ワールドコイン(WLD)独自のL2ブロックチェーン「World Chain」発表

by BITTIMES   

2024年夏に「World Chain」をリリース

ワールドコイン(Worldcoin/WLD)は2024年4月17日に、イーサリアムを基盤とした独自のレイヤー2ブロックチェーンとなる「World Chain」をリリースする計画を発表しました。

World Chain(ワールドチェーン)は「人間のために設計された新しいブロックチェーン」として紹介されており、2024年夏にリリースする予定だと報告されています。

ワールドチェーンは、イーサリアムのレイヤー2ブロックチェーンとなっていますが、それと同時にOPメインネットのスーパーチェーンエコシステムの1つにもなるとされています。

エコシステム拡大に伴い「専用チェーン」を展開

Worldcoinの報告によると、現時点ではワールドコインのユーザー取引の約44%が「OPメインネット」で行われているとのことで、取引が急増している際には割合が80%を超える時もあるとされています。

ワールドコインでは既に160カ国で1,000万人以上が「World ID」と互換性のあるウォレットを作成して7,500万件の取引を実行、17日時点では5,010,617人が「Orb」を使用してWorld IDを認証しているとのことですが、このペースで拡大を続けるためには「効率・ユーザー体験・実用性」の面でブロックチェーン技術の大幅な飛躍が必要だと説明されています。

今回の独自チェーン立ち上げはこのような背景によるもので、『コミュニティの規模と成長率を考えると、今こそ専用ネットワークに移行する時である』とコメントされています。

World Chainは「容量を大幅に増やすこと」を重視して設計されているため、今後さらに多くの人々が参加し続けたとしても、より速く・安く・信頼性の高いトランザクションを楽しむことができるとのことで、World Chainの概要や特徴については以下のように報告されています。

World Chainの概要と特徴

Worldcoinのユーザー分布マップ(画像:Worldcoin)Worldcoinのユーザー分布マップ(画像:Worldcoin)

人間のための新しいブロックチェーン

World Chain(ワールドチェーン)は、人間のために設計された新しいブロックチェーンである。

このチェーンは誰でも利用することができるパーミッションレス・オープンソースのレイヤー2ブロックチェーンで、最終的にはコミュニティによって独立して管理されることを目的としている。

開発者は日常生活での実用性に焦点を当てたアプリを使用して、世界中の何百万人ものユーザーにリーチできるようになる。

Worldcoinプロトコルとの連携

World Chainは「World ID」の個人証明を活用するために、Worldcoinプロトコルと深く統合されることになる。

虹彩スキャンによる生体認証装置「Orb」で認証された人間は、ボットよりも優先的にブロックスペースを取得できる他、カジュアルな取引でガス代の手当を受けることも可能。

現在のブロックチェーン業界は「ボット」による問題に直面しており、ある推定ではトランザクションの80%が自動化されているとも報告されている。

ボットによる取引は「ネットワークの混雑」や「手数料高騰」などにも繋がっていて、ブロックチェーンがガス代削減・高速化を進めればそのような状況がさらに悪化する可能性があるが、ワールドチェーンは「World ID」を用いてこれに対処する。

World IDを用いたアドレス認証

World Chainのユーザーは「World ID」を使用してワールドチェーン上で自分のアドレスを認証することが可能。これはオプション機能であり、ゼロ知識証明によって匿名化されるため、安心して利用できる。

ユーザーのアドレスと個人情報とは完全に切り離された状態で管理される仕組みになっていて、青いチェックマークに似た検証が行われることになる。

World IDで自分のアドレスを「本物の人間のもの」として証明したユーザーは、優先ブロックスペースとガス代割り当ての恩恵を受けることができる。

ワールドチェーンでは誰でも取引を行うことができるが、検証済みユーザーはトランザクション処理が優先される。認証済みアドレスには一部で無料ガスも提供。手数料の支払いでは「ETH」に加えて「WLD」を使用することも可能。

日常生活での実用性に焦点を当てたエコシステム

ワールドチェーンは、開発者が世界中のオンチェーンユーザーにリーチできるプラットフォームとしても機能する。ローンチ初日から世界160カ国に住む1,000万人以上の人々がワールドチェーン上のアプリを使用できるようになる。

