Instagram・TikTokなどで仮想通貨を簡単送金「Coinbase Wallet」が新サービス発表

by BITTIMES

リンク共有で仮想通貨を簡単・無料送金

米国の大手暗号資産取引所Coinbase(コインベース)は2023年12月6日に、WhatsApp・iMessage・Telegram・Facebook・Snapchat・TikTok・Instagram・Eメールなどを通じて、簡単に無料で仮想通貨を送金できる新サービスを発表しました。

このサービスを利用すればリンクを送信できる様々な通信アプリで仮想通貨を無料送金できるとのことで、コインベースが提供している仮想通貨ウォレットアプリ「Coinbase Wallet」を通じて同サービスを利用できると報告されています。

なお「Coinbase Wallet」のアプリは日本を含めた170カ国以上で提供されていますが、今回発表された新機能は「Coinbase Walletをダウンロードできる170カ国以上で利用できる」と伝えられています。(Coinbase Walletダウンロードページ

具体的には「送金金額を入力し、リンクを送信する通信するアプリを選択する」という簡単な作業でリンクを通じて送金することが可能で、受信者が共有リンクをクリックすると「Coinbase Wallet」で資金を受け取ることになると報告されています。

また「仮想通貨送金後2週間以内に請求が行われなかった場合には、資金が自動的に送金者に返還される」とも説明されています。

リンクを送信できればどこにでも送金できます。

簡単に。 即座に。 無料で。

コインベースは今回の新サービスのメリットについて「一般的な送金方法では複雑なルーティング番号や銀行口座番号が必要で、高額な手数料もかかり、送金可能になるまでに最長5営業日待たなければならない場合もあるが、Coinbase Walletを利用すればリンクを使って好きなメッセージアプリ・ソーシャルアプリで手数料無料の即時送金を行うことができる」と説明しています。

>>ウォレット関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

2025年の金・銀・ビットコイン価格はいくらになる?ロバート・キヨサキ氏が質問に回答

2025年の金・銀・ビットコイン価格はいくらになる?ロバート・キヨサキ氏が質問に回答

Liquid by QUOINE「暗号資産流出事件の詳細」を発表|被害総額は100億円以上に

Liquid by QUOINE「暗号資産流出事件の詳細」を発表|被害総額は100億円以上に

暗号資産取引所FTX:レバレッジ取引の上限を「20倍」に引き下げ

暗号資産取引所FTX:レバレッジ取引の上限を「20倍」に引き下げ

SBI×三井住友FG:デジタル証券扱う「大阪デジタルエクスチェンジ」設立へ【国内初】

SBI×三井住友FG:デジタル証券扱う「大阪デジタルエクスチェンジ」設立へ【国内初】

フィナンシェトークン(FNCT)「ガバナンス機能」提供開始|ステーキングで誰でも参加可能

フィナンシェトークン(FNCT)「ガバナンス機能」提供開始|ステーキングで誰でも参加可能

ビットコイン保有の著名CEO「現在も強気姿勢を維持」イーロン・マスク氏も売る予定なし

ビットコイン保有の著名CEO「現在も強気姿勢を維持」イーロン・マスク氏も売る予定なし

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説