Poloniexハッキングで「1億ドル相当以上の仮想通貨」が流出|資産凍結・報奨金の報告も

by BITTIMES

合計1億ドル相当以上の暗号資産が流出

暗号資産取引所Poloniex(ポロニエックス)が2023年11月10日にハッキングに遭い、1億ドル(約150億円)相当以上の仮想通貨が盗み出されたことが明らかになりました。

今回のハッキングで盗まれた仮想通貨の詳細については明らかにされておらず、当初の報告では約6,000万ドル(約90億円)相当の被害と推定されていたものの、その後の報告では1億ドル相当以上の仮想通貨が流出したと伝えられています。

盗まれた暗号資産はビットコインイーサリアムトロンのブロックチェーン上で発行されているトークンで、PeckShieldは推定損失額について以下のように報告しています。

Poloniexのハッキングによる損失は、主に3つのチェーンで1億2,500万ドル(5,600万ドル相当のETH、4,800万ドル相当のTRX、1,800万ドル相当のBTC)と推定されています。

なお、今回のハッキングで仮想通貨が盗まれた理由については「秘密鍵の漏洩が原因である可能性がある」との報告もなされています。

一部資産の凍結に成功|全額補償を予定

今回のハッキングでは150億円相当以上の仮想通貨が盗まれたと報告されているものの、Poloniexは2023年11月10日21:30頃の投稿で「ハッキング事件については現在調査中だが、財務状況に問題はなく、影響を受けた資金は全額補償する」と説明を行っています。

また、2019年にPoloniexを買収したジャスティン・サン氏は、11日の投稿で「Poloniexチームは、ハッカーのアドレスに関連する資産の一部を特定し、凍結することに成功した」と報告しています。

Poloniexチームは、ハッカーのアドレスに関連する資産の一部を特定し、凍結することに成功しました。今のところ、発生した損失は補填可能な範囲内にあるため、Poloniexの営業利益でこれらの損失を補うことができます。

さらに、チームはPoloniexのシステムを復旧させて関連する証拠を保存しました。今後数日間でポロニエックスにおける入出金サービスを徐々に再開し、100%のセキュリティを確保するために熱心に取り組んでいきます。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

ハッカーに対する報奨金の提案も

Poloniexで発生したハッキングでは正体不明のハッカーによって仮想通貨が盗み出されていますが、ジャスティン・サン氏はこの事件の犯人に対して「盗んだ仮想通貨を返還すれば、5%のホワイトハット報奨金を提供する」との提案を行なっています。

ジャスティン・サン氏の提案は「7日以内に盗んだETH・TRX・BTCを返却すれば、その資産の5%を報奨金としてハッカーに提供する」というものであり、「7日以内に返金されなかった場合には法執行機関が介入することになる」との警告も行われています。

Poloniexのハッカーに5%のホワイトハット報奨金を提供します。以下のETH/TRX/BTCウォレットに資金を返金してください。法執行機関の介入前にこの提案を検討するための機関として7日間の猶予を与えます。

ETHウォレット:
0x176F3DAb24a159341c0509bB36B833E7fdd0a132

TRX:
TUgSgCQL6pMSy9zByn4sgxqrJa95sZExBG

BTC:
14XKsv8tT6tt8P8mfDQZgNF8wtN5erNu5D

同様の提案は今年9月にHTX(旧:Huobi)でハッキング事件が発生した際にも行われており、HTXのケースでは「提案後にハッカーから資金が返金されたこと」が報告されています。

なお、Poloniexのハッキング事件後も仮想通貨価格の大きな下落は見られておらず、トロン(TRX)に関しては事件発生前のタイミングで価格が急騰、過去24時間の価格上昇率は5%となっています。

>>取引所関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

オンラインショップの表示価格「BTC/Satoshi」に自動換算|ブラウザ拡張機能リリース

オンラインショップの表示価格「BTC/Satoshi」に自動換算|ブラウザ拡張機能リリース

LINE BITMAX「PayPay連携サービス」提供開始|暗号資産の購入方法・出金方法も

LINE BITMAX「PayPay連携サービス」提供開始|暗号資産の購入方法・出金方法も

暗号資産取引所「FTX Global」の使い方ガイド|各種サービスの概要・利用方法も解説

暗号資産取引所「FTX Global」の使い方ガイド|各種サービスの概要・利用方法も解説

Tron CEOに対する「不信感」高まる|パーティ参加報道に続き「買収費用未払い」疑惑も

Tron CEOに対する「不信感」高まる|パーティ参加報道に続き「買収費用未払い」疑惑も

コインチェック:国内初のIEO「Palette Token(PLT)の購入申込み」受付開始

コインチェック:国内初のIEO「Palette Token(PLT)の購入申込み」受付開始

Zofuku:仮想通貨決済対応の「不動産売買仲介サービス」開始|BTC・ETH・DOTなど

Zofuku:仮想通貨決済対応の「不動産売買仲介サービス」開始|BTC・ETH・DOTなど

注目度の高い仮想通貨ニュース

ToncoinとPEPEは上昇トレンドを維持し、Rebel Satoshi($RECQ)のプレセールは注目プロジェクトとして急上昇

ToncoinとPEPEは上昇トレンドを維持し、Rebel Satoshi($RECQ)のプレセールは注目プロジェクトとして急上昇

Rakuten NFT:2次流通できる「NFTチケット」販売開始|不正転売にも対処

Rakuten NFT:2次流通できる「NFTチケット」販売開始|不正転売にも対処

MAR Mining:ユーザー体験向上に向けて1億ドルの資金調達

MAR Mining:ユーザー体験向上に向けて1億ドルの資金調達

ドナルド・トランプ氏は「アメリカ初の仮想通貨大統領」元CFTC委員長

ドナルド・トランプ氏は「アメリカ初の仮想通貨大統領」元CFTC委員長

メタプラネットのビットコイン戦略が成功|Rebel Satoshi(RECQ)は他のプレセール機会を上回る?

メタプラネットのビットコイン戦略が成功|Rebel Satoshi(RECQ)は他のプレセール機会を上回る?

SOL系の最新アザラシコインSealana、プレセールは6月26日に終了

SOL系の最新アザラシコインSealana、プレセールは6月26日に終了

バイナンスジャパン「MASK・CYBER」取扱いへ|サイバーコネクトは国内初上場

バイナンスジャパン「MASK・CYBER」取扱いへ|サイバーコネクトは国内初上場

ソラナ・スポットETFとピギー・バンクスター(PIGS)は成長の可能性を秘めている?

ソラナ・スポットETFとピギー・バンクスター(PIGS)は成長の可能性を秘めている?

BTC価格の高値更新が予想される中、ビットボットの成長に期待が集まる

BTC価格の高値更新が予想される中、ビットボットの成長に期待が集まる

関東財務局:暗号資産取引所コインベストに行政処分「IEO業務の停止・改善」を命令

関東財務局:暗号資産取引所コインベストに行政処分「IEO業務の停止・改善」を命令

2024年度は「仮想通貨の税制改正・レバレッジ倍率改定」を重視:日本ブロックチェーン協会

2024年度は「仮想通貨の税制改正・レバレッジ倍率改定」を重視:日本ブロックチェーン協会

【続報あり】国内上場企業メタプラネット「2億5,000万円相当のビットコイン」追加購入へ

【続報あり】国内上場企業メタプラネット「2億5,000万円相当のビットコイン」追加購入へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

人気のタグから探す