ビットバンク子会社、GameFiスカラーマッチングサービス「FiKNOTS」リリース

by BITTIMES

スカラーシップ制度のマッチングサービス公開

ビットバンクは2023年12月11日に、同社の子会社である「ビットバンクエンターテインメント株式会社」がGameFiにおけるスカラーシップ制度のマッチングサービスである「FiKNOTS(ファイノッツ)」をリリースしたことを発表しました。

スカラーシップ制度とは、ブロックチェーンゲームをプレイするために必要となるNFTの貸出を可能にする制度であり、NFTを保有している人(マネージャー)とNFTを借りたい人(スカラー)を結びつけて、獲得した報酬を分け合う仕組みとなっています。

この制度を利用することによって、マネージャーはNFTを貸し出して報酬獲得することができるようになり、スカラーは借りたNFTを利用してブロックチェーンゲームをプレイすることが可能となります。

FiKNOTS(ファイノッツ)とは?

(画像:FiKNOTS)(画像:FiKNOTS)

FiKNOTS(ファイノッツ)は、ブロックチェーンゲームで「NFTを保有している人」と「NFTを借りたい人」を結び付けるマッチングサービスとなっており、マネージャーとスカラーに対して効率的なマッチングを提供し、その実績の可視化・蓄積をサポートすると説明されています。

ファイノッツは記事執筆時点で「日本語・英語・ポルトガル語・スペイン語」の4ヶ国語に対応していて、スカラーシップ制度の礎を築いた代表的なブロックチェーンゲームである「Axie infinity」のNFTがサポートされています。

サービス開始時点でサポートされているゲームは「Axie infinity」のみとなっているものの、今後は対応ゲームを拡充する他、より多くの国や地域のユーザーにサービス提供できるよう機能拡充も続けていくと説明されています。

なお、暗号資産取引所ビットバンクでは、Axie infinityのトークンである「AXS」も売買することが可能となっています。

>>FiKNOTSの公式サイトはこちら
>>ゲーム関連の最新記事はこちら

ビットバンク発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

韓国の裁判所:Terra(LUNA)関連資産「1,200億ウォン相当」を凍結=報道

韓国の裁判所:Terra(LUNA)関連資産「1,200億ウォン相当」を凍結=報道

ビットフライヤー「ETHPoWトークンへの対応方針」を発表

ビットフライヤー「ETHPoWトークンへの対応方針」を発表

FXトレーダーが次々と仮想通貨に参入する理由と仮想通貨トレードの魅力

FXトレーダーが次々と仮想通貨に参入する理由と仮想通貨トレードの魅力

TOMO KOIZUMI:コインチェックのメタバース都市「Oasis」と連携

TOMO KOIZUMI:コインチェックのメタバース都市「Oasis」と連携

BINANCE:暗号資産「FUEL・ARN・LUN」の取扱い終了へ|保有者は交換・出金の対応を

BINANCE:暗号資産「FUEL・ARN・LUN」の取扱い終了へ|保有者は交換・出金の対応を

DMMビットコイン「ローラさん出演の新テレビCM」放送へ|全4パターンを作成

DMMビットコイン「ローラさん出演の新テレビCM」放送へ|全4パターンを作成

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説