イーサリアムL2「Astar zkEVM Powered by Polygon」登場|懸念の声に対する説明も

by BITTIMES   

新ブロックチェーン「Astar zkEVM」を発表

アスターネットワーク(Astar Network/ASTR)の開発を主導する「Stake Technologies」は2023年9月13日に、Astar Networkの新ブロックチェーン「Astar zkEVM Powered by Polygon(Astar zkEVM)」を発表しました。

Astar zkEVMは、以前から告知されていた過去最大級のアップデート「Supernova」の構想の取り組みであり、ポリゴン(MATIC)の開発で知られる「Polygon Labs」との協業を通じて、日本からWeb3事業の先進事例を創出していくために、信頼されるチェーンを展開していくと説明されています。

Astar zkEVMとは?

Astar zkEVMは、ゼロ知識証明と呼ばれる技術を活用したチェーン開発キット「Polygon CDK」を用いて開発されたAstar Networkの新ブロックチェーンとなります。

この新ブロックチェーンは、Astar Networkが提供してきた相互運用性に加えて、高度な処理能力・拡張性・安全性を備えていると説明されています。

ゼロ知識証明(zk Proof)とは、機密情報を明かすことなく特定の事柄を証明できる技術のことであり、自分が秘密の情報を知っていることをその情報を明かさずに相手に証明できる技術となっています。

Astar zkEVMは、ブロックチェーン最大規模のユーザーを有する「イーサリアム」のレイヤー2となるブロックチェーンであり、EVM環境と同等のEVM等価性を保持しているとされています。

また、Astar zkEVMはグローバル展開されている様々なWeb3ツールでサポートされ、ガスレストランザクションやアカウントアブストラクションなどマスアダプションに向けたソリューションが提供されていく予定とも説明されています。

なお、今回の新チェーン登場によって、Astar Networkでは「Astar powered by Polkadot」と「Astar zkEVM powered by Polygon」が共存することになりますが、Astar Networkのファウンダーである渡辺創太氏は、トークンはASTRのみであるため希薄化することはないと説明しています(Astsr zkEVMのガス代はETHになる予定)。

Astar zkEVMの可能性と懸念に対する説明

Astarは、2022年1月に「Polkadotのパラチェーン」としてローンチされた日本発のパブリックブロックチェーンですが、Astar zkEVMは「EthereumのL2チェーン」であるため、エコシステムの拡大につながると期待されています。

イーサリアムは世界中で広く活用されているブロックチェーンであり、既に様々な分散型アプリケーション(DApps)がイーサリアム上で展開されているため、今後はEVMに準拠したDAppsが「Astar zkEVM」に移行してくる可能性もあると期待されています。

なお、Astar zkEVMについては「ASTRの希薄化・トークンエコノミクス・ポルカドットとの関係性」などに関する疑問や懸念の声があがっていますが、渡辺創太氏は13日のX投稿でこれについて以下のような説明を行なっています。

ASTRの希薄化について

今までもこの先もAstarにおいてトークンは$ASTR一つであり希薄化はしません。なので僕が一つの会社を辞めて次の会社を始めるという例は不適切です。なぜなら新株を発行するわけでもなく、違う株を発行する(違い会社を作るわけではないからです。むしろその真逆です。)

トークンエコノミクスについて

まず、Ethereum L2をローンチしたらかなりの数のTier1プロジェクトがAstarエコシステムに参加してくることになると思います。Ethereum L2でもASTRはもちろん使われるのでAstar PoSからAstar zkEVMにトークンが移行された時点でそれはLockされたASTRになります。

ASTRの価値を考える上でユーティリティが大事でありTier1のプロジェクトは我々のエコシステムの拡大とユーティリティ増加に直結します。また、Ethereum L2の手数料はAstar Foundationに入るのでそれを用いて買い戻しやコミュニティのために使います。

Astsr zkEVMの手数料をETHにする予定なのはもう二つ理由があります。

一つ目はETHを持っていればAstarが使えるので圧倒的にAstarが使いやすくなります。次にバイナンスを始めとする取引所はローンチしたら無料で黙ってサポートしてくれるわけではありません。全取引所いれると数億円の費用が発生するでしょう。これを避けました。

