており、2018年には「西日本豪雨災害への寄付」を実施、2020年には「日本の新型コロナ対策支援」も行っています。

>>BINANCE関連の最新記事はこちら

BINANCE発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

シカゴ・マーカンタイル取引所「マイクロビットコイン先物(MBT)」提供開始

シカゴ・マーカンタイル取引所「マイクロビットコイン先物(MBT)」提供開始

暗号資産デリバティブ大手「Bybit」中国のIPアドレス関連アカウント停止へ

暗号資産デリバティブ大手「Bybit」中国のIPアドレス関連アカウント停止へ

新規口座開設+購入で「10,000円相当のNIDT」が当たるキャンペーン開始:コインブック

新規口座開設+購入で「10,000円相当のNIDT」が当たるキャンペーン開始:コインブック

BlackRockの現物ETF承認に関する誤報でビットコイン価格急騰|米SECからのコメントも

BlackRockの現物ETF承認に関する誤報でビットコイン価格急騰|米SECからのコメントも

仮想通貨・ビットコインのドキュメンタリー映画「Cryptopia」公開

仮想通貨・ビットコインのドキュメンタリー映画「Cryptopia」公開

MicroStrategyのマイケル・セイラー氏に「巨額の脱税容疑」米ワシントン司法長官が提訴

MicroStrategyのマイケル・セイラー氏に「巨額の脱税容疑」米ワシントン司法長官が提訴

注目度の高い仮想通貨ニュース

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

新しい仮想通貨Dogecoin20がプレセールを開始、初日で25万ドルを調達して市場から大きな期待

新しい仮想通貨Dogecoin20がプレセールを開始、初日で25万ドルを調達して市場から大きな期待

OKCoinJapan「MKR・APE」取扱いへ|お得なキャンペーンも開催中

OKCoinJapan「MKR・APE」取扱いへ|お得なキャンペーンも開催中

Bitcoin Dogsが1150万ドル以上を調達|プレセール終了まで24時間を切る

Bitcoin Dogsが1150万ドル以上を調達|プレセール終了まで24時間を切る

CoinCodex「2024年5月のSHIB価格高騰」を予測

CoinCodex「2024年5月のSHIB価格高騰」を予測

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

ApeX Pro:バイナンス・フューチャー(Binance Future)Next リスティング投票開始、$APEXに対する期待値上昇

ApeX Pro:バイナンス・フューチャー(Binance Future)Next リスティング投票開始、$APEXに対する期待値上昇

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

カルダノ(ADA)GitHubの開発活動ランキングで「圧倒的1位」を記録

カルダノ(ADA)GitHubの開発活動ランキングで「圧倒的1位」を記録

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介NEW

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す