半減期・2024年・2025年の「ビットコイン価格予想」著名アナリストPlanB氏

by BITTIMES

BTCは半減期後に532,000ドルになると予想

ビットコイン(BTC)の価格予想で知られる著名アナリストのPlanB氏は2024年1月11日に「BTC価格は半減期に5万5,000ドル(約810万円)、2024年に10万ドル(約1,470万円)、2025年に53万2,000ドル(約7,835万円)になる」との予想を語りました。

PlanB氏はXで190万人以上のフォロワーを持つ著名アナリストであり、S2F(Stock-to-Flow)と呼ばれる価格予想モデルなどを用いてビットコイン価格予想を行なっていることで知られています。

今回の予想は今月4日に公開されたYouTube動画の中で語られたものであり、動画の中ではビットコインの今後について以下のような予想が語られています。

私はビットコインは半減期に55,000ドル、2024年に100,000ドル、2025年に532,000ドルになると予想しています。

Stock-to-Flow(S2F)モデルに基づく予測

(画像:PlanB氏YouTube動画から)(画像:PlanB氏YouTube動画から)

Stock-to-Flow(S2F)モデルに基づくビットコイン価格予想では、BTC価格は半減期後に53万2,000ドルになると予測されている。

過去の事例をみると、ビットコイン価格は半減期時にS2Fモデルの予想価格に近づく傾向があり、現時点におけるモデル値は50,000ドル〜60,000ドルであるため、BTC価格は今後4ヶ月ほどで50,000ドル〜60,000ドルに向かって上昇する可能性がある。

しかし、BTC価格は半減期後すぐに急騰するわけではなく、実際にはゆっくりと上昇する傾向にあるため、半減期後は532,000ドルに向けてゆっくりと上昇することになると予想される。

市場サイクルモデルに基づく予測

(画像:PlanB氏YouTube動画から)(画像:PlanB氏YouTube動画から)

ビットコインの市場サイクルモデル(MCM)では、現在のビットコインが「蓄積フェーズ」にあることが示されている。BTCの市場サイクルモデルは予測チャートではなく「現在のBTCがどのフェーズにあるのか」を把握するためのモデルに近いものである。

このモデルに基づいて考えると、現在のBTCは投資家が買い集める「蓄積段階」にあるとみられ、次は「強気フェーズ」に突入すると予想される。

最初の頃の強気フェーズでは100倍の価格上昇が見られたが、その後は価格上昇の勢いが低下してきており、最近の強気相場では10倍ほどの価格上昇率となっている。

テクニカル分析 - 相対力指数(RSI)

(画像:PlanB氏YouTube動画から)(画像:PlanB氏YouTube動画から)

相対力指数(RSI)は、買われすぎ・売られすぎを判断するための指標であり、0~100の間で推移する(100%に近いほど買われ過ぎ、0%に近いほど売られ過ぎを示す)。

ビットコインのRSI指標は、2023年前半に50以下で推移していたが、2023年後半には65付近まで上昇した。

ビットコインの歴史上、RSI値が50を超えるとビットコインも上昇トレンドに突入する傾向があるため、RSIに基づいて考えてもビットコインでは今後緩やかな価格上昇が続く可能性があると考えられる。

しかし、このチャートからは「BTCがどこまで上昇するか」を判断することはできない。

テクニカル分析 - 200週移動平均線(200WMA)

(画像:PlanB氏YouTube動画から)(画像:PlanB氏YouTube動画から)

200週移動平均線(約4年)のチャートに基づいてみると、ビットコインの半減期イベントは通常、このラインの2倍または50%程度の価格上昇をもたらすことがわかる。

現在の200WMAは30,000ドル(約440万円)であるため、次の半減期ではS2FやRSIで示されたのと同じように45,000ドル〜60,000ドル(約663万円〜884万円)まで価格上昇する可能性があると予想される。

PlanB氏は今回の動画の中で、この他にも複数のチャートを用いてビットコインの価格予想を行っています。同氏が語った全ての内容は「こちらの動画」で確認することができます。

>>その他の価格予想はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

電線などの撮影で仮想通貨報酬「ピクトレ」提供へ|群馬県前橋市で実証実験【電力業界初】

電線などの撮影で仮想通貨報酬「ピクトレ」提供へ|群馬県前橋市で実証実験【電力業界初】

仮想通貨DEP発行のDEA社、カンボジアのサッカークラブ「アンコールタイガーFC」と提携

仮想通貨DEP発行のDEA社、カンボジアのサッカークラブ「アンコールタイガーFC」と提携

元IOHKの主力エンジニア、カルダノ関連開発企業「dcSpark」に入社

元IOHKの主力エンジニア、カルダノ関連開発企業「dcSpark」に入社

ビットコインキャッシュを「Eメールアドレス宛て」に簡単送金|Bitcoin.comが新サービス

ビットコインキャッシュを「Eメールアドレス宛て」に簡単送金|Bitcoin.comが新サービス

バイナンスジャパン「Binance Angel」の参加者募集開始|仕事内容やメリットは?

バイナンスジャパン「Binance Angel」の参加者募集開始|仕事内容やメリットは?

Bybit:入金&取引でUSDTボーナス「取引所乗り換えキャンペーン」開始

Bybit:入金&取引でUSDTボーナス「取引所乗り換えキャンペーン」開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

注目されるボンク、ドッグウィズハット、ミームネーター|2024年ミームコイン市場で王座を狙う

注目されるボンク、ドッグウィズハット、ミームネーター|2024年ミームコイン市場で王座を狙う

米国証券取引委員会(SEC)仮想通貨・サイバー部門の責任者が退任

米国証券取引委員会(SEC)仮想通貨・サイバー部門の責任者が退任

ミームネーターの登場:今年注目のミームコインと期待される理由

ミームネーターの登場:今年注目のミームコインと期待される理由

SBI VCトレード「APT・HBARのステーキング手数料無料キャンペーン」開催へ

SBI VCトレード「APT・HBARのステーキング手数料無料キャンペーン」開催へ

新しいミームコインWienerAIがプレセールで500万ドルを調達、急成長は期待できるか?

新しいミームコインWienerAIがプレセールで500万ドルを調達、急成長は期待できるか?

ミームコインで横ばいが続く中、Rebel Satoshiのプレセールが市場を席巻|DogwifhatとPEPEは調整相場に突入

ミームコインで横ばいが続く中、Rebel Satoshiのプレセールが市場を席巻|DogwifhatとPEPEは調整相場に突入

SHIB提携のD3社「ネームトークンのマーケットプレイスβ版」公開|売買・オファーが可能に

SHIB提携のD3社「ネームトークンのマーケットプレイスβ版」公開|売買・オファーが可能に

ビットコイン現物ETFのBTC保有額「サトシ・ナカモトの推定保有枚数」とほぼ同じに

ビットコイン現物ETFのBTC保有額「サトシ・ナカモトの推定保有枚数」とほぼ同じに

2024年のブルランに向けて、クジラが購入している低価格なアルトコイン

2024年のブルランに向けて、クジラが購入している低価格なアルトコイン

DMMビットコイン:不正流出したBTCの全額保証に向け「550億円の資金調達」を実施【続報あり】

DMMビットコイン:不正流出したBTCの全額保証に向け「550億円の資金調達」を実施【続報あり】

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・ETH・SHIB・SOL」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・ETH・SHIB・SOL」などの注目記事

Aleph Zeroが発表-1秒内で証明する初のEVM互換ZKプライバシーレイヤー

Aleph Zeroが発表-1秒内で証明する初のEVM互換ZKプライバシーレイヤー

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

人気のタグから探す