プレセールで数百万ドルを調達した今注目の仮想通貨はこの2つ!

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

Meme Kombat(MK、ミームコンバット)とSponge V2(SPONGE、スポンジ)は、プレセールで数百万ドルの資金を調達しました。投資家は大きな値上がりを期待して、これら2つの仮想通貨に注目しています。

また、投資家はこのトレンドの背景にある要因を理解することの重要性を強調しています。

今回は、これら2つのプロジェクトの特徴や詳細と、プレセールに関してご説明します。2024年が始まり、皆さんのポートフォリオを見直す際に、ぜひ参考にしてみてください。

ユニークなビジネスモデルで期待されるMeme Kombat

Meme-Kombat

Meme Kombatは、ゲーム好きとミーム好きを対象としたプラットフォームを開発しています。

ゲームとステーキングといったユニークな機能を導入し、報酬を得るための複数の手段を提供しているため、熱狂的なゲーマーにとっては特に魅力的となるでしょう。「Meme Kombat」という名称からもわかるように、このプラットフォームはミームキャラクターに重点を置いています。

シーズン1では、数多くの中から11種類のミームキャラクターが選ばれました。今後予定されている新しいシーズンでは、新機能の導入やより多くの収益獲得の機会が用意されており、ユーザーへ長期的な報酬を付与しながら、継続的な参入を促しています。

Meme Kombatは、すでに580万ドル以上の資金を調達しており、プレセール開始から勢いが加速しています。

MKトークンの現在の価格は0.268ドルで、ETH(Ethereum、イーサリアム)もしくはUSDT(Tether、テザー)を使用して購入することができます。このプロジェクトは、仮想通貨とゲームのコミュニティへ革新的なコンセプトを導入しています。

プレセール期間中、投資家はゲーム機能の開始を待たなくても、購入後すぐにMKトークンをMeme Kombatアリーナでステーキングすることができ、現在161%という高いAPY(年間利回り)を得られるチャンスがあります。

MKトークンの総供給量の50%がプレセールへ割り当てられ、30%はステーキングとバトル報酬に充てられています。さらに、DEX(分散型取引所)の流動性とコミュニティへの報酬として、それぞれ10%が確保されています。このような配分は、コミュニティが大きな報酬を得られるように配慮しているチームの取り組みを示しています。

シーズン1では、バトルやステーキングなど、様々な機能が導入されました。シーズン2は、2024年第2四半期に予定されており、新たなバトル形式や報酬などを提供することが計画されています。2024年で好成績を収めるために、チームは新しいゲームモードや戦略的なパートナーシップなど、更なるポテンシャルを積極的に模索しています。

Meme Kombatのプレセールを見てみる

急成長が見込まれているSponge V2

Sponge-V2

Sponge V2は、今年初めにローンチ(発売)され、大成功を収めたSpongeトークンの新しいバージョンの仮想通貨です。

バージョン1(V1)となるSponge V1では、100倍のリターンを得る投資家も現れ、トークンの購入に走る投資家が増加しましたが、同様の好成績を期待してSponge V2へ参入する投資家が増えています。

このトークンは、スポンジ・ボブをテーマにしており、現在の時価総額が1,000万ドルと比較的低めの規模となっている分、急成長する可能性を秘めています。

V1からV2への移行は、Stake-to-Bridge(ステーク・トゥ・ブリッジ)という制度で、自動的に行われるようになっており、保有者はSPONGEをステーキングすることで、Sponge V2トークンを獲得できる仕組みになっています。現在では、購入・ステーキングすると、特別にV2トークンボーナスを追加で受け取ることができます。

また、他の機能としてSponge P2E(Play-to-Earn、プレイ・トゥ・アーン)レースが導入される予定となっており、より多くのSPONGEを獲得できる機会が提供されます。

現在、ステーキングとブリッジ(移行)の総額は170万ドル強となっており、現在の価格は0.000548ドルと、V1のローンチ価格よりかなり高いです。

Sponge V2プロジェクトの詳細と、最新情報に関しては、X(旧Twitter)Telegramチャンネルをご覧ください。

Sponge V2のプレセールを見てみる

プレセールは順調に進行中

今回ご紹介したMeme KombatとSponge V2は、現在プレセールを行っており、順調に大きな資金を調達しています。

このプレセールに参加すれば、これらのトークンをより安い価格で購入することができます。

2024年にポートフォリオを見直している方は、ご自身でリサーチおよび検証を十分に行った上で、上記でご紹介したプロジェクトへの参入を検討してみてはいかがでしょうか。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bitget第1回KCGIトレーディング大会が暗号資産デリバティブ取引分野のトップイベントとして終了しました!

Bitget第1回KCGIトレーディング大会が暗号資産デリバティブ取引分野のトップイベントとして終了しました!

2024年の仮想通貨トレンド:日本のトレーダーが期待を寄せる3つの銘柄

2024年の仮想通貨トレンド:日本のトレーダーが期待を寄せる3つの銘柄

新たな仮想通貨の大躍進:ビットコインドックが先導

新たな仮想通貨の大躍進:ビットコインドックが先導

ビットヤードが豪州で「金融サービス業ライセンス」取得|グローバルコンプライアンス戦略の成果か

ビットヤードが豪州で「金融サービス業ライセンス」取得|グローバルコンプライアンス戦略の成果か

注目の新たな仮想通貨:ビットボットの成長が期待される理由

注目の新たな仮想通貨:ビットボットの成長が期待される理由

白熱する仮想通貨の未来:500万ドルを突破したミームネーターの成功を読み解く

白熱する仮想通貨の未来:500万ドルを突破したミームネーターの成功を読み解く

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説