ビットコイン半減期まで「残り24時間」世界中で関心増加・巨大広告の報告も

by BITTIMES

ビットコイン半減期までのカウントダウン

ビットコイン(BTC)で以前から注目されている半減期まで残り24時間となった。

半減期(Halving)とは、ビットコインのマイニングで得られる報酬額が半分になるタイミングのことであり、約4年に一度の周期で訪れるように設計されている。

現在マイニングで得られる報酬額は「1ブロックにつき6.25 BTC」となっているが、半減期後にはこの報酬額が「1ブロックにつき3.125 BTC」となる。

半減期到来によるマイニング報酬の減少は、ビットコインの新規発行枚数が減少することを意味するため、需要と供給のバランス変化で長期的な価格上昇にもつながる可能性があると期待されている。

CoinGeckoが公開している「ビットコイン半減期カウントダウン」では、次の半減期まで残り約24時間と報告されている(※正確にはブロック高:#840,000に到達するタイミング)。

ビットコイン半減期までのカウントダウン(画像:CoinGecko)ビットコイン半減期までのカウントダウン(画像:CoinGecko

Google検索における関心度は過去最高値に

ビットコインの半減期が迫っていることを受けて、世界中でも「ビットコイン半減期」に対する関心が高まっているようだ。

Google検索における検索数や関心度を調べることができるツールである「Google Trends」のデータによると、世界における「bitcoin halving」という検索キーワードの人気度は2004年以来の過去最高値に達している。

以下の画像はその人気度をグラフで示したもので、前回の半減期である2020年5月の数値が34だったのに対して、現在の数値が42に達していることが報告されている。

2004年1月〜2024年4月 Google検索における「bitcoin halving」の人気度推移(画像:Google Trends)2004年1月〜2024年4月 Google検索における「bitcoin halving」の人気度推移(画像:Google Trends

一部の国では「ビットコイン半減期」の広告も

ビットコイン半減期に対する関心が最も高いのはナイジェリアで、オランダ・スイス・キプロス・スロベニアなどがそれに続いている。

タイなどの国では、電車内や屋外巨大看板などで「ビットコインの半減期」を知られる広告なども掲載されていると報告されているため、現在の関心増加にはそのような宣伝も影響している可能性があると考えられる。

NEW:タイの地下鉄でビットコイン半減期の広告 🇹🇭

私たちはバンコクの高速道路でビットコイン半減期の広告が出るようなサイクルに入っている

これらのデータや傾向はビットコインの認知度や関心が世界中で確実に高まっていることを示しているため、今後の更なる普及や価格への影響などには期待が高まっている。

半減期が到来したからといってビットコイン価格が即座に急騰するわけではないが、多くの専門家たちは「現物ビットコインETFなどとの相乗効果によって、ビットコインは半減期後に再び上昇トレンドを再開する可能性がある」と予測している。

>>ビットコイン関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

スペイン銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)を「今後の優先研究課題」に盛り込み

スペイン銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)を「今後の優先研究課題」に盛り込み

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Braveブラウザ:翻訳機能を搭載した「バージョン1.43」リリース

Braveブラウザ:翻訳機能を搭載した「バージョン1.43」リリース

仮想通貨取引所KuCoin:事業拡大に向け「KuGroup」設立

仮想通貨取引所KuCoin:事業拡大に向け「KuGroup」設立

ブロックチェーンで医薬品を再配布|製薬会社とインフラ開発:物流大手「FedEx」

ブロックチェーンで医薬品を再配布|製薬会社とインフラ開発:物流大手「FedEx」

仮想通貨スプーフィング(なりすまし)|投資詐欺の恐ろしい手口とは

仮想通貨スプーフィング(なりすまし)|投資詐欺の恐ろしい手口とは

注目度の高い仮想通貨ニュース

エルサルバドル「ビットコイン保有量を開示する専用サイト」公開

エルサルバドル「ビットコイン保有量を開示する専用サイト」公開

コインチェック:ブリリアンクリプトトークン(BRIL)のIEO詳細を発表

コインチェック:ブリリアンクリプトトークン(BRIL)のIEO詳細を発表

新AIミームコインWienerAIが取引ボットAIコンパニオン機能を追加、プレセールは120万ドルへ

新AIミームコインWienerAIが取引ボットAIコンパニオン機能を追加、プレセールは120万ドルへ

Flare Network初の米ドルステーブルコイン「USDX」登場|保有者には利回りも

Flare Network初の米ドルステーブルコイン「USDX」登場|保有者には利回りも

仮想通貨企業の広告に「エミネム」登場|世界的セレブの起用に注目集まる

仮想通貨企業の広告に「エミネム」登場|世界的セレブの起用に注目集まる

ビットボットプレセールが320万ドルを調達|イーサリアムETF承認への可能性が影響?

ビットボットプレセールが320万ドルを調達|イーサリアムETF承認への可能性が影響?

香港証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」が正式上場

香港証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」が正式上場

コンビニ決済で「JPYC」が利用可能に?電算システムと業務提携

コンビニ決済で「JPYC」が利用可能に?電算システムと業務提携

人工知能×ブロックチェーン「Animechain.ai」のライトペーパー公開|独自トークン・AIRAも発行予定

人工知能×ブロックチェーン「Animechain.ai」のライトペーパー公開|独自トークン・AIRAも発行予定

NTTドコモ:Web3サービスをグローバル展開「新会社設立」を正式発表

NTTドコモ:Web3サービスをグローバル展開「新会社設立」を正式発表

仮想通貨ニュース週間まとめ「エアドロップ情報・アナリストの価格予想」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「エアドロップ情報・アナリストの価格予想」など

ワールドコイン(WLD)「PayPal・OpenAIとの提携」を検討=報道

ワールドコイン(WLD)「PayPal・OpenAIとの提携」を検討=報道

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す