柴犬(SHIB)の新NFT「Sheboshis」待望のお披露目|販売分は即完売

by BITTIMES

Sheboshisのデジタルアートが確認可能に

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)の新たなNFTコレクション「Sheboshis」は2024年2月24日に、Sheboshisのデジタルアートの中身が確認できるようになったことを発表しました。

Sheboshisは、SHIBプロジェクトで新たに発行された20,000個限定のNFTコレクションであり、今月21日にはShiboshis保有者を対象とした無料配布が開始されていました。

無料配布時点では自分が獲得したSheboshisのデザインを確認することができませんでしたが、今回は正式に各NFTのデジタルアートが公開されたため、現在はX上などで多数のSheboshis保有者が「自分が獲得したSheboshisのアート作品」を投稿しています。

あなた$SHEBが公開されました。OpenSeaをチェックして、メタデータを更新してください🎀

コメント欄にあなたの$SHEBを投稿して、あなたの$SHEBを見せてください👇🏼

現在はOpenSea(オープンシー)でSheboshisの詳細情報が掲載されているため、Sheboshisの専用ページにアクセスすれば、「各NFTのデザイン・特徴・販売価格・所有者」などを確認することができます。

(画像:OpenSea)(画像:OpenSea

残り分NFTはわずか5分以内に完売

Sheboshisは「Shiboshi保有者に無料配布して、請求されたなかった分は$LEASH保有者に優先販売する」という方法でローンチされましたが、今回の販売では残り分のNFTが販売開始から5分以内に全て完売したとも伝えられています。

現在はOpenSeaで既存のShiboshiの二次売買が開始されていますが、Shiboshiの最低販売価格は徐々に上昇していて、記事執筆時点では「0.218 ETH〜30 ETH(約97,000円〜約1,300万円)」の価格が付けられているため、今後も価値は高まっていく可能性があると予想されます。

なお、OpenSeaでNFTを出品する場合には自分でNFTの販売価格を設定することが可能で、出品者によって販売価格は大きく異なりますので、実際に購入する場合には平均出品価格をチェックすることも重要です。

OpenSeaは日本語にも対応していて「価格の安い順」「価格の高い順」で並び替えることも可能です。

日本語表示・並べ替えが可能(画像:OpenSea)日本語表示・並べ替えが可能(画像:OpenSea

Sheboshiの偽アカウントなどには要注意

今後は「Sheboshis」の取引が活発化してくることになると予想されますが、現在は「Sheboshisの偽アカウント」が多数作成されているため十分注意が必要です。

X(旧Twitter)では、複数のユーザーにメンションして「@thesheboshis」という"偽物のSheboshisアカウント"にアカウントに誘導しようとする行為も確認されていますので、そのような詐欺師や詐欺アカウントには騙されないようにしましょう。

Sheboshisの公式Xアカウントは「@sheboshis」です。公式XアカウントはSHIB関連の各種公式アカウントにもフォローされていますので、フォロワー情報なども確認しながら「偽アカウントではないか?」をしっかりと確認することが重要です。

Sheboshisの公式XアカウントSheboshisの公式Xアカウント

>>SHIB関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Chiliz:フランスの強豪eスポーツチーム「Team Vitality」と提携|$VITトークン発行へ

Chiliz:フランスの強豪eスポーツチーム「Team Vitality」と提携|$VITトークン発行へ

2020年代は「イーサリアム価格上昇」が続く?BTCとETHの興味深い共通点

2020年代は「イーサリアム価格上昇」が続く?BTCとETHの興味深い共通点

Aptos提携の格安Web3スマホ「JamboPhone」とは?特徴・機能・販売価格など

Aptos提携の格安Web3スマホ「JamboPhone」とは?特徴・機能・販売価格など

新型コロナウイルスで「デジタル通貨」導入が進む?フィリピン大手銀行CEOが予想

新型コロナウイルスで「デジタル通貨」導入が進む?フィリピン大手銀行CEOが予想

iOS・macOSに「非常に深刻な脆弱性」仮想通貨の安全性を損なう可能性も

iOS・macOSに「非常に深刻な脆弱性」仮想通貨の安全性を損なう可能性も

Netflix番組内に「仮想通貨4銘柄」が登場|アイオータ(MIOTA)コミュニティで話題に

Netflix番組内に「仮想通貨4銘柄」が登場|アイオータ(MIOTA)コミュニティで話題に

注目度の高い仮想通貨ニュース

Shibariumの新ミームコイン「DAMN」6倍以上の価格高騰を記録

Shibariumの新ミームコイン「DAMN」6倍以上の価格高騰を記録

ビットトレード:ソーラー(Solar/SXP)取扱いへ【国内初上場】

ビットトレード:ソーラー(Solar/SXP)取扱いへ【国内初上場】

今注目の仮想通貨エアドロップ?!99Bitcoinsが99,999ドルをプレゼント開始!

今注目の仮想通貨エアドロップ?!99Bitcoinsが99,999ドルをプレゼント開始!

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

日本の年金基金:運用資産の多様化に向け「ビットコイン・暗号資産」などの情報提供依頼

日本の年金基金:運用資産の多様化に向け「ビットコイン・暗号資産」などの情報提供依頼

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

コインブック:NIDT決済の買い物サイト「C.B.Shop」公開へ|オリジナルTシャツも販売

コインブック:NIDT決済の買い物サイト「C.B.Shop」公開へ|オリジナルTシャツも販売

Solana系の最新ミームコインDogWifCat、24時間で3,000%以上の価格高騰

Solana系の最新ミームコインDogWifCat、24時間で3,000%以上の価格高騰

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

【重要】OKCoinJapan「三菱UFJ銀行からの日本円入金」で一時的な制限措置

【重要】OKCoinJapan「三菱UFJ銀行からの日本円入金」で一時的な制限措置

スクエニ出資のDMTP「トークン上場計画」を発表|プレゼントキャンペーンも開催

スクエニ出資のDMTP「トークン上場計画」を発表|プレゼントキャンペーンも開催

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す