価格下落が続くビットコイン、著名アナリストが注目するサポートラインは?

by BITTIMES

5万ドル〜6万ドルに複数の重要なサポートライン

ビットコイン(BTC)の下落・低迷が続いていることを受けて、仮想通貨コミュニティでは「ビットコイン価格がどこまで下落するか」に注目が集まっていますが、著名アナリストのアリ・マルティネス氏は5万ドル〜6万ドル台に複数の重要なサポートラインがあると語っています。

アリ氏は2024年3月19日に、ビットコインの未使用トランザクションアウトプット(UTXO)がどの価格帯で作成されたかを示す実現価格分布(URPD)のデータに基づいて、ビットコインの重要なサポートラインとレジスタンスラインとして以下の価格帯を挙げています。

【ビットコインの重要なサポートライン】
6万1,100ドル(約925万円)
5万6,685ドル(約859万円)
5万1,530ドル(約780万円)

【ビットコインの重要なレジスタンスライン】
6万6,990ドル(約1,015万円)
7万2,880ドル(約1,104万円)

注目すべき重要なビットコインのサポートレベルは「61,000ドル、56,685ドル、51,530ドル」です。

一方、BTCの重要なレジスタンスポイントは「66,990ドル、72,880ドル」です。

ビットコイン価格下落時のDCA戦略

アリ・マルティネス氏は19日の投稿で、現在の下落相場でビットコインを購入する際の戦略についてもコメントしており、ドルコスト平均法(DCA)を用いた以下のような戦略を示しています。

DCA戦略

以下の各価格帯で0.5 BTCを購入する。
- 65,130ドル(約985万円) ✅
- 64,130ドル(約970万円) ✅
- 63,130ドル(約955万円)✅
- 62,130ドル(約940万円)

以下の各価格帯で0.65 BTCを購入する。
- 61,130ドル(約925万円)
- 60,130ドル(約910万円)
- 59,130ドル(約895万円)
- 58,130ドル(約880万円)

以下の各価格帯で0.8 BTCを購入する。
- 57,130ドル(約865万円)
- 56,130ドル(約850万円)
- 55,130ドル(約835万円)
- 54,130ドル(約820万円)

以下の各価格帯で0.95 BTCを購入する。
- 53,130ドル(約805万円)
- 52,130ドル(約789万円)
- 51,130ドル(約774万円)
- 50,130ドル(約758万円)

ドルコスト平均法(DCA)とは、投資金額を複数に分割して投資していく有名な手法であり、リスクを抑えながら投資できる方法として広く採用されています。

この手法は金持ち父さん貧乏父さんシリーズの著者として知られるロバート・キヨサキ氏も推奨しており、昨年10月のX投稿では『一般的な投資家でもドルコスト平均法でお金持ちになれる』とコメントされています。

>>価格予想に関する最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Zaif・フィスコ仮想通貨取引所「サービス統合」を完了

Zaif・フィスコ仮想通貨取引所「サービス統合」を完了

仮想通貨決済サービス「Binance Pay」アルファ版公開|小売店での支払いが可能に

仮想通貨決済サービス「Binance Pay」アルファ版公開|小売店での支払いが可能に

仮想通貨=犯罪?先入観に潜む危険性に警鐘を鳴らす元米国連邦検事

仮想通貨=犯罪?先入観に潜む危険性に警鐘を鳴らす元米国連邦検事

IOTA(MIOTA)公式ウォレット「Trinity(トリニティ)」公開【日本語対応】

IOTA(MIOTA)公式ウォレット「Trinity(トリニティ)」公開【日本語対応】

クリプタクト「dHealthTax」に新規対応|DHPの損益計算が簡単に

クリプタクト「dHealthTax」に新規対応|DHPの損益計算が簡単に

Tesla(テスラ)「ドージコイン決済」対応へ|イーロン・マスク氏のツイートでDOGE価格急騰

Tesla(テスラ)「ドージコイン決済」対応へ|イーロン・マスク氏のツイートでDOGE価格急騰

注目度の高い仮想通貨ニュース

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

ワールドコイン(WLD)独自のL2ブロックチェーン「World Chain」発表

ワールドコイン(WLD)独自のL2ブロックチェーン「World Chain」発表

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

日本初の預金型ステーブルコイン「トチカ」サービス開始:北國銀行

日本初の預金型ステーブルコイン「トチカ」サービス開始:北國銀行

稲垣組・もぐら組が誕生?コインチェック「新テレビCM」全国放映へ|記念キャンペーンも

稲垣組・もぐら組が誕生?コインチェック「新テレビCM」全国放映へ|記念キャンペーンも

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

Animoca Brands Japan「NFTローンチパッド」提供へ|販売希望プロジェクトも募集

Animoca Brands Japan「NFTローンチパッド」提供へ|販売希望プロジェクトも募集

Binance FZE:ドバイで仮想通貨サービスプロバイダー(VASP)のライセンス取得

Binance FZE:ドバイで仮想通貨サービスプロバイダー(VASP)のライセンス取得

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

FET・OCEAN・AGIXをASIトークンに集約「人工超知能アライアンス」設立へ

FET・OCEAN・AGIXをASIトークンに集約「人工超知能アライアンス」設立へ

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

スクエニ出資のDMTP「トークン上場計画」を発表|プレゼントキャンペーンも開催

スクエニ出資のDMTP「トークン上場計画」を発表|プレゼントキャンペーンも開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す