ビットコイン「半減期まで残り1ヶ月」過去データを比較するレポートも公開

by BITTIMES

2024年半減期までのカウントダウン開始

ビットコイン(BTC)で約4年に一度のタイミングで訪れる「半減期」までの残り日数が30日を切ったことが明らかになりました。

半減期とは、ビットコインのマイニングで得られる報酬額が半分になるタイミングのことであり、需要と供給のバランス変化で価格上昇に繋がる可能性があることから「仮想通貨業界の重要イベントの1つ」として注目されています。

ビットコインのブロック生成時間は変化するため、半減期の到来時間を正確に予測することはできないものの、第4回目となる2024年の半減期は4月中旬頃に訪れると予想されていて、半減期カウントダウンサイトでも「残り30日を切ったこと」が報告されています。

CoinMarketCapの半減期カウントダウン(画像:CoinMarketCap)CoinMarketCapの半減期カウントダウン(画像:CoinMarketCap

CoinGeckoの半減期カウントダウン(画像:CoinGecko)CoinGeckoの半減期カウントダウン(画像:CoinGecko

次の半減期はビットコインのブロック高が「#840,000」に到達する2024年4月20日頃に訪れる予定で、これによってマイニング報酬は現在の「6.25 BTC」から「3.125 BTC」に削減されることになっています。

半減期はその後も約4年間隔で続く予定で、2140年頃にはビットコインの発行上限である「2,100万BTC」が全て採掘され、BTCの新規発行が止まると予測されています。

米Coinbaseの半減期レポート

ビットコインの半減期については、米国の大手暗号資産取引所Coinbase(コインベース)からも機関投資家向けレポートが公開されており、「ビットコインの上昇傾向が半減期後まで続くと推測するのは簡単だが、BTC価格は半減期以外の要因にも影響を受けるため、投資家はそのような要因も考慮すべき」との考えが語られています。

過去3回の半減期の比較

Coinbaseのレポートでは「2012年11月、2016年7月、2020年5月」に訪れた過去3回の半減期で、価格上昇率やBTCの値動きに大きな違いがあったことが示されています。

最初の半減期では「半減期前の6ヶ月間で139%上昇した後、半減期後の6ヶ月間で923%急騰する」という動きがみられたと報告されています。

しかし、2回目の半減期では上昇率が大きく下がったとのことで「半減期前の6ヶ月間で46%上昇した後、半減期後の6ヶ月間で37%上昇する」という結果になったと伝えられています。

また、3回目の半減期では「半減期前の6ヶ月間で2%下落した後、半減期後の6ヶ月間で82%上昇する」という動きがみられたとのことです。

2012年・2016年・2020年のBTCチャート(画像:Coinbase)2012年・2016年・2020年のBTCチャート(画像:Coinbase)

半減期以外の価格上昇要因

2020年5月の半減期後の価格上昇要因としては「新型コロナウィルスに関連する異例の金融暖和政策と歴史的に強力な財政刺激策」が挙げられています。

また、最近のビットコイン価格上昇については「半減期に対する興奮よりも現物ビットコインETFに対する熱狂によって引き起こされた可能性が高い」と説明、「将来的にはビットコイン価格にも重大な影響を与える可能性が高いマクロ要因が多数存在する」ともコメントされています。

なお、Coinbaseは「ビットコインマイナーや破産手続きを進めているCelsius Network・Genesis Globalなどの企業の売り圧増加を警戒する必要がある」とも指摘しています。

より広い範囲で見たデータ比較

今回のレポートでは、ビットコインの価格サイクルをより広い範囲で見た場合の比較データも掲載されており、『ズームアウトしてより広範なビットコインサイクルの中で市場がどの位置にあるかを評価することも役立つ』と説明されています。

Coinbaseは「2009年の誕生以降にビットコインは4つの市場サイクルを完了した」と説明していて、「現在のサイクルはビットコインがサイクル安値から500%上昇した2018〜2022年の期間に最もよく似ている」と語っています。

底値を基準にした5つのBTCサイクル比較|現在のサイクルは黒線(画像:Coinbase)底値を基準にした5つのBTCサイクル比較|現在のサイクルは黒線(画像:Coinbase)

長期保有者のビットコイン保有量

Coinbaseは考慮すべきもう1つのデータとして「長期保有者が保有するビットコインの総供給量」を挙げています。

Glassnodeの定義では、長期保有者は「仮想通貨を最低でも155日間保有し続けている投資家」のことを指すとのことで、過去の歴史から判断すると、155日以上保有されている場合はその資産が売却される可能性が著しく低下すると説明されています。

現在の長期保有者のビットコイン保有量は歴史的な基準から見てかなり多いとのことですが、1月中旬に現物ビットコインETFの取引が開始された後はこの数量が減少傾向にあると報告されています。

長期保有者が保有するBTC総供給量の変化(画像:Coinbase)長期保有者が保有するBTC総供給量の変化(画像:Coinbase)

コインベースが公開したレポートは「こちらのページ」で確認することができます。

>>ビットコイン関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインがポンジ・スキームであろうとなかろうと、誰もが参加すべきである

ビットコインがポンジ・スキームであろうとなかろうと、誰もが参加すべきである

中国の仮想通貨投資家、政府の規制強化気にせず「強気姿勢」を維持

中国の仮想通貨投資家、政府の規制強化気にせず「強気姿勢」を維持

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

Zaif:大口取引専用の問合わせ窓口「クリプトOTCデスク」設置|仮想通貨3銘柄に対応

Zaif:大口取引専用の問合わせ窓口「クリプトOTCデスク」設置|仮想通貨3銘柄に対応

オアシス(Oasys/OAS)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

オアシス(Oasys/OAS)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

セルビア共和国「暗号資産の取引・発行・マイニング」を合法化|デジタル資産法を発効

セルビア共和国「暗号資産の取引・発行・マイニング」を合法化|デジタル資産法を発効

注目度の高い仮想通貨ニュース

Flare基盤の「AI生成NFT」を簡単発行|Atrivがスニークピーク映像公開

Flare基盤の「AI生成NFT」を簡単発行|Atrivがスニークピーク映像公開

MARSWAP「Shibarium初のDEXアグリゲーター」公開|マルチ&クロスチェーン対応も予定

MARSWAP「Shibarium初のDEXアグリゲーター」公開|マルチ&クロスチェーン対応も予定

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

ゲーマーの仮想通貨を盗むマルウェアに要注意|チート利用者が標的に?

ゲーマーの仮想通貨を盗むマルウェアに要注意|チート利用者が標的に?

Solana系で注目のミームコインSLOTH、エアドロップ型プレセールで1000万ドルを突破

Solana系で注目のミームコインSLOTH、エアドロップ型プレセールで1000万ドルを突破

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

Slash:Bybit Web3で「SVLトークンのIDO」開始|現物取引も提供予定

Slash:Bybit Web3で「SVLトークンのIDO」開始|現物取引も提供予定

SHIB提携のD3:BTC半減期記念で「半額クーポンコード」発行|新ドメインも提供予定

SHIB提携のD3:BTC半減期記念で「半額クーポンコード」発行|新ドメインも提供予定

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す