Arbitrum Japan「日本市場」で展開開始|日本国内における技術採用を推進

by BITTIMES

日本における企業利用やコミュニティ拡大を全面支援

Fracton Ventures株式会社は2023年9月29日に、Arbitrum Foundationとの戦略的事業提携を通じて「Arbitrum Japan」を日本市場で展開することを発表しました。

Arbitrum Japanは、日本初のWeb3特化型インキュベーターである「Fracton Ventures」が展開するとのことで、Arbitrumの企業利用から一般ユーザーのコミュニティ拡大までを全面支援すると説明されています。

具体的には「Arbitrum Foundation」と共同で以下のような多角的な活動が実施される予定で、日本市場でArbitrumエコシステムを迅速に展開してコミュニティ形成を促進し、日本国内におけるブロックチェーン技術の普及と成熟をさらに推進するとされています。

戦略的事業開発とエコシステム構築

Arbitrumの高度なスケーラビリティとセキュリティ機能を活かし、日系企業や行政の新規事業開発が可能となる。

Fracton Venturesは、日本市場でのArbitrumエコシステムの成長を促進するとともに、金融・エンターテインメントなど、日本独自のIPやアセットを活用した事業展開をサポートする。

これにより、Web2/Web3企業との協業を含め、多様な分野でのビジネス開発を目指す。

教育とコミュニティ支援

「Arbitrum Foundation」と「Fracton Ventures」は、技術的教育コンテンツの拡充に注力し、開発者コミュニティを増強する方針。これによって、Arbitrumエコシステムにおけるテクノロジーの理解と採用が促進される。

さらに、関係者に対して直接質問できるAMA(Ask Me Anything)のセッションやハッカソンの開催を通じて、コミュニティの活性化とスキル向上を目指す。特に「大学アンバサダーの活動強化」と「コミュニティマネージャーの採用」も加速する計画。

Arbitrumアンバサダープログラム

Arbitrumの認知拡大に向けた取り組みで協力できるアンバサダーを募集。現在のアンバサダープログラムは大学生・学生コミュニティのみが対象となっているが、今後はより多くの方を対象に拡大する予定。

アンバサダーは主にArbitrumについての情報発信・勉強会・ワークショップなどを企画することになるため、Arbitrumエコシステムに深く入ることができる貴重な機会となる。

Arbitrum(ARB)とは?

アービトラム(Arbitrum/ARB)とは、高速かつ低コストな取引環境を実現するイーサリアムのレイヤー2スケーリングソリューションであり、Web3アプリの使用・スマートコントラクトの展開など様々なことを行うことが可能です。

Arbitrumはイーサリアムの外で複数の取引をまとめて処理し、そのデータを圧縮してメインチェーンに投稿する「オプティミズムロールアップ」と呼ばれる技術を使用しているため、通常かかる高額なコストを分散してエンドユーザーの費用を軽減できる仕組みとなっています。

イーサリアムが1秒あたりに処理できるトランザクションは14件ほどとされていますが、アービトラムは最大毎秒40,000件のトランザクションを処理することが可能で、トランザクションも約2セントほどで実行できると報告されています。

なお、Arbitrumのガバナンストークンである「ARB」は日本の暗号資産取引所である「OKCoinJapan」にも上場しています。

>>日本関連の最新記事はこちら

Fracton Ventures発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

億万長者のマーク・キューバン氏「約1.28億円相当の暗号資産」盗まれる|被害の原因は?

億万長者のマーク・キューバン氏「約1.28億円相当の暗号資産」盗まれる|被害の原因は?

トンガ王国「ビットコインの法定通貨化」に関する法案、2022年秋に提出へ

トンガ王国「ビットコインの法定通貨化」に関する法案、2022年秋に提出へ

スターバックス:Polygon・NFT活用の新サービス「Starbucks Odyssey」を発表

スターバックス:Polygon・NFT活用の新サービス「Starbucks Odyssey」を発表

シバイヌ(SHIB)新たなL2ネットワーク「Shibarium」の概要を発表

シバイヌ(SHIB)新たなL2ネットワーク「Shibarium」の概要を発表

金融庁・日経新聞:ブロックチェーンサミット「BG2C、FIN/SUM BB」の再延期を決定

金融庁・日経新聞:ブロックチェーンサミット「BG2C、FIN/SUM BB」の再延期を決定

ブロックチェーン技術で「電力システム改革」分散型エネルギー管理で供給を合理化

ブロックチェーン技術で「電力システム改革」分散型エネルギー管理で供給を合理化

注目度の高い仮想通貨ニュース

Cardano分散委任ツールの「Atrium」2024年第3四半期にメインネット公開予定

Cardano分散委任ツールの「Atrium」2024年第3四半期にメインネット公開予定

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

NIDTの利用機会がさらに広がる?「今後のスケジュール・Web3施策」発表:オーバース

NIDTの利用機会がさらに広がる?「今後のスケジュール・Web3施策」発表:オーバース

Flare基盤DEXのBlazeSwap:Sceptreの「sFLRトークン」をサポート

Flare基盤DEXのBlazeSwap:Sceptreの「sFLRトークン」をサポート

バイデン大統領:米SECによる仮想通貨の会計規則「SAB 121」の撤回を拒否

バイデン大統領:米SECによる仮想通貨の会計規則「SAB 121」の撤回を拒否

リップル社:米ドル連動ステーブルコイン「Ripple USD(RLUSD)」今年後半ローンチへ

リップル社:米ドル連動ステーブルコイン「Ripple USD(RLUSD)」今年後半ローンチへ

マスターカード:仮想通貨の送受信を簡素化する「Crypto Credential」提供開始

マスターカード:仮想通貨の送受信を簡素化する「Crypto Credential」提供開始

ソラナDEX:Drift Protocol(DRIFT)エアドロップ請求可能に|Coinbaseにも上場予定

ソラナDEX:Drift Protocol(DRIFT)エアドロップ請求可能に|Coinbaseにも上場予定

シバイヌ初期投資家はまだまだ強気?クジラが「約13億円相当のSHIB」購入

シバイヌ初期投資家はまだまだ強気?クジラが「約13億円相当のSHIB」購入

Space and Time:1秒未満のZK証明システムをオープンライセンスでリリース

Space and Time:1秒未満のZK証明システムをオープンライセンスでリリース

Flare初の流動性ステーキングプロトコル「Sceptre」プライベートベータ版が稼働

Flare初の流動性ステーキングプロトコル「Sceptre」プライベートベータ版が稼働

メタプラネットのビットコイン戦略が成功|Rebel Satoshi(RECQ)は他のプレセール機会を上回る?

メタプラネットのビットコイン戦略が成功|Rebel Satoshi(RECQ)は他のプレセール機会を上回る?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

人気のタグから探す