ドバイ警察がカルダノの技術活用|分散型自動弾道識別システム(D-ABIS)を発表

by BITTIMES

世界警察サミット2024でソリューション発表

カルダノ(Cardano/ADA)を運営するカルダノ財団が「世界警察サミット2024」で分散型自動弾道識別システム(D-ABIS)と呼ばれる新しいソリューションを発表したことが明らかになりました。

カルダノ財団は、2024年3月5日〜7日にかけてドバイで開催された「世界警察サミット2024」に参加していたとのことで、現在はカルダノ財団の公式LinkedInやSNS上などで今回のソリューション発表が報告されています。

分散型自動弾道識別システム(D-ABIS)の詳細は明らかにされていないものの、カルダノ財団の公式発表ではこのソリューションが「Scientific Analytical Tools(SAT)」と協力して開発したソリューションであることが説明されています。

犯罪捜査の機密データを安全に共有

複数の報告によると、ドバイ警察は「カルダノの技術を活用した試験的プロジェクト」を実施していたとのことで、このプロジェクトでは「犯罪捜査の機密データをインターポールなどの当局と安全に共有できること」が実証されたと報告されています。

以下の報告では、カルダノを活用した機密データ共有の例として「弾丸スキャンデータをCardanoブロックチェーン上で共有する」というケースが挙げられているため、分散型自動弾道識別システム(D-ABIS)ではデータ共有面でカルダノの技術が活用されているのだと考えられます。

カルダノ財団による実世界での大規模採用に関する最新情報!

世界で最も裕福な国の1つであるアラブ首長国連邦(UAE)は、犯罪捜査の安全を確保するためにカルダノを採用しています!

ドバイ警察は、ドバイで開催された世界警察サミットで「カルダノ基盤のパイロットプロジェクト」を発表しました。このプロジェクトは、犯罪捜査の機密データをインターポールなどの当局と安全に共有できることを実証しました。

例:高度なスキャナーによるコンクリート内の弾丸のスキャンは、カルダノブロックチェーン上の国際的な関係者間で共有される。

ブロックチェーンはデータが改ざんされていないことを保証でき、様々な関係者はデータを追跡できるようになります。

これはブロックチェーンやカルダノの理想的な使用例の1つです。分散型ネットワークでデータを安全に共有・管理できるようにすることは、エネルギー・防衛・IoTなど様々な業界でますます重要になってきています。

私たちのプロトコルが現実世界のアプリケーションでより多く加速的に展開されることを期待しています。

カルダノ(ADA)の技術活用は順調に拡大していて、昨年12月にはカルダノ財団がブラジルの国営エネルギー会社である「Petrobras」と提携したことも報告されています。

また、最近では100以上のステークプールに分散委任できる「ステーキングバスケット」と呼ばれる新サービスのテストも開始されているため、今後の新たな発表にも注目です。

>>カルダノ関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン売り圧力増加の懸念材料?米政府が「シルクロード関連のBTC売却」開始

ビットコイン売り圧力増加の懸念材料?米政府が「シルクロード関連のBTC売却」開始

Charles Hoskinson:人工知能(AI)を用いた未来予測プロジェクト「Endor」に参加

Charles Hoskinson:人工知能(AI)を用いた未来予測プロジェクト「Endor」に参加

XRP保有者に対するSparkトークン配布「2021年第2四半期後半」を予定:Flare Networks

XRP保有者に対するSparkトークン配布「2021年第2四半期後半」を予定:Flare Networks

インドネシアで仮想通貨決済すると懲役・罰金刑?バリ島知事が観光客に警告

インドネシアで仮想通貨決済すると懲役・罰金刑?バリ島知事が観光客に警告

Project Twelve:人気のM2Eアプリ「STEPN」と提携|持続可能なWeb3.0エコシステム構築へ

Project Twelve:人気のM2Eアプリ「STEPN」と提携|持続可能なWeb3.0エコシステム構築へ

森林の保全状況にブロックチェーンを活用|重要データを管理して環境保護へ

森林の保全状況にブロックチェーンを活用|重要データを管理して環境保護へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

Shib:The Metaverseのコンテンツ制作映像公開「シバイヌ関連の注目ニュース」も続々

Shib:The Metaverseのコンテンツ制作映像公開「シバイヌ関連の注目ニュース」も続々

Shibariumの新ミームコイン「DAMN」6倍以上の価格高騰を記録

Shibariumの新ミームコイン「DAMN」6倍以上の価格高騰を記録

Solana系で注目のミームコインSLOTH、エアドロップ型プレセールで1000万ドルを突破

Solana系で注目のミームコインSLOTH、エアドロップ型プレセールで1000万ドルを突破

次のトップ・ミームコインと噂されるDogecoin20、プレセールで早くも200万ドルを突破

次のトップ・ミームコインと噂されるDogecoin20、プレセールで早くも200万ドルを突破

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

カルダノ(ADA)GitHubの開発活動ランキングで「圧倒的1位」を記録

カルダノ(ADA)GitHubの開発活動ランキングで「圧倒的1位」を記録

「SHIBは買い」ビットコイン初期投資家ダヴィンチ・ジェレミー氏が支持

「SHIBは買い」ビットコイン初期投資家ダヴィンチ・ジェレミー氏が支持

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

BCG大手MOBOX:3月29日「$MDBLのフェア・ローンチ」開始予定!

BCG大手MOBOX:3月29日「$MDBLのフェア・ローンチ」開始予定!

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す