イーサリアム共同創設者の仮想通貨管理方法「マルチシグ」で自己管理リスクに対処

by BITTIMES

自己資産の90%以上をマルチシグで管理

イーサリアム(ETH)の共同設立者であるヴィタリック・ブテリン氏は2024年5月1日に、ヴィタリック氏自身が自己資産の90%以上をマルチシグで管理していることを明らかにしました。

マルチシグとは、仮想通貨の送金・取引を行う際に「複数の署名」を必要とする仕組みのことであり、管理者を分散させることによって、1つの秘密鍵が漏洩した場合でも盗難を防止できる点などをメリットとしています。

今回の発言は、物理的なデバイスを組み合わせて仮想通貨を保管する「ハードウェアウォレット」に関する議論の中で語られたものです。

ヴィタリック氏は「ハードウェアウォレットを使用した場合は自分自身がリスクになる」という意見に賛同する形で「マルチシグを用いて自分自身のセキュリティを分散化すべき」と語って居ます。

【Peter | Reservoir】
反論:ハードウェアウォレットを使用する場合、最大のリスクは自分自身になります。以下のリスクに注意しましょう。

  • 隠したシードフレーズが誰かに見つかる
  • シードフレーズをどこに隠したが忘れてしまう
  • シードフレーズを銀行の貸金庫に預けた後、コロナ禍で急遽海外へ移住してしまう😬

【vitalik.eth】
これらが、私が個人資産の90%以上をマルチシグ(@safe)で管理している理由です🙂

M-of-N、いくつかの鍵は自分で保持し、残りは信頼できる他の人が保持する(復元の妨げにならない程度で)。他の人が誰であるかはお互いにも明かさない。

あなた自身のセキュリティを分散化しよう。

マルチシグにおける「M-of-N」とは?

ヴィタリック氏のコメントにある「M-of-N」は「N個の鍵のうち、M個以上の鍵が必要」という意味を指すもので、Mは「署名に必要な最低限の鍵数」、Nは「全体の鍵数」を示しています。

例えば「3-of-5」の場合は「全部で5個の異なる鍵が存在するが、3個以上の鍵があれば仮想通貨を送金できる」ということになります。

マルチシグ管理は、暗号資産取引所や財団などで巨額の重要資産を管理する際などにも使用されている仕組みで、仮想通貨を盗もうとした場合に最低でも2つ以上の秘密鍵を取得する必要があるため、盗難リスクなどを大幅に下げることができると期待されています。

この方法を採用すれば、自分が保管していた秘密鍵がなくなってしまった場合でも、他の鍵保有者に連絡して資産にアクセスできるため、自己管理に伴う各種リスクに対処できると考えられます。

マルチシグ管理は「本当に信頼できるメンバーを選ぶこと」が重要となるため、人によってはこの方法が適していない可能性もあると予想されますが、より安心できる管理方法を探している場合は"マルチシグの採用"を検討してみても良いかもしれません。

>>資産管理に関する注目記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

adidas:ブロックチェーンも扱うデジタル完結型ファッションスタジオ「The Fabricant」と提携

adidas:ブロックチェーンも扱うデジタル完結型ファッションスタジオ「The Fabricant」と提携

中米ホンジュラス「初の仮想通貨ATM」を導入|BTC・ETHに対応

中米ホンジュラス「初の仮想通貨ATM」を導入|BTC・ETHに対応

STEP APP:ローンチイベント「東京」で開催へ|豪華ゲストも参加

STEP APP:ローンチイベント「東京」で開催へ|豪華ゲストも参加

トレーダーの間で証拠金取引が人気を集めている理由とは?

トレーダーの間で証拠金取引が人気を集めている理由とは?

Moonstake「IOST(アイオーエスティー)」と提携|ステーキングにも対応へ

Moonstake「IOST(アイオーエスティー)」と提携|ステーキングにも対応へ

国内3行と「Japan Open Chain上のステーブルコイン発行」に向けた実証実験開始:G.U.Technologies

国内3行と「Japan Open Chain上のステーブルコイン発行」に向けた実証実験開始:G.U.Technologies

注目度の高い仮想通貨ニュース

キャプテン翼RIVALS「Oasys版のゲーム」リリース|GENESIS NFTで2つの特典機能も

キャプテン翼RIVALS「Oasys版のゲーム」リリース|GENESIS NFTで2つの特典機能も

BCG大手MOBOX、今月中にDragonverseNeo(ドラバネオ)をリリース予定!独自UGC、3Dゲームエンジンに加え、ゲーム専用BTC L3のMOSE Chain公表

BCG大手MOBOX、今月中にDragonverseNeo(ドラバネオ)をリリース予定!独自UGC、3Dゲームエンジンに加え、ゲーム専用BTC L3のMOSE Chain公表

東京都「デジタル証券の発行支援で補助金」対象事業者の募集開始

東京都「デジタル証券の発行支援で補助金」対象事業者の募集開始

Solana携帯チャプター2:MEW・MANEKIのエアドロップが「スマホ本体代」をカバー

Solana携帯チャプター2:MEW・MANEKIのエアドロップが「スマホ本体代」をカバー

ソラナDEXアグリゲーター「Jupiter」モバイルアプリ公開へ|Ultimate Walletを買収

ソラナDEXアグリゲーター「Jupiter」モバイルアプリ公開へ|Ultimate Walletを買収

イーロン・マスク氏率いる「Tesla」2024年第1四半期もビットコインを保持

イーロン・マスク氏率いる「Tesla」2024年第1四半期もビットコインを保持

ワールドコイン(WLD)新SMPCシステムへの移行で「古い虹彩コード」を削除

ワールドコイン(WLD)新SMPCシステムへの移行で「古い虹彩コード」を削除

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨でプリペイド決済「Slash Vプリカ SHOP」提供開始:Slash × ライフカード

仮想通貨でプリペイド決済「Slash Vプリカ SHOP」提供開始:Slash × ライフカード

Solana系ミームコインに売り圧力が強まる、SEALが代替品として浮上

Solana系ミームコインに売り圧力が強まる、SEALが代替品として浮上

ビットボットプレセールが320万ドルを調達|イーサリアムETF承認への可能性が影響?

ビットボットプレセールが320万ドルを調達|イーサリアムETF承認への可能性が影響?

ドナルド・トランプ氏は「アメリカ初の仮想通貨大統領」元CFTC委員長

ドナルド・トランプ氏は「アメリカ初の仮想通貨大統領」元CFTC委員長

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す