World Chainは、考えられる全てのブロックチェーンのユースケースをカバーしようとするのではなく、「日常生活での実用性」に焦点を当てた分散型金融(DeFi)・IDアプリのエコシステムになる。

これは「World ID」のシビル耐性によって独自に可能になるもので「ワールドコイン・ステーブルコイン・支払い・報酬・売買・融資・交換」などを中心に構築される。

>>ワールドコイン関連の最新記事はこちら

ワールドコイン発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

1%の資産割当がビットコイン価格を「120,000ドル」に=ARKレポート

1%の資産割当がビットコイン価格を「120,000ドル」に=ARKレポート

自民党「デジタル通貨発行」視野に独自対策|法律見直しの可能性も

自民党「デジタル通貨発行」視野に独自対策|法律見直しの可能性も

Libra協会に新たな決済企業「Checkout.com」が参加

Libra協会に新たな決済企業「Checkout.com」が参加

EV車やブロックチェーンで過疎地の「交通・エネルギー問題」解決:TIS×INDETAIL

EV車やブロックチェーンで過疎地の「交通・エネルギー問題」解決:TIS×INDETAIL

Morgan Stanley:韓国大手暗号資産取引所「Bithumb」買収に向けて交渉か=報道

Morgan Stanley:韓国大手暗号資産取引所「Bithumb」買収に向けて交渉か=報道

タイ政府:ブロックチェーン活用した「電子到着ビザ」開発へ

タイ政府:ブロックチェーン活用した「電子到着ビザ」開発へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

人工知能×ブロックチェーン「Animechain.ai」のライトペーパー公開|独自トークン・AIRAも発行予定

人工知能×ブロックチェーン「Animechain.ai」のライトペーパー公開|独自トークン・AIRAも発行予定

Only1「ソラナ版OnlyFans」構築へ|合計480万ドルの資金調達

Only1「ソラナ版OnlyFans」構築へ|合計480万ドルの資金調達

BRICSの仮想通貨発行で米ドルが暴落する?ロバート・キヨサキ氏が警告

BRICSの仮想通貨発行で米ドルが暴落する?ロバート・キヨサキ氏が警告

Trezor「イーサリアム(ETH)のステーキング機能」提供開始|少額からでも利用可能

Trezor「イーサリアム(ETH)のステーキング機能」提供開始|少額からでも利用可能

Shibariumのハードフォークについて詳しく説明「The Shib:Edition 23」公開

Shibariumのハードフォークについて詳しく説明「The Shib:Edition 23」公開

シバイヌの分散型取引所(DEX)ShibaSwap「Shibarium」に正式対応

シバイヌの分散型取引所(DEX)ShibaSwap「Shibarium」に正式対応

ビットコイン:円建て過去最高値「1110万円」を突破|イーサリアム現物ETF承認の噂が影響か

ビットコイン:円建て過去最高値「1110万円」を突破|イーサリアム現物ETF承認の噂が影響か

ワールドコイン(WLD)新SMPCシステムへの移行で「古い虹彩コード」を削除

ワールドコイン(WLD)新SMPCシステムへの移行で「古い虹彩コード」を削除

カルダノDEX「SundaeSwap v3」メインネットローンチ迫る|取引処理速度が10倍に

カルダノDEX「SundaeSwap v3」メインネットローンチ迫る|取引処理速度が10倍に

世界初VR・ARコイン5SCAPEが第一弾のゲームとなるケージ・コンクエストをローンチ!プレセールは600万ドル間近

世界初VR・ARコイン5SCAPEが第一弾のゲームとなるケージ・コンクエストをローンチ!プレセールは600万ドル間近

バイナンスジャパン「MASK・CYBER」取扱いへ|サイバーコネクトは国内初上場

バイナンスジャパン「MASK・CYBER」取扱いへ|サイバーコネクトは国内初上場

米検察:BINANCE創業者CZ氏に「懲役3年」を求刑

米検察:BINANCE創業者CZ氏に「懲役3年」を求刑

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す