トレザー「Trezor Safe 3」や「Keep Metal」など3つの新商品を発表

by BITTIMES

Trezor(トレザー)は2023年10月12日に「Trezor Safe 3」「Trezor Keep Metal」「Trezor Safe 3 Bitcoin only」と呼ばれる3つの新製品を発表しました。

【PR】本サイトはアフィリエイトプログラム・プロモーションによる収益を得ています。

Trezorが「3つの新製品」を発表

ハードウェアウォレットを製造・販売しているTrezor(トレザー)は2023年10月12日に、「Trezor Safe 3、Trezor Keep Metal、Trezor Safe 3 Bitcoin only」と呼ばれる3つの新製品を発表しました。

Trezor(トレザー)は、暗号資産をより安全に保管・管理できるハードウェアウォレットを展開している大手メーカーであり、「Trezor One」や「Trezor Model T」と呼ばれる2種類のハードウェアウォレットを展開しています。

今回発表された新製品は「新しいハードウェアウォレット」と「リカバリーシード記録用アイテム」となっており、Trezor Safe 3 Bitcoin onlyは「10周年を記念した限定デバイス」となっています。

Trezor Safe 3

Trezor Safe 3は、新しいデザインを採用してセキュリティも強化した手頃な価格の新しいハードウェアウォレットです。このウォレットは7,000種類以上の暗号資産をサポートしており、4種類のカラーバリエーションが展開されています。

セキュリティ面では、内部情報が不正に読み取り・改ざんされるのを防ぐ"耐タンパー性"のハードウェアコンポーネントである「セキュアエレメント」を導入することによって安全性を強化、物理的な攻撃に対する追加の保護も提供しています。

このデバイスは、仮想通貨の購入・売却・交換などといった様々な機能を搭載しているTrezorのデスクトップアプリ「Trezor Suite」にも対応していて、ビットコインやイーサリアムなどを含めた7,000種類以上のコインをサポートしています。

販売価格は79ドル(約12,000円)で、カラーは「ソーラーゴールド、ステラシルバー、ギャラクティックローズ、コズミックブラック」の4色が用意されています。

Trezor Keep Metal

Trezor Keep Metalとは、自分の仮想通貨ウォレットを復元する際に使用する非常に重要な英単語のフレーズ「リカバリーシード(復元フレーズ)」を安全に保管するための金属製の商品です。

この商品は、各復元フレーズの英単語に該当する箇所に穴を開けて復元フレーズを記録する仕組みを採用している他、航空宇宙業界で使用されるレベルのステンレス鋼などで耐久性を強化することによって、腐食・火災・水・酸・衝撃などに耐えられる保護環境を実現しています。

仮想通貨業界で以前から利用されていた「アルファベットが刻印された金属板を専用の板に挿入するリカバリーシード記録アイテム」では、"金属板がバラバラになってわからなくなる"という問題が発生する可能性がありますが、Keep Metalは穴を開ける方式を採用しているため、そのような心配がありません。

また、Trezor Keep Metalの内部には「紙に記録したリカバリーシード」を入れることも可能で、それら全体を耐久性・耐食性・防水性を備えた金属製の筒で保護することによって、長期的に安全にリカバリーシードを保管できるようにしています。

Trezor Keep Metalは「12単語」と「24単語」のリカバリーシードを保管するのに使用することが可能で、販売価格は99ドル(約15,000円)となっています。

Trezor Safe 3 Bitcoin only

Trezor Safe 3 Bitcoin onlyは、Trezorのハードウェアウォレット展開10周年を記念して作成された限定版の「Trezor Safe 3」モデルです。

この商品はビットコイン専用のファームウェアのみを実行するハードウェアウォレットで「ビットコインオレンジ」のカラーが用意されています。

Trezor Safe 3 Bitcoin onlyは、2013台限定で販売される予定で、販売価格は79ドル(約12,000円)とされています。

>>Trezor関連の最新記事はこちら

TREZORの画像 TREZORの日本正規販売店はこちら

Trezor発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

FTX Japan:顧客資産「年内の出金再開」に向けて準備=報道

FTX Japan:顧客資産「年内の出金再開」に向けて準備=報道

アディダス:NFTデジタルアート共創プロジェクト「RESIDENCY by adidas」始動

アディダス:NFTデジタルアート共創プロジェクト「RESIDENCY by adidas」始動

コインチェック:iOSアプリに「ホーム画面へのウィジェット配置機能」追加

コインチェック:iOSアプリに「ホーム画面へのウィジェット配置機能」追加

韓国大手投資会社NXC:暗号資産取引所「Bithumb(ビッサム)」買収へ

韓国大手投資会社NXC:暗号資産取引所「Bithumb(ビッサム)」買収へ

長期保有が逆効果に?仮想通貨プロジェクトの「死亡原因」LONGHASHが調査報告

長期保有が逆効果に?仮想通貨プロジェクトの「死亡原因」LONGHASHが調査報告

コロンビア最古の商業銀行「暗号資産の取引・入出金サービス」などをテスト

コロンビア最古の商業銀行「暗号資産の取引・入出金サービス」などをテスト

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコイン:次の強気相場のピークはいつ?15万ドルに向けた価格上昇予想

ビットコイン:次の強気相場のピークはいつ?15万ドルに向けた価格上昇予想

ブラジル最大手銀行:仮想通貨取引サービスを「全ユーザー」に開放

ブラジル最大手銀行:仮想通貨取引サービスを「全ユーザー」に開放

仮想通貨のステーキング関連で今後「大事件」が起こる?ベテラントレーダーが警告

仮想通貨のステーキング関連で今後「大事件」が起こる?ベテラントレーダーが警告

AI取引の可能性を見出した投資家がビットボット仮想通貨プレセールに注目

AI取引の可能性を見出した投資家がビットボット仮想通貨プレセールに注目

IEO予定のBrilliantcrypto「つるはしNFTのINO」コインチェックで実施へ

IEO予定のBrilliantcrypto「つるはしNFTのINO」コインチェックで実施へ

ビットボットがICOを開催中|飛躍の可能性に投資家の注目が集まる

ビットボットがICOを開催中|飛躍の可能性に投資家の注目が集まる

シバイヌ初期投資家はまだまだ強気?クジラが「約13億円相当のSHIB」購入

シバイヌ初期投資家はまだまだ強気?クジラが「約13億円相当のSHIB」購入

Flare Network初の米ドルステーブルコイン「USDX」登場|保有者には利回りも

Flare Network初の米ドルステーブルコイン「USDX」登場|保有者には利回りも

ビットコインピザの日記念「BTCがもらえる口座開設キャンペーン」開始:ビットポイント

ビットコインピザの日記念「BTCがもらえる口座開設キャンペーン」開始:ビットポイント

Flare基盤DEXのBlazeSwap:Sceptreの「sFLRトークン」をサポート

Flare基盤DEXのBlazeSwap:Sceptreの「sFLRトークン」をサポート

Baseブロックチェーン上で誕生した最新ミームコイン「Base Dawgz」プレセール開始後、20万ドル以上の資金調達に成功

Baseブロックチェーン上で誕生した最新ミームコイン「Base Dawgz」プレセール開始後、20万ドル以上の資金調達に成功

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

人気のタグから探す