【速報】bitflyerが新規ユーザーの受け入れ停止|本人確認などの徹底を急ぐ

by BITTIMES   

仮想通貨取引所ビットフライヤー(bitflyer)は金融庁による業務改善命令を受けて、新規の顧客の受け入れを停止して経営体制の改善に徹底して取り組む方針を固めました。

ビットフライヤーマネーロンダリング対策などの内部管理体制が不十分だとして、22日の午前に金融庁から業務改善命令を受けました。これを受けたビットフライヤーは、当面は新規の顧客の受け入れを停止して経営体制の改善を急ぐという異例の方針を固めました。

NHKニュースよると、ビットフライヤーは行政処分を受けたことを重くみて、当面の間は新規の顧客の受け入れを自主的に取りやめ、本人確認の徹底などの経営体制の改善を急ぐ方針を固めたとのことです。

すでに200万人を超えている既存のユーザーによる仮想通貨取引は引き続き継続されるものの、新規ユーザーからの登録は現在の問題が落ち着くまでは受け入れられないこととなります。

今回の件についてビットフライヤーは「現時点ではお答えできない」とコメントしています。

金融庁は19日、bitFlyerを含めた複数の仮想通貨取引所に対して改正資金決済法に基づく業務改善命令を出す方針を発表していました。対象となっているのはいずれも金融庁の審査を通過した登録業者で、内部管理体制に不備があると判断されています。

今回の業務改善命令は、
・bitFlyer(ビットフライヤー)
bitbank(ビットバンク)
Techbureau(テックビューロ)
GMOコイン
・QUOINEX(コインエクスチェンジ)
などのような大手取引所複数社が対象となっています。

今後も対象となっている仮想通貨取引所からの新たな発表があることも予想されるため、新規登録を予定している方などは早めに登録しておいた方がいいでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Coinbase Pro「CRV・STORJ・ANKR」の上場を発表|STORJ価格は100%以上高騰

Coinbase Pro「CRV・STORJ・ANKR」の上場を発表|STORJ価格は100%以上高騰

BINANCE:アイエグゼック(iExec RLC/RLC)の「永久先物取引」提供へ

BINANCE:アイエグゼック(iExec RLC/RLC)の「永久先物取引」提供へ

ビットバンク「Bitcoin Cash ABC(BCHA)相当額の日本円付与」を完了

ビットバンク「Bitcoin Cash ABC(BCHA)相当額の日本円付与」を完了

Symbol/NEMコア開発者のHatchet氏「7月に東京来日」大阪カンファレンスも予定

Symbol/NEMコア開発者のHatchet氏「7月に東京来日」大阪カンファレンスも予定

日本仮想通貨取引所への「DASH上場」に向けて|Japanチームが活動資金を調達

日本仮想通貨取引所への「DASH上場」に向けて|Japanチームが活動資金を調達

OKCoinJapan:ドージコイン(DOGE)取扱いへ|取扱う暗号資産は合計35種類に

OKCoinJapan:ドージコイン(DOGE)取扱いへ|取扱う暗号資産は合計35種類に

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説