Opening Line:静岡県主催の人材育成プログラムで「NFT修了証の発行」をサポート【自治体初】

by BITTIMES

NFT修了証の発行をサポート

シンボル(Symbol/XYM)を活用したサービス開発でも知られる「Opening Line」は2024年3月12日に、静岡県主催で株式会社LTSが運営する「デジタル・イノベーション人材育成プログラム in静岡」の第2期で、NFT修了証の発行をサポートすることを発表しました。

自治体認定の修了証がNFT形式で発行されるのは全国初であるとのことで、これによって修了者の成果がデジタルの不変性を備えた形で証明されることになると説明されています。

デジタル・イノベーション人材育成プログラムとは

「デジタル・イノベーション人材育成プログラム in静岡 第2期」は、以下の三構成で7ヶ月間に渡って各分野の大学教授などや、Opening Lineを含む企業のICT専門家等の講義を受けられる講座で、「学生や大学等の教員・社会人・ICT企業・首都圏スタートアップ等との交流イベント」や「ICT専門家によるオープンセミナー、実践的な課題解決に繋がるワークショップ」も実施されたと説明されています。

  • 前期:ICTを活用したビジネス創造や変革の専門家による講義
  • 中期:各領域の知識を組み合わせ新たな価値を生み出す仕組みを実践的に学ぶワークショップ
  • 後期:社会課題解決の実行力を高めるトレーニング

NFT修了証とは?

NFT修了証は、この人材育成プログラムを修了した希望者に対して発行されるもので、NFT修了証には「プログラム名・修了者名・修了認定者名」などを記載されていて、スマホアプリ上で閲覧することができるようになっています。

ブロックチェーン技術を活用したNFT修了証の導入によって得られるメリットとしては以下の2点が挙げられています。

  • 改ざん困難
    一度ブロックチェーン上に記録されたNFT修了証は、その不変性により改ざんが極めて困難になるため、修了証が紙や通常のデジタル形式では遭遇しうる偽造リスクを排除できる。修了証をNFTとして発行することにより、修了者の成果と資格が半永久的に、かつ安全に保存され、主催者からの発行であることの信頼性が強化される。
  • 第三者にて検証可能
    NFT修了証は、ブロックチェーン上で誰もがアクセス可能な情報として保持されるため、修了証の所有者は、主催者に直接問い合わせることなく、第三者を通じて簡単に検証できる。例えば、雇用主や教育機関など、修了証の真正性を確認したい第三者は、ブロックチェーン上で直接、修了証の存在とその所有権を確認できる。この透明性と検証可能性は、修了者の資格の信頼性を高め、さらにはプログラムの信頼性向上にも寄与する。

今回発表されたNFT修了証は、2024年3月15日18:30からSHIP(SHizuoka Innovation Platform)で開催されるプログラム修了式で授与される予定で、今後は他のプログラムや研修などに横展開されることで、個人のスキルや経験を信頼性の高い方法で証明・可視化できるようになると説明されています。

>>Symbol関連の最新記事はこちら

Opening Line発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

モナコイン(monacoin)の高騰と今後「わずか10ヶ月で160倍に」

モナコイン(monacoin)の高騰と今後「わずか10ヶ月で160倍に」

Chiliz&Socios:モバイルゲーム開発で「Wave」と提携|ファントークン保有者向けに提供

Chiliz&Socios:モバイルゲーム開発で「Wave」と提携|ファントークン保有者向けに提供

Scalably株式会社:カルダノブロックチェーンのNFTイベント「CNFT Festival」に協賛

Scalably株式会社:カルダノブロックチェーンのNFTイベント「CNFT Festival」に協賛

Huawei(ファーウェイ)がブロックチェーンサービスを発表

Huawei(ファーウェイ)がブロックチェーンサービスを発表

仮想通貨を安全に保管・管理する方法|人気のハードウェアウォレット「Ladger」とは?

仮想通貨を安全に保管・管理する方法|人気のハードウェアウォレット「Ladger」とは?

ビットバンク:上場廃止が続く「OMG」の取扱方針を発表

ビットバンク:上場廃止が続く「OMG」の取扱方針を発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

エルサルバドル「毎日1ビットコイン購入戦略」を継続|法定通貨で買えなくなるまで

エルサルバドル「毎日1ビットコイン購入戦略」を継続|法定通貨で買えなくなるまで

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

今注目の仮想通貨エアドロップ?!99Bitcoinsが99,999ドルをプレゼント開始!

今注目の仮想通貨エアドロップ?!99Bitcoinsが99,999ドルをプレゼント開始!

エドワード・スノーデン氏「ビットコイン急落」を一蹴|BTCはすでに底打ち状態?

エドワード・スノーデン氏「ビットコイン急落」を一蹴|BTCはすでに底打ち状態?

シバイヌ(SHIB)「TOKEN2049 DUBAI」のゴールドスポンサーに|多数の著名人が参加

シバイヌ(SHIB)「TOKEN2049 DUBAI」のゴールドスポンサーに|多数の著名人が参加

Animoca Brands Japan「NFTローンチパッド」提供へ|販売希望プロジェクトも募集

Animoca Brands Japan「NFTローンチパッド」提供へ|販売希望プロジェクトも募集

ビットトレード:積立暗号資産で「DOGE・SHIB・ADAなど7銘柄」サポートへ

ビットトレード:積立暗号資産で「DOGE・SHIB・ADAなど7銘柄」サポートへ

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

STEPNとadidasが初提携、限定NFTスニーカーを発売

STEPNとadidasが初提携、限定NFTスニーカーを発売

環境に優しいブロックチェーン・プロジェクトeTukTuk、プレセールで300万ドル調達間近

環境に優しいブロックチェーン・プロジェクトeTukTuk、プレセールで300万ドル調達間近

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す