Trezor「顧客情報漏洩」について注意喚起|フィッシング詐欺などに要注意

by BITTIMES

2021年12月以降のサポート利用者は要注意

仮想通貨のハードウェアウォレットを展開しているTrezor(トレザー)は2024年1月21日に、Trezorが使用している第三者企業のサポートチケット発行ポータルが不正アクセスの被害を受けたことを発表し、ユーザーに注意喚起を行いました。

今回の不正アクセスは「2021年12月以降にTrezorのサポートセンターとやり取りを行ったユーザー」に影響を与える可能性があるとのことで、対象期間中には最大66,000件の連絡先情報がシステム上に存在していたと報告されています。

これによって、対象期間中にTrezorサポートとやり取りを行ったユーザーの「電子メールアドレス」と「名前/ニックネーム」が漏洩した可能性があるとのことで、現在は「漏洩した情報を用いたフィッシング攻撃についての注意喚起」が行われています。

🚨セキュリティ警告🚨

2024年1月17日に、当社が使用しているサードパーティのサポートチケット発行ポータルが不正アクセスの被害を受けました。

影響を受ける可能性のあるデータは「カスタマーサポートチームに連絡を行ったユーザーの電子メールアドレスと名前/ニックネームのみ」です。

今回の問題は、現在および将来にわたってお客様のデジタル資産に脅威を与えるものではありません。事件後のフィッシング行為急増は確認されていませんが、完全な透明性を確保するための取り組みとして「お客様のリカバリーシードを狙うフィッシング詐欺」について注意喚起することにしました。

知っておくべきこと:

  1. Trezorウォレットと資産の安全は確保されています。
  2. リカバリシードは絶対に誰にも共有しないでください。「Trezorの担当者がお客様にリカバリシードの共有を求めることは絶対にない」ということを覚えておいてください。
  3. フィッシング詐欺や不審なメールにご注意ください。
  4. Trezorデバイスで必ず指示を直接確認してください。

私たちはこのような状況から生じる懸念を理解しています。ご迷惑をおかけすることをお詫び申し上げます。

常に最新情報を入手してください。詳細はブログ記事をご覧ください。

対象者はフィッシング詐欺などに要注意

フィッシング詐欺とは、メールやSNSなどを利用して対象者を偽サイトなどに誘導し、ユーザーの資産や個人情報を盗み取ろうとする詐欺行為のことを指します。

Trezorは公式発表の中で「合計41人のユーザーが攻撃者から実際にメールで直接連絡を受けている」と報告しており、「攻撃者はユーザーに対してリカバリーシードなどの機密情報を共有するように要求した」と説明されています。

リカバリーシードとは、仮想通貨ウォレットを復元する際に使用する重要なもので、リカバリーシードが攻撃者の手にわたってしまった場合には、ウォレットを外部で復元され、資産を全て盗まれてしまう可能性があるため、絶対に他の人に教えてはいけません。

Trezorの公式ポストで説明されているように、リカバリーシードはTrezor公式からも共有が求められることはありませんので「リカバリーシードを教えてほしい」という内容の連絡が来た場合には、真っ先に詐欺の可能性を疑うべきです。

なお、今回の事件で漏洩した情報に「住所」や「電話番号」などは含まれていないとのことで、影響を受けたユーザーには「noreply@trezor.io」から警告メールが送信されているため、警告メールを受け取っていないユーザーの情報は危険にさらされていないとも説明されています。

>>詐欺関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨取引や決済の「消費税・所得税」免除する方針を発表:ポルトガル税務当局

仮想通貨取引や決済の「消費税・所得税」免除する方針を発表:ポルトガル税務当局

日本政府:新たな金融庁長官に「氷見野 良三氏」充てる方針|暗号資産への影響は?

日本政府:新たな金融庁長官に「氷見野 良三氏」充てる方針|暗号資産への影響は?

住宅ローンの支払いで「仮想通貨決済」受け入れへ:米United Wholesale Mortgage

住宅ローンの支払いで「仮想通貨決済」受け入れへ:米United Wholesale Mortgage

CME・Bakktの「ビットコインオプション」をサポート:マネックス子会社TradeStation

CME・Bakktの「ビットコインオプション」をサポート:マネックス子会社TradeStation

Bybit:新規上場銘柄を投票で決める「ByVotes」導入へ|仮想通貨がもらえるチャンスも

Bybit:新規上場銘柄を投票で決める「ByVotes」導入へ|仮想通貨がもらえるチャンスも

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

注目度の高い仮想通貨ニュース

チリーズ(Chiliz/CHZ)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

チリーズ(Chiliz/CHZ)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

XRP Ledger活用したスマートコントラクト展開が「スマホアプリ」で学べる?RippleとEasyAが提携

XRP Ledger活用したスマートコントラクト展開が「スマホアプリ」で学べる?RippleとEasyAが提携

Dogecoinが1ドルへ向けて上昇傾向、続くミームコインとして投資家はSponge V2に期待

Dogecoinが1ドルへ向けて上昇傾向、続くミームコインとして投資家はSponge V2に期待

盗まれた仮想通貨も回収可能?XRP Ledgerで実装予定の「クローバック機能」とは

盗まれた仮想通貨も回収可能?XRP Ledgerで実装予定の「クローバック機能」とは

Ripple共同創設者:ハッキングで「2億1300万XRP」の盗難被害

Ripple共同創設者:ハッキングで「2億1300万XRP」の盗難被害

取引所における「全通貨ペアの取引手数料」が無料に|ビットトレードがキャンペーン開始

取引所における「全通貨ペアの取引手数料」が無料に|ビットトレードがキャンペーン開始

カルダノ(ADA)強気相場に向けた回復の兆し?著名アナリストの価格予想

カルダノ(ADA)強気相場に向けた回復の兆し?著名アナリストの価格予想

米SEC「BlackRockの現物イーサリアムETF」承認判断を延期

米SEC「BlackRockの現物イーサリアムETF」承認判断を延期

Victoria VR「Apple Vision Pro対応のWeb3メタバース」公開へ|トークン価格は2倍に上昇

Victoria VR「Apple Vision Pro対応のWeb3メタバース」公開へ|トークン価格は2倍に上昇

Bitcoinは6万ドル突破となるか、Bitcoin Minetrixがプレセールで1100万ドルに到達しBTSと競う

Bitcoinは6万ドル突破となるか、Bitcoin Minetrixがプレセールで1100万ドルに到達しBTSと競う

ビットコイン「円建て過去最高値更新&時価総額1兆ドル突破」現物ETFも好調

ビットコイン「円建て過去最高値更新&時価総額1兆ドル突破」現物ETFも好調

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・ADAの価格予想、ELFのIEO開始」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・ADAの価格予想、ELFのIEO開始」など

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す