ポルカドットとの関係性について

Ethereum L2を作るのはPolkadotを捨てたわけではないです。

EthereumにはEthereumの良いところがあるしPolkadotにはPolkadotの良いところがあります。僕はいまインターネットを繋ぐときにどのネットワークに繋ぐか気にしてないように将来的にはどのブロックチェーンを使っても同じにらなっていく未来をみてます。

なので短期的にこのネットワークに繋いでないとか新しいネットワークを作ったとかではなく、我々起業家はいかにユーザーに使ってもらえるか、いかに社会をいい方向に向かせられるかにこだわるべきです。

なお、今後はゲーム・IPコンテンツ・金融・ロジスティクス・小売事業など各事業領域のトッププレイヤーとの連携・協業を強化して、Astar zkEVMが"日本市場で最も信頼されるチェーン"となることを目指した取り組みを進めていくと報告されています。

>>Astar関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産取引所FXcoin「システムトレードのシグナル配信サービス」開始

暗号資産取引所FXcoin「システムトレードのシグナル配信サービス」開始

ビットコインが「セブンイレブン」などのコンビニ・薬局で購入可能に:米LibertyX

ビットコインが「セブンイレブン」などのコンビニ・薬局で購入可能に:米LibertyX

Chiliz&Socios:2年連続で「バロンドール」の公式パートナーに

Chiliz&Socios:2年連続で「バロンドール」の公式パートナーに

Web3時代の新たなPR活動を推進「Support to Earn(S2E)」を発表:フィナンシェ × Where Verse

Web3時代の新たなPR活動を推進「Support to Earn(S2E)」を発表:フィナンシェ × Where Verse

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

Rocketize:ステラのように本物のユーティリティを備えた、ドージコインのライバルとなる仮想通貨プロジェクト

Rocketize:ステラのように本物のユーティリティを備えた、ドージコインのライバルとなる仮想通貨プロジェクト

注目度の高い仮想通貨ニュース

米SEC、仮想通貨投資アプリ「ロビンフッド」に証券法違反の警告

米SEC、仮想通貨投資アプリ「ロビンフッド」に証券法違反の警告

Dogeverseのプレセールが1500万ドルを調達、終了までのカウントダウンが始まる

Dogeverseのプレセールが1500万ドルを調達、終了までのカウントダウンが始まる

SBI VCトレード:APT・HBAR・ZPG上場記念「2つのキャンペーン」を開催

SBI VCトレード:APT・HBAR・ZPG上場記念「2つのキャンペーン」を開催

DFINITY Foundationがインターネットコンピュータ上の分散型グローバルアクセラレーションプラットフォームであるOlympusを発表

DFINITY Foundationがインターネットコンピュータ上の分散型グローバルアクセラレーションプラットフォームであるOlympusを発表

フィンテックの未来が見える「Wiki Finance Expo 香港 2024」香港が再び世界の脚光を浴びる

フィンテックの未来が見える「Wiki Finance Expo 香港 2024」香港が再び世界の脚光を浴びる

カルダノ基盤の分散型取引所「SundaeSwap v3」リリース|指値注文でステーキング報酬も

カルダノ基盤の分散型取引所「SundaeSwap v3」リリース|指値注文でステーキング報酬も

米検察:BINANCE創業者CZ氏に「懲役3年」を求刑

米検察:BINANCE創業者CZ氏に「懲役3年」を求刑

GMEの価格が3684%高騰してミームコインへの期待が高まる、Ethereumの最新プロジェクトWienerAIは180万ドルを調達

GMEの価格が3684%高騰してミームコインへの期待が高まる、Ethereumの最新プロジェクトWienerAIは180万ドルを調達

ビットコイン保有事業者が増加する?Square「店舗売上のBTC自動変換機能」を提供

ビットコイン保有事業者が増加する?Square「店舗売上のBTC自動変換機能」を提供

ビットボットがICOを開催中|飛躍の可能性に投資家の注目が集まる

ビットボットがICOを開催中|飛躍の可能性に投資家の注目が集まる

バイナンスジャパン「MASK・CYBER」取扱いへ|サイバーコネクトは国内初上場

バイナンスジャパン「MASK・CYBER」取扱いへ|サイバーコネクトは国内初上場

Shibariumがさらに高速&低コストに?5月2日に「大型アップグレード」を予定

Shibariumがさらに高速&低コストに?5月2日に「大型アップグレード」を予定